同時代に生きていて共に体感でき幸せ~!

あっという間のつかの間の人生に、一緒にいる仲間と、時に泣き、時に笑い、時に感動し、時に怒り、時に学んでみたいです~。

広尾上空の宇宙人「黙示録は解かれ始めている」

2017-01-04 19:58:40 | 日記


広尾上空のUFO宇宙人:七つの封印は、順番に解かれつつあるのだということは、知っておいたほうがいい。広島・長崎辺りで第一の封印が、実は解かれた。
これから、だんだんにいろいろなものが出てくる。

宇宙人達はとても慎重で、自分たちの技術力や近未来の事とか、そもそも彼らが何者かを、なかなか明かしませんが、それでも今回、大事なことを教えてくれました。ということは、機危的状況が本当に差し迫っているということだと思います。
彼らは、私達の伝道活動があまりにものろいので、また、宇宙協定により勝手に介入できないものですから、じれったくて、地団駄踏みながらも、見守っているようですね~

ペーパードライバーならぬ、ペーパー会員のみなさま、
いつ立ち上がるんですか~、今でしょ!!


広尾上空のUFOを霊査する
公開期間:2016/12/27~ 場所:布教所, 拠点, 支部, 海外, 精舎
https://happy-science.jp/info/lecture/2016/22054/

宇宙時代の黙示録。人類に未曾有の危機を告げる!
◇ ついに「黙示録」の七つの封印が解かれる!? なぜ、今の時期に「宇宙の力」が臨んでいるのか。
・この度、25日開示の「大悟館上空のUFOを霊査する」に引き続き、広尾上空に現われたUFOの霊査が行われ、宇宙時代に向けて、私たちが迎えた「新たなステージ」の意義が明らかになりました。
※「大悟館上空のUFOを霊査する」とあわせての拝聴もおすすめです。

【Point】
◆惑星連合の力だけでは足りない!? いま、地球をめぐって起きつつある大きな危機について。
◆「黙示録」はウソではない。キリスト没後二千年(2030年頃)までに何が起きるのか。
◆地球の人口には、限界がある? いま、行われている最後の調整とは。
◆「真実を語るメディア」が足りない!ならば、私たちはいかに伝道、政治活動をすすめていけばよいのか。
◆私たち仏弟子の使命について。それは、主エル・カンターレの御在世中に人口の〇〇〇に、その事実を認めさせること。


【参考】
「ヨハネの黙示録」第六章 七つの封印
第一の封印
小羊(イエス)がその七つの封印の一つを解いた時、わたし(ヨハネ)が見ていると、四つの生き物の一つが、雷のような声で「きたれ」と呼ぶのを聞いた。
そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、弓を手に持っており、また冠を与えられて、勝利の上にもなお勝利を得ようとして出かけた。

第二の封印
小羊が第二の封印を解くと、今度は、赤い馬が出てきた。人々が互に殺し合うようになるために、地上から平和を奪い取ることを許され、大きな剣(つるぎ)を与えられた。

第三の封印
第三の封印を解いた時、第三の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。そこで見ていると、黒い馬が出てきた。乗っている者は、はかりを手に持っていた。

第四の封印
第四の封印が解かれると、青白い馬が出てきた。乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、剣、飢饉、死、そして地の獣らと人を殺す権威が与えられた。

第五の封印
小羊が第五の封印を解いた時、祭壇の下にいる殺された人々の霊魂が叫んだ。
「聖なる、まことなる主よ。いつまであなたは、さばくことをなさらず、また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」。
すると、彼らの一人一人に白い衣が与えられた。

第六の封印
小羊が第六の封印を解いた時、大地震が起り、太陽は毛織の荒布のように黒くなった。月は血の海となり、天の星は地に落ちた。天は巻物が巻かれるように消えていき、すべての山と島とはその場所から移されてしまった。

第七の封印
小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかりの静けさの後、神の御前に立っている七人の御使いに七つのラッパが与えられた。七人の天使によるラッパは次々と天変地異を引き起こした。
その後、七人の天使が神の怒りの満ちた七つの鉢を受け取ると、七つの鉢は地上にぶち撒かれ、多くの禍がもたらされた。

そして最後の審判が始まる。
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大川総裁まとめ2・宇宙戦争... | トップ | NHKを民営化しよう! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。