世界一周の記録

2006年8月から2008年9月まで2年1ヶ月の世界一周放浪の旅をしていました。その旅の記録です。

2006/12/19-2007/1/5 エジプト満喫

2007年01月06日 04時45分02秒 | アフリカ

明けましておめでとうございます!
昨年は大変お世話になりました。みなさまからのコメントやメールのおかげでブログを続けることができましたし、このブログを続けること自体が旅への活力にもなりました。
今年はアフリカや南米を旅する予定です。それはまさにこの旅のメインパートです。これまで以上に頑張っていきます。どうぞ今年もよろしくお願いします。

それにしても、久しぶりのブログ更新になってしまいました。原因は、カイロで風邪を引いてしまい、何をする気力も湧いてこなかったこと、ダハブ(シナイ半島にある紅海リゾート地)でスキューバダイビングのライセンス取得とシナイ山の登山という屋外アクティビティに熱中していたため、です。(今年は最低週一回の更新目指して頑張ります!)

前述したとおりカイロでは風邪を引いてしまいました。原因は明らかにカイロの常軌を逸した大気汚染です。4日間くらい宿からあまり出ずに様子を見ても、あまり治らなかったので、思い切ってシナイ半島にある紅海リゾートのダハブへ移動してしまったのですが、なんと移動中のバスの中で風邪が治りました。あのしつこかった風邪が。よほどカイロの空気が僕の健康を害していたのでしょう。エジプト人達はなぜあの空気の中で平気なのだろう・・・。ある日僕がマスクをして町を歩いていたら、かなりの数のエジプト人達が僕のマスクに注目し、そのうちのかなりの数の人が「それはなんだ?」みたいに訝しげに聞いてきました。「風邪だ」と答えると納得してくれますが。でも、そういえばエジプト人は誰もマスクなんかしてないですねえ。よっぽど珍しかったみたいです。

サファリホテルの前の通りのスーク。深夜2時でも果物屋が営業しています。

サファリホテルでの風邪療養中には、宿に置いてある「風の谷のナウシカ」漫画版を読みました。これにははまりました。映画とは全然違うストーリーでとても面白かったです。完全な悪のキャラクターは出てこず、人間が人間としてエゴを全うしたら世界は滅びに向かうというお話だったと思います。主人公のナウシカですらその滅びに加担しているという。(後日、スキューバダイビング中に見た、サンゴの周りを色んな姿の魚が悠々と泳いでいる世界は、腐海に見えて仕方なかったです。)エジプトのカイロという混沌の町で、風邪に苦しみながら見るには最適な漫画でした。心に突き刺さりました。

そして、カイロからバスで10時間近くかけてダハブへ行きました。途中パスポートチェックが7回くらいあってゆっくり寝れませんでしたが、空気汚染から解放されて、風邪がすっかり治りました。セブンヘブンというダイビングの日本人インストラクターがいて、しかも日本人の溜まり場になっている宿にチェックインしました。幸い僕の着いた次の日にダイビングライセンス取得したいという日本人男性が二人追加でやってきたので、3人で楽しくライセンス取得コースがスタートしました。一人は世界一周中の旅人Mくん、もう一人は大学生バックパッカーBくん。

1日目:DVD鑑賞会。レギュレーターとかパワーインフレーターとか中性浮力とかいろいろ言われてもぴんとこず。

ダハブではビーチエントリーでダイビングします。

2日目:ついに海へ。マスククリアという技を練習。これは、海中で水中マスクに水をわざといれて、これを鼻息で排出するという技です。僕はこれが下手くそで、毎回水を飲んでしまいます。水を飲んでしまうと喉や鼻に不快感を感じて正常な精神状態では無くなってしまいます。ダイビングをされたことがある人なら判ってもらえると思いますが、ダイビング中に精神が不安定になると、かなりつらいです。「早く海面に出たい!」という欲求が突き上げてきます。
しかも、この日の午後からの講習では直前に昼ごはんを食べ過ぎてしまい、胸が気持ち悪くなり、食べ物が食道を逆流してくるという異常事態に。マスククリア時に水を飲んだことと相まって、大パニックに。気分は「死ぬ!死ぬ!早く海面に上がりたい!ああ、息が、息が、苦しい~!!!」という感じです。しかし、S先生(日本人の若い女性の先生。明るくて良い人でした。)に異常事態のサインを出そうにも、先に行ってしまってこっちの異常事態には気づいてくれていません。この時は、半分死を覚悟しました。しかし、隣に一緒に講習を受けているMがいてくれて、「落ち着け」のジェスチャーをしてくれて、気分的に助かりました。ナイスバディ!(ええからだ、っていう意味ではないですよ)先生がようやく気づいて来てくれたので「浮上したい」とジェスチャーしても、「ダメだ。水底でじっとしろ。」と言われてしまいます。「なんで!?死ぬ!」と思いながらも、渋々おとなしく従いました。この時先生の持っているホワイトボードに「食べ過ぎて苦しい」と書いたのですが、なんか笑われてしまいました。こっちは死ぬほど怖いのに・・・。でも、水底でじっとしているとなんだか落ち着くことができました。やはり先生は偉大です。

3日目:サウスという国立公園でダイビングと水泳試験。何事も無く終了。

4日目:オープンウォーター最後の講習+アドバンスの1本目ナイトダイビング。無事オープンウォーターの筆記試験合格し、最初のライセンス取得!相変わらずマスククリアは苦手だけど。ここでバディのMが終了して、Bと二人でアドバンスコースへ。ナイトダイビングは、すごい寒かったけど、腐海の底という雰囲気が最高でした。

4日目からは先生の水中カメラをみんなで使って写真をとりまくりました。

マスククリアに苦戦する

5日目:アドバンス講習2本目、3本目。アドバンスからはマスククリアとか無しで、ただ潜るだけになるので楽チンになりました。でも、この日は天気が雨で砂嵐という楽園ダハブとは思えない悪天候。水の中は暖かいのですが、外に出たときの寒さが凄かった。。。

魚まみれで魚の絵を描く講習

6日目:アドバンス講習4本目、5本目。ダハブのダイビング名所ブルーホールとキャニオンへ。ブルーホールとは浅瀬からすぐの場所に100m近い深い穴が開いていて、海面から見るとそこだけが深い青色に見えているという場所です。ただ、この日は、相変わらずの寒さと連続ダイビングの疲れによりヘトヘトになってしまい、楽しむ余裕はあまりなかったです。残念。

キャニオン名物泡のカーテンの中で


ブルーホール近くにて。右側は珊瑚の壁、左側は底の見えない深い海。


ダイビングでは、心の平静を保つことがとても重要でした。何か心に動揺が起こると呼吸が苦しくなり、ダイビングを続けることが困難になりました。常に落ち着いた精神状態でいることが大事ということで、良い精神修養になったのかなと思います。もちろん、遊びとしてもとても楽しかったので、今後の旅の中で後2、3回は最低ダイビングをしたいと思います。せっかく高いお金を払ってライセンスを取ったことですしね。

ところで、ダイビング講習中にダハブでクリスマスを迎えました。宿でエジプト人達が太鼓と焚き火で即席クリスマスパーティーを実施してました。まったくクリスマスを感じさせないパーティーでしたが、まあ、これも、たまにはありでしょう。少なくとも日本にいる時のような一人で寂しくケンタッキーを齧りながらTVを見るクリスマスよりは、マシだと思われます。

ダイビング後はダイビング講習仲間達とシナイ山登山に行きました。シナイ山はかのモーゼが十戒を開いたと言う聖なる山です。夜中に出発して頂上で御来光を見るというプランです。頂上には約2時間ほどで到着しました。夜空は満天の星空で、いくつも流れ星が落ちていきます。
しかし、寒い!めちゃくちゃ寒いです。数日前に降った雪が全く解けずにサラサラ状態で残っているほど寒い。頂上には日の出時刻の2時間前くらいに着くのですが、この待ち時間が特に寒かった。頂上のお茶屋で休憩していると、店員が早く客を追い出して新規客を入れたいみたいで、「ここはホテルじゃない」と言われ追い出されそうになるので、何度もお茶を頼みギリギリまで粘りました。(このお茶屋の中も風はしのげるが、暖房設備などはないのでかなり寒い)しかし、お茶屋の店員がいい加減に切れてきて「出て行け!」と実力行使に出られる直前になったので、外へ出て行くと、ちょうど日の出前の空が明るみ始める瞬間でした。

頂上で日の出が見えやすい場所に陣取り、その時を待ちます。しかし、あまりの寒さとさっきのお茶屋で水分を取り過ぎたためにすさまじい尿意が・・・我慢、我慢。。。しかし、日の出までは後15分以上はかかりそう。もう限界だ・・・しかし、さっきのお茶屋の裏のトイレ(といってもただの物陰)までは人の行列が続いていてとても戻れない。。。ということで仕方なく聖なる山の頂上で御小水を放出させてもらいました。もちろん岩の陰で人に見られないようにですよ。。。

頂上で寒さに耐えながら日の出を待つ

夜明け前、赤く染まるシナイ山

そして、ついにご来光

そして、雪で滑る岩道でころんっころんっと滑ってこけながら下山しました。一緒に登った仲間たちと聖なる話ならぬ性なる話に花を咲かせて・・・

そら滑るわ、という雪まみれの下りの道。

このようにしてダハブでの日々は過ぎていきました。予想以上に寒くて期待していた楽園ムードっていうわけでは無かったのですが、充実して楽しくて忘れられない滞在になりました。また暖かい(または暑い)時に再訪したいです。ぜひとも。

今もしつこくエジプトにいます。今更ながらアフリカ南下に向けた準備中です。1月中旬くらいのスーダン行きの船のチケットが取れればいいな、と思っています。でも、それはエチオピア情勢(ソマリアとの関係悪化)を睨みながらということになりそうですが。。。

最後に。繰り返しになりますが、昨年は本当に皆様にお世話になりました。
旅の出発に当たって快く送り出してくださった日本にいる皆様、旅先で出会った素晴らしい旅仲間の皆様、海外において無償の親切で僕の旅を助けてくれた現地の皆様、本当にありがとうございました!

今年もよろしくお願いします!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2006/12/13-18 モロッコから... | トップ | 2007/1/6~1/13 まだエジプ... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
謹賀新年 (じゅんじゅん)
2007-01-06 13:04:24
日記読みました。しかし、すごいねー。スキューバライセンス取れてよかったねー。私も、7年前位に取ったけど、それから、海はほとんどもぐってません。オーストラリアに行った時に、使ったくらいで。しかし、海が綺麗でうらやましいです。スキューバ苦しい気持ちかなりわかる。私も、何度やっても苦しいって思うからねー。多分、向いてないかも。。。登山もすごいねー。富士山とどっちがきつい??とにかく、体だけには、気をつけて、旅して下さい。
あ、やっぱりね。 (akari)
2007-01-06 17:16:48
やはり、
あなた、
あそこに、
いるのね。
やっぱり・・・
なのね。

アタイ、
泡のカーテンも経験ナシ、
シナイ山も、しんどそうだから
シナイ!!
やったし・・・
なのに、1ヶ月ビザじゃ足りんかった。

あそこ、が、
わるいのよね。
さすが思考カイロも麻痺するカイロ。

なんでかな、なんでかな。

そんな心境、日本にいる人に伝えたいよネ。

スーダンうわさや期待を裏切らないしんどさ、
だ、そうです。
ときには諦め、も、肝心ですww
明けました (松本)
2007-01-06 23:04:33
ひさしぶりー
今みんなで鍋つついてんねん。
紅海でダイブかぁ。。。
旅満喫してるね。
スーダン情勢は悪いみたいやけど、リビアも普通に入国できるらしいしきにするな!
コンゴでは今エボラが発生してるらしいし、くれぐれも気をつけてくれ。
次回はアフリカ中央構造帯ではなぜにみんな足が速いのかとキリマンジャロからの中継で!
Unknown (しんいち)
2007-01-07 19:05:40
じゅんじゅん
ダイビングは苦しかった~。でも楽しかった~。シナイ山登山は富士登山に比べたら10倍楽チンやで。富士山はしんどかった・・・。でも、シナイ山の寒さは凄い。

akariちゃん
もエジプト満喫やね!詩的なコメントありがとう!
カイロサファリホテルの魔力はやっぱりすごいね。
スーダンやっぱりしんどいんかなあ?ドキドキやわ。

松本くん
おひさしぶりです!あけましておめでとうございます。鍋良いですね~。うらやましいですわ~。キリマンジャロ行けたら行きます!エボラ・・・怖い!
あけおめー! (masa)
2007-01-09 00:00:09
バディのマサだよー!
エジプト本当に楽しかったね!
そろそろ年始も終わりだけど、ゆっくり休んで、
アフリカ楽しんできてねー!

アフリカ日記楽しみにしてるねー!
あけおめ! (しんいち)
2007-01-09 14:20:42
マサへ
コメントありがとう!もうイスタンブールからソフィアに向かったところかな?
エジプトは本当に楽しいなあ。もうかれこれ1ヶ月近く滞在してるよ・・・。俺もマサのソフィア日記楽しみにしてるよー!
Unknown (mai)
2007-01-10 01:43:52
いいなー。
ダイビングって目的達成やね。
うちのクリスマスはもちろんおうちでケンタッキーでした。
今はもう現実すぎて旅での生活も気持ちも忘れそう。。。
大阪でまた会いたいねー。
ダイビングのこと聞きたいなー。
Unknown (しんいち)
2007-01-10 16:24:30
maiちゃん
あけましておめでとう!
そっかあ、帰国して仕事始めたらあっという間に現実世界なんやなあ。
俺もそのうち帰国して現実に復帰するんやなあ。そのときは大阪で旅の話をしよう!
Unknown (ひろ)
2007-01-12 22:53:55
新年のご挨拶が遅くなってすんまへん。明けましておめでとうございます。しかし、とにもかくにも、ブログがアップされていて、ホッとしました。何か良からぬことが起きたのでは(まあ、風邪をひくのも良からぬことですが)と心配しとりました。ダイビングのライセンス取得、おめでとうございます。恥ずかしながら、私もペーパーダイバーになって早10年くらいになりますが、一応ライセンスを持ってますんで、いつか機会が有れば、一緒にパニくりましょう。そう言えば、私も一度、ゲホゲホゲホゲホ・・・と大パニックになり、臨死体験をしたことが有りました。私の場合、Oリングの締め付けに緩みが有って、そこから海水が入り込んで来て・・・トレーナーがサブレギュレーターを無理矢理私の口に押し込んでくれて助かりまして、今日に至っとります。
Unknown (みはる)
2007-01-13 00:16:01
お久しぶりです。岸本さん、ロンドン行きのバスでご一緒させて頂いたこばみはるです。

カイロはそんなに空気が悪いんですか~参考になります。エジプトはいつか行きたい場所のひとつなので。

今日、ふと岸本さんのことを思い出して久しぶりにブログを読みました。いろいろ体験しているみたいですね~羨ましいっ。ちょっと、落ち込んでいたのですが、なんかパワーを貰った感じっす。

今年も、たくさんいろんな体験して下さいね。
頑張ってください。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 (しんいち)
2007-01-14 00:29:53
ひろさん
あけましておめでとうございます!
レギュレーターから海水が入ってくる・・・なんと恐ろしい・・・よく生還できましたね!もし自分がそんな目にあったらと思うと、めちゃくちゃ怖いです。
でも、どこかで一緒に潜れたらいいですね。

みはるさん
お久しぶりです。カイロは空気汚染と狂乱交通にさえ慣れてしまえば、物価は安いし、物は溢れているし、観光ポイントはたくさんあるし、とてもいいところですよ。おすすめです。エジプト全体もとっても面白いです。かなりおすすめですよ。
まだロンドンですよね。頑張ってください!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL