校正など。

2009-06-06 | 将棋
羽生名人、JOC合宿で「決断力」を指南(サンケイスポーツ)

やっぱり羽生さんってすごいです。岡崎朋美選手は国民的なスターだし、そんな人達を相手に講演って

その羽生名人と多数の翻訳で知られる柳瀬尚紀さんによる勝ち続ける力(新潮社)という本が発売になりました。
昨年の竜王戦に触れられている関係で本を頂戴したのですが、とても面白く、すぐに読みえました。羽生さんの言葉は相変わらず分かり易く「プロ棋士が将棋に詳しくない人を相手に説明する」というお題があったとしたら、模範解答のよう。是非ともご一読頂きたい一冊です。


順位戦の後は寝たのが午前4時過ぎで、今日はゆっくりしようと思っていたのですが、単行本の再校が届いて目が覚めました。初校と違って後が無いので、緊張感が違います。眠い目を凝らしてじっくりと見たところ、初校では誰も発見出来なかった図面の誤植を2つ発見しました。ふっ( ̄ー ̄)
(やはり初校はザル校正だった)
とは言っても、初校でほとんどの誤植はつぶしています。再校では一冊通しでかなりじっくりと見て、間違いが1つあるかないか、という地味な作業ですが、しっかりとやります。
あと、書いている時は気が付かなくても、本の形式になって読んでみると、表現のかぶりや、リズムの悪さが気になってくるんですね。最終校正なので、大きくはいじれませんが、少しでも改善しようと思います。


明日7日(日)の大和証券杯最強戦は久保棋王-谷川九段。
20時~公式サイトにて。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )