三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

民衆の世界史概要 3、ナショナリズム・インターナショナリズム

2017年04月20日 | 個人史・地域史・世界史
■侵略の思想・解放の思想
 侵略戦争 ⇔ 反侵略戦争(解放戦争)
   西ヨーロッパのインターナショナリズム(国際主義)。
     共産党宣言:「すべてのラントのプロレタリア、団結せよ」。誤訳「万国の労働者……」。
            "Proletarier aller Länder vereinigt Euch!"
            "Workers of all lands, unite!"
            "Workers of the world, unite! "
            :「アメリカの発見、アフリカの回航は、勃興しつつあるブルジョアジーのた
             めに新しい活動分野をひらいた。東インドや中国の市場、アメリカへの植
             民、植民地との貿易、交換手段および一般に商品の増加は、商業に、航
             海に、工業に、空前の飛躍をもたらし、そのことによって、崩壊しつつあ
             った封建社会のなかの革命的な要素を急速に発展させた」。
            :「大工業は世界市場をつくりだした。これは、アメリカの発見によってすで
             に準備されていたのである。世界市場は、商業に、航海に、陸上交通に、
             はかりしれない発展をもたらし、その発展がまた、工業の拡大に作用した。
              そして、工業、商業、航海、鉄道の拡大に比例して、ブルジョアジーは発
             展し、その資本をふやし、中世からうけつがれたすべての階級を背後に
             おしやった」。
            :「労働者は祖国をもたない。彼らがもたないものを、それからとりあげるこ
             とはできない。プロレタリアートは、まずもって政治支配をかちとって、民
             族的階級にみずからをたかめ、自分自身を民族として組織しなければなら
             ないという点では、ブルジョアジーの意味とはまったくちがうとはいえ、プ
             ロレタリアート自身やはり民族的である」。
            :「プロレタリアはこの革命によって鉄鎖のほかに失うなにものもない。
             彼らの得るものは全世界である」。
   解放のインターナショナリズム
   ナショナリズム(民族主義、国家主義、国民主義、国粋主義、愛国主義、排外主義)。
   ジェノサイド・エスノサイド・住民虐殺。
   グローバリズム≒リージョナリズム。世界は一つ ⇔ 侵略イデオロギー

   1864年9月~1876年7月:第一インターナショナル(国際労働者協会〈International
              Workingmen's Association〉)。
   1871年3月~5月:パリ・コミューン。
   1889~1914年:第二インターナショナル。
   1919~1943年:第三インターナショナル(コミンテルン)。

■国家・国境・領域・植民地
   現在の国境:侵略の結果。
   世界近現代史:帝国主義諸国の他地域他国侵略史・反侵略民衆史。
   国境線はどのように決められてきたか。
        パレスティナに製造され、製造されつつある「壁」。
        ルクセンブルク大公国(2586平方キロ)。
        シンガポール共和国(719.2平方キロ)。

■国民国家・主権国家・国民帝国・民族国家
   19世紀末から国民国家による世界再分割→「国民国家」が世界的に拡大。
       1884年11月~1885年2月:ベルリン会議(アフリカ分割会議。イギリス、ドイツ、
           オーストリア=ハンガリー、ベルギー、デンマーク、スペイン、アメリカ合
           州国、フランス、イタリア、オランダ、ポルトガル、ロシア、スウェーデン、
           オスマン帝国)。
       1905~1908年:マジ・マジ戦争。
   他地域他国侵略による国民国家形成。
       国語・戸籍・徴兵。  国民統合。「民族」差別。人種差別。
       国民。領土・領域。象徴。国旗。国歌。宗教。
   20世紀はじめ:国家数60個あまり。 現在:国家数約200個。
   「ポストコロニアリズム」という虚偽。
   脱植民地化とは? 帝国主義国の脱植民地化。旧・現植民地「国」の脱植民地化。
   国民国家の解体!

■「単一民族国家」という暴力
   民族国家とはなにか。多民族国家・「単一民族国家」。
   民族形成。民族語。

■共同体、連合、合州国、連邦
   国際連合(1945年10月創立。2011年7月現在、193か国加盟。)。
   欧州連合(1993年11月創立。European Union)。
   独立国家共同体(1991年12月創立宣言。ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、ウズベキ
  スタン、タジキスタン、 キルギス、アゼルバイジャン、アルメニア、モルドバ、トルクメニス
  タン〈1994年に客員参加国へ移行〉、ウクライナ〈2014年3月に脱退宣言〉)。  
   合州国:メキシコ合州国( Estados Unidos Mexicanos。1824~)、アメリカ合州国(United
  States of America)、ヨーロッパ合州国(United States of Europe)。
   1861~1865年:南北戦争(American Civil War。アメリカ合州国対アメリカ連合国)。
   東南アジア諸国連合( Association of South‐East Asian Nations。1967年8月~)。
   東アジア共同体。
   「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国〈the United Kingdom of Great Britain
  and Northern Ireland〉。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド)」。
   連邦:ドイツ連邦共和国( Bundesrepublik Deutschland)、ナイジェリア連邦共和国
  ( Republic of Nigeria)、ブラジル連邦共和国( República Federativa do Brasil)、セントク
  リストファー・ネイビス連邦(Federation of Saint Christopher and Nevis Federation
  of Saint Kitts and Nevis)。
   NGO(non-governmental organizations。非政府組織)。

 16世紀から数世紀にわたって、アフリカ大陸から「アメリカ」に多くの民衆が奴隷として強制連行された。
 18世紀中期からアリューシャン・アラスカ地域に侵入したロシア人は、アレウト人を虐殺し、その大地を奪った。「アメリカ」各地の鉱山で、インディヘナが強制労働させられ、多くの人が生命を失わされた。
 西ヨーロッパ人とロシア人による侵略・虐殺の時代に続く、19世紀から20世紀前半までの国民国家の領土・植民地拡大の歴史は、他地域・他国侵略の歴史であった。
 アメリカ合州国の歴史は、先住の赤人民衆虐殺の歴史であった。北「アメリカ」に侵入したイギリス系ヨーロッパ人は、1776年に「13植民地(東部13州)」を「独立」させてアメリカ合州国を「建国」したあと、さらに西部のインディヘナの大地を奪って領土を拡大し、大陸の西海岸まで国境線を広げた。
 フランスは、1894年6月22日にアフリカのダホメ王国(現、ペナン共和国)を植民地とし、1896年8月6日に、マダガスカルを「併合」した(1898年に、マダガスカルの民衆は、フランス侵略者に対する新たな戦いを開始したが、1904年に敗北)。
 コンゴ虐殺、タスマニア虐殺、ヘレロ虐殺、マジマジ虐殺……。
 20世紀30年代から集団的にパレスティナに侵入しはじめたシオニストは、1948年にイスラエル国を「建国」し、ドイツ人などがおこなったユダヤ人虐殺の歴史を継承し、パレスチナやレバノン各地で民衆虐殺を続けている。

 日本政府・日本軍・日本民衆による地域住民虐殺現場:
   旅順、佳里・花蓮・埔里・枕頭山・「霧社」地域など台湾各地、江西・密陽・孟山・陝川・定州・南原・堤岩里など朝鮮各地、インノケンチェフスカヤ・イワノフカなどシベリア各地、間島、日本関東、平頂山など中国東北部各地、陽高などモンゴル各地、上海・南京など中国各地、海南島各地、マラヤ各地、シンガポール、フィリピン各地……。

■サウジアラビア王国( المملكة العربية السعودية‎。アル=マムラカ・アル=アラビーヤ・アッ=スウーディーヤ〈サウード家によるアラビアの王国〉。Kingdom of Saudi Arabia。1932年~)
     アブドゥルアズィーズ・イブン・サウード(1876~1953年)。
         1902~1932年:ナジュド国王。
         1926~1932年:ヒジャーズ国王。
         1932~1953年:サウジアラビア国王。
   1744~1818年:第一次サウード王国(ワッハーブ王国)。
   1811~1818年:オスマン・サウジ戦争(オスマン・ワッハーブ戦争)。
   1824~1891年:第二次サウード王国。
   1836~1921年:ジャバル・シャンマル王国 ( ハーイル首長国)。
   1902~1921年:ナジュド及びハッサ王国(Emirate of Nejd and Hasa。ナジュド及びハッサ
  首長国。リヤド首長国)。
   1916年5月:サイクス・ピコ協定(Sykes-Picot Agreement。イギリス、フランス、ロシア間
  のオスマン帝国領分割についての秘密協定)。
   1916年6月~1918年10月:「アラブ反乱」(Arab Revolt。 Al-Thawra al-`Arabīya)。
   1916~1932年:ヒジャーズ王国( Mamlakat al-Ḥiǧāz)。
           創始者フサイン・イブン・アリーはハーシム家の一族。メッカの太守(シャ
          リーフ)。1915年:フサイン=マクマホン協定。
   1921~1926年:ナジュド・スルタン国。
   1926~1932年:ナジュド及びヒジャーズ王国(ナジュド・スルタン国とヒジャーズ王国の連合
          王国)。
   1932年~  :サウジアラビア王国。

   1946年:トランスヨルダン王国独立→1949年:ヨルダン・ハーシム王国(Hashemite Kingdom
       of Jordan。日本外務省表記、2003年から「ヨルダン・ハシェミット王国」)。

■現在の植民地
 イギリス:ケイマン諸島、イギリス領バージン諸島(トルトラ島、ヴァージン・ゴルダ島、アネ
     ガダ島、ヨスト・ヴァン・ダイク島)、アンギラ島、バミューダ諸島、タークス・カイコス
     諸島(Turks and Caicos Islands)、ピトケアン諸島(Pitcairn Group of slands)、
     フォークランド(マルビナス)諸島、ジブラルタル、モントセラト島、セントヘレナ・アセ
     ンションおよびトリスタンダクーニャ(Saint Helena, Ascension and Tristan da Cunha)。
 フランス:ニューカレドニア(ヌーヴェルカレドニー。1853年にフランス領)、フランス領ポリネ
     シア(ソシエテ諸島〈タヒチ島など〉、マルキーズ諸島、トゥアモトゥ諸島、ガンビエ諸島、
     オーストラル諸島、ラパ島……)、グアドループ島(グランド・テール島、バス・テール
     島)、マリー・ガラント島、ラ・デジラード島、レ・サント諸島、サン・バルテルミー島、
     セント・マーチン島北部(サン・マルタン)。
 アメリカ合州国:東サモア(西サモアのイギリスからの独立は1962年)、グアム島、テニアン
     島、北マリアナ諸島(サイパン島、テニアン島、ロタ島……)、アメリカ合州国領バー
     ジン諸島(セント・トーマス島、セント・クロイ島、セント・ジョン島)、プエルトリコ。
 オランダ:シント・ユースタティウス島、サバ島、セント・マーチン島南部(シント・マールテン)。
 ニュージーランド:トケラウ (トケラウ諸島(英語: Tokelau Islands)のアタフ島、ヌクノノ島、ファ
     カオフォ島。1948年にニュージーランド領に。トケラウ諸島のスウェインズ島はアメリカ
     合州国領サモア)。

                                    佐藤正人
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「台湾少年工の歩み、本に ... | トップ | 「「ベトナムピエタ」像、済... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL