kissのひとりごと

~私のお店ができるまで~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2009-06-22 22:41:36 | ひとりごと
思い出したように舞い戻ってきた梅雨前線により

全国的に雨模様・・・

雨といえば思い出す、幼き日々のエピソードがある。

学校の発表会で、クラスの出し物が「ちびくろさんぼ」の劇
に決まったとき、サンボの使う「傘」を用意する、
というのが自分の担当だった。

主役のサンボ役が誰だったのかも、
劇の様子も全く覚えていないが、
この「傘」のことだけは鮮明に記憶に残っている。


主要な役になれるような目立つ生徒では決してなかった。

今思えば、傘なんて、わざわざ係りなんか決めなくても
すぐに用意できるものなんだろうが、
ベビーブーム世代の私達が小学生のころ、
一クラスの生徒数はかなりのもんで、
役に漏れた生徒への苦肉の策がこれだったのではないかと思う。


もちろん、純朴な子供にそんな知恵が回るわけもなく、
私にとっては、「主役の傘を用意する」ということが
何か重要な仕事を任されたようで、密かに誇らしかったのを覚えている。

そして、どういうわけか、私は何の疑いもなく
その傘を自分で「作ろう」と思った。
いや、というより、「自分はその傘を作ることを任されたんだ」
という思い込みが、じぶんちにある市販の傘を持っていこうという
選択肢を与えなかったに過ぎない。今思えば。

それからの数日、傘作りに没頭した。
市販の傘をまじまじと観察しては、家にある材料で
形にしていく。

そこに親の介入はなかったと思う。

中心棒はなんか硬い筒状のもので、
骨の部分は割り箸かなんか、
傘の部分は、お寿司とかを包む青い水玉の簡易風呂敷で
代用した。
市販の傘と同じように、ちゃんと開閉できる仕組みも作り、
我ながら大満足の傘に仕上がった。

恐らく、大人から見たらはちゃめちゃな傘が
出来上がっていたんでしょうが・・・



思えばこれが、私が「物作り」に没頭した最初だった。
用意されたものではなく、自分の頭をひねり、
知恵と工夫で搾り出したアイディア。
興奮で胸を高鳴らせ、時間を忘れてただひたすらに作業する。
そして、それが仕上がった時の達成感は、
いまだ自分の中に刻み込まれたままなのだ。

何もかも忘れて、ただ没頭できるもの・・・
没頭すればするほど、更なる世界が広がり、
終わりがない。
好きなこととは、こういうものなのだと
つくづく思う。

残念ながら、肝心な劇本番の記憶がないのは、
当人頑張りすぎにより、当日熱を出して
学校を休んだためなんですがね。



ジャンル:
ウェブログ
Comments (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨 | TOP | リトアニアリネンで作る夏の服 »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
kissどん (ちゃーき)
2009-06-23 09:24:53
落ちがkissさんらしくって、笑ったわ~!
物作りの原点か~素晴らしいね。
直感で自分の好きなことがわかるものなんだろうな~。
kissさんへ (well・balance)
2009-06-23 19:23:40
休んだんかい!!!
うけるわ~
行け行けgo!go!のkissさんが好きよん^^
その集中力と行動力は魅力です♪
で、次いつ痩身マッサーする!?
ちゃーきへ (kiss)
2009-06-23 19:53:16
そうそう。(笑)傘だけは無事に主役の手に渡ったと記憶していますが。なんか、その時の悔しさがフラッシュバックしたよ!
もともと何か作ることが好きなのか、はたまた
その時の傘作りがきっかけとなっているのか分からないけど、このことが今の私に繋がっていることは間違いないんだろうよ。
well.balanceさんへ (kiss)
2009-06-23 19:59:51
悲しいかな、計らずも、常に落ちが付きまとう
私・・・。それでもいくぜ、GO, GO, GO!!!
痩身マッサー、待ってました!!!
今週は予定が詰まってて、来週の水曜日以降どう?よろしくお願いします!!
Unknown (こなき@三十路プラス…)
2009-06-23 23:41:05
あたしのものづくりの原点は
多分 ホッチキスで作ったエプロンだったよ。
確か 小1。
黄色と朱色にレトロな小鳥の柄の布だったような、紐はカバンから勝手に抜き取ったやっすい白い細い紐で。
今 考えると kissさんと同じように 自分で試行錯誤品がらつくっとったわぁ
木で仏像も作ったよ!
こなき@さんへ (kiss)
2009-06-24 07:45:43
へぇ~!!そういう体験って、いつまでも覚えてるよね。昔は今ほど物が簡単に手に入る時代じゃなかったから、あるもので工夫して作るのが楽しくて、今考えればそれが心の豊かさにつなっがって行ったんだろうね。我が子を見ていると、「~がないから買って!」と簡単に言ってしまう。親のせいだね。
Unknown (みちゃこ)
2009-06-24 21:45:24
やっぱ物作りする人は違うね!アタシそんな思いでってないわ・・・。つか小学校の頃のことなんて、ひたすら遊んでチャリ乗り回してたことくらいしか・・・。
最近に至っては、kissが絶対言わないであろう『お金で解決❤』根性で、やたら買う・買う・買う!ちったー見習わなきゃね。今も息子のズボンのアジャスターがすっぽ抜け、捨てる寸前!
頑張って通してみせるわ!←めちゃ簡単ってか!
みちゃこへ (kiss)
2009-06-24 22:31:02
こら~!!ズボンのゴムが抜けたぐらいで捨てんな~!!みちゃこが捨てたら私が拾うわ
みちゃこは子供の頃、ゲームウォッチの神童と呼ばれていたじゃんか
頭の回転が早いんだろうね!
ひたすらチャリ乗り回してたなんて、もしやチャリも神童!?

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL