三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

23回目と9回目の追悼集会に参加してください

2016年10月11日 | 集会
 1994年11月20日に李基允さんと裵相度さんを追悼する碑が除幕されてから22年になり、2008年3月9日に紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼するはじめての集会が開かれてから8年半あまりが過ぎました。
 李基允さんと裵相度さんを追悼する23回目の追悼集会と紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する9回目の追悼集会を開きます。
 みなさんの参加をお待ちしています。  
     三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者(李基允・裵相度)の追悼碑を建立する会
         http://www5a.biglobe.ne.jp/~kinomoto/
     紀州鉱山の真実を明らかにする会
         http://www.kisyukouzansinjitu.org/index.html
                                   
■李基允さんと裵相度さんを追悼する23回目のつどい
  と き:2016年11月26日(土曜日) 午後2時 開会
  ところ:李基允さんと裵相度さんの追悼碑の前(木本トンネル熊野市側入り口の高台)
         JR熊野市駅を出て左の尾鷲方面に進んで、徒歩10分ほどです

  追悼のつどいの後、「木本事件」の跡をたどりつつ、極楽寺に行きます。

■紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する9回目のつどい
  と き:2016年11月27日(日曜日) 午後1時 開会
  ところ:紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する碑の前
        熊野市紀和鉱山資料館(三重県熊野市紀和町板屋110)の筋向かい

  当日、午前10時から12時まで、旧紀州鉱山地域の「現地調査」をおこないます。
 
■「写真パネル展」
 追悼集会と合わせて、 「木本事件」、「紀州鉱山への朝鮮人強制連行」などに関する「写真パネル展」を開きます。ぜひ見にきてください!
 場所は、熊野市文化交流センター 多目的広場です。
       JR熊野市駅を出てすぐ右です(熊野市井戸町643-2 TEL 0597-89-3686)。    
 展示時間:11月26日:13時~17時  11月27日:9時~16時  
       
※追悼集会・写真パネル展とも参加費は無料です。

 
【宿泊のご案内】
 11月26日夜、紀州鉱山で亡くなった朝鮮人の追悼碑に近い朝鮮人の飯場があった湯の口に宿泊し、懇親会をひらきます。
 宿所は、熊野市紀和町にある「湯元山荘 湯ノ口温泉」です。
 宿泊を希望する方は連絡してください。
 宿泊費は、夕・朝食費をふくめ5000円ほどです(懇親会費は1500円ほどです)。
   問い合わせ、宿泊申し込みなどは、
    pada@syd.odn.ne.jp にメールするか、090-8860-9961(竹本昇)に電話してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「涠洲岛1938年沦为日本军事... | トップ | 「日军曾三次入侵涠洲岛 老... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL