情熱現場監督の日記帳

現場で起こる様々な出来事をお届けします!

リフォーム小松 耐力壁

2016-10-14 19:27:30 | ブログ

こんにちは、小松店エンジニアの西藤です。

最近朝、外に出ると寒くて、車の暖房を掛けるのですが、日中になると暑くて冷房に変えています。

皆さんはどうですか?

体調を崩さないように、自己管理していきたいと思います。

 

今回は、古民家のリフォームで欠かせない工事をご紹介します。

古民家は今の住宅のような筋交いを設けたり、柱と桁を金物で固定したりすることはしません。

基本、竹小舞に土壁を塗ったものを、耐力壁としています。

リフォームにおいては、この写真にあるような荒壁パネルと言うものを張っています。

荒壁パネルとは、土、古紙、木などの安心素材をベースとした、耐力壁材です。

古い町家や古民家には、揺れに柔軟に対応した粘り強く耐える壁が必要なのです。

荒壁パネルは土壁の良さをそのままにして、パネル化することで、施工性の向上や品質の安定化を図った、現代版の土壁下地です。

木下地にビス止めしていくだけなので、スムーズに施工ができます。

古民家リフォームは細かな納まりが難しいところもありますが、工事中の様変わりが見ていて楽しいですね。

では。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リフォーム 七尾 台風養生 | トップ | リフォーム 小松 モスグリーン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。