世界一周の記録

2006年8月から2008年9月まで2年1ヶ月の世界一周放浪の旅をしていました。その旅の記録です。

2006/11/18-20 フィレンツェ 花の都

2006年11月21日 20時29分28秒 | ヨーロッパ


混沌としているナポリから、上品で綺麗で洗練されたフィレンツェへやってきました。同じ国とは思えないほど雰囲気がガラッと変わりました。
着いた日の夜ふらっと町を散歩していたら突然現れた巨大なドゥオーモ(カテドラル)には度肝を抜かれました。

写真では判りにくいですが、クーポラ(ドーム部分)はびっくりするくらい大きいです。

近くで見ると装飾が物凄く綺麗でした。白を基調として緑と赤で模様が施されています。ヨーロッパ旅行で数え切れないほど教会を見てきましたが、美しさにこれほど衝撃を受けたのはこの旅行では初めてです。これを見るだけでもフィレンツェに来る価値はあるのではないでしょうか。

翌日はメディチ家礼拝堂とウフィツィ美術館へ。どちらも高い入場料を取られたのですが、写真撮影禁止だし、日本人団体ツアー客の連発による混雑もあり、それほど楽しくは無かったです。ただ、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」のヴィーナスはものすごく美しかったです。

フィレンツェでは、有料の美術館よりも、無料で見れる街並やポンテ・ヴェッキオや広場に飾られている彫刻たちを鑑賞するだけでも、もの凄く楽しいと思います。

さらに翌日、ドゥオーモの内部見学に行きました。内部も床の装飾や、クーポラの内側のフレスコ画など、すばらしかったです。

クーポラの上にも登りました。

宿泊した宿では、個性的な日本人の方々との出会いがありました。夫婦で長期の旅行をされている方。歌手を目指してニューヨークでトレーニングしているという方。世界一周中の方。刺激的な時間を過ごせました。

期待を膨らませて訪れたフィレンツェでは、期待以上に素晴らしい滞在となりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2006/11/16-18 イタリア(バ... | トップ | 2006/11/20-22 ボローニャ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひろ)
2006-11-23 12:48:48
フィレンツェってメディチ家の財産を基に優秀な芸術家が輩出された町でしたっけ。町自体が芸術そのものになっているようですね。屋根や壁の色調も統一感が有りますね。しかし、美術館の入場料が高いってのは、意外ですね。写真撮影禁止ってのも、昔から意味不明だけど、まぁしゃーないっすね。とにかく、期待以上の素晴らしい滞在だったということで、何よりです。
Unknown (しんいち)
2006-11-24 04:48:06
ひろさん
ありがとうございます。ほんとに町自体が芸術ですよ。今はヴェネツィアなのですが、ここもかなりすごいです。
Unknown (ひろ)
2006-11-26 11:20:29
追伸
昨晩の「世界ふしぎ発見」は、フィレンツェ特集でした。タイミング良すぎ。テレ朝の担当者がこのブログをこっそり見ているのかも。そのうち、取材依頼が来るかもよー。(笑)しかし、テレビで見て、改めてルネッサンス芸術のすごさに驚き&発見っすわ。(金と時間が有れば)行ってみたい、見てみたい、と思いました。
Unknown (しんいち)
2006-11-28 21:10:46
フィレンツェやヴェネツィア、ミラノはめちゃおすすめです!でも、特にフィレンツェは日本人の団体ツアー客で溢れかえってました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL