同時代に生きていて共に体感でき幸せ~!

あっという間のつかの間の人生に、一緒にいる仲間と、時に泣き、時に笑い、時に感動し、時に怒り、時に学んでみたいです~。

稲田大臣守護霊が主のもとを訪れた!

2017-05-03 19:40:32 | 霊言

 

【最新刊】「戦えない国」をどう守るのか

稲田朋美防衛大臣の守護霊霊言

発刊日2017/5/13  

http://amzn.asia/c4VXsN8

【衝撃の新事実!過去世は、あの海軍大将!?】

 

国民の命を守るためにいま、防衛大臣の本心を問う。

 予断を許さない朝鮮半島情勢に対し、無力な日本の防衛体制。

 中国の軍拡に対抗できない国防戦略。

◇稲田防衛大臣は慎重なのか? それとも?

◇「万全の態勢」という言葉の真意とは?

◇イージス艦四隻とPAC-3三十四機で守れるか?

◇在韓邦人をどのように救出するのか?

◇数十万人の難民が生じた場合にどう対処すべきか?

◇北朝鮮の実際の戦力と米軍の三段階攻撃とは?

◇覇権主義の中国と東アジア諸国の今後のパワーバランス

防衛大臣には、日本を守るために覚悟を決めて、この有事に臨んで頂きたい。

 

 

 

稲田防衛大臣の守護霊霊言

ハッピーサイエンスサイトより、抜粋編集

 

所要時間:約105分

 公開期間:2017/4/27~     

 場所:精舎, 支部, 拠点, 布教所, 海外

 ※抜粋版あり(約20分 2017/5/4~)

 

「存在感がない防衛大臣」の衝撃の素性。

 

◇北朝鮮ミサイル問題では、マスコミもノーマークの防衛大臣は、大東亜戦争のリベンジを狙う名将だった!?

・この度、稲田朋美防衛大臣の守護霊が主のもとを訪れ、霊言の収録を同意したことで、今回のインタビューが実現しました。

 大臣就任前には、「ポスト安倍」の呼び声も高かった稲田氏ですが、防衛相としての存在感はいま一つ。はたして、そのマスコミ的評価は正しいのか――。

 

◆日本の防衛体制は何が問題で、どうすべきか?

◆朝鮮半島有事の際に、3万8千人の在韓邦人はどうする?

◆憲法改正へと国論を変えるために、稲田防衛大臣が考えていることとは?

◆対中国に対して、必要なこととは?

◆「前回の人生のリベンジ」――この意味するところは?

◆トランプ大統領任期中に日本がやるべきこととは?

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【写真】屋代駅前の、こいの... | トップ | 広瀬すず守護霊から言ってきた! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

霊言」カテゴリの最新記事