王将戦二次予選対谷川九段戦。

2007-09-15 | 対局

振り駒で先手番に。谷川九段の一手損角換わりに端の位を取って右玉に。右玉を指すのは初めてのことです。

              

銀は取られましたが馬と生角の差に加えて▲5四歩▲4四歩が大きく、▲4五桂から金銀が取り返せそうなので指せると見ていましたが△6一銀▲5一馬△5二銀とされて唖然。▲6二馬と戻ると△6一銀で元の局面に。打開するならば△5二銀に▲4一馬ですが、馬と生角の差が主張なので、それが消えてしまっては銀損だけが残ってしまいます。

以下、千日手に。模様が良さそうな将棋だったので、不本意でした。

              

指し直し局は角換わり腰掛銀の先後同型。

8月の佐藤(紳)六段戦で出した新手

              

その後ですが銀河戦決勝トーナメント2回戦の▲羽生三冠−△飯島五段戦で出現して△飯島五段の勝ち。しかし、この時に穴が見つかって「先手有望」と噂されていたところに王座戦一次予選▲横山四段−△長岡四段戦で出現し、その噂とは違う手順で▲横山四段が勝ちました。振り飛車党同士の一戦で角換わり同型になり、しかも発見されていなかった手が出たことには本当に驚きました。

つまり、図は先手に二通りの勝ちがありそう、ということです。かなりの時間を掛けて考えましたが、噂の手順でも後手がダメそうな上に横山四段の手でもダメそうなので、これは諦めることにしました。

なぜダメなのかを考えてみたところ△7四金が働かないのが大きいということに気が付きました。この金は▲7四歩で吊り上げられたもの。図の展開では、その効果が絶大です。ならば、この金を攻めに使うことが出来れば、▲7四歩を悪手にすることが可能ではないか、と考えました。後は具体的な手順を探すだけです。

              

そして発見したのが以下の手順。前は△8六歩と突いていましたが、先に△7六歩と突き▲同銀に△8六歩。そして▲同歩に△8八歩と叩いて▲同玉(▲同金は壁金になる)に△8六飛▲8七銀△8一飛。

              

図に至るまでにも変化はありそうですが、こうなれば△7四金が攻めに使える格好です。谷川先生にも「こうなるならば、△7六歩〜△8六歩は有力な手ですね」とほめられました。

              

優勢になったのですがここで間違えてしまいました。実戦は△8六歩(詰めろ)▲同歩△5九角▲8八玉△6八成銀▲8七金△7六金打と迫りましたが▲7七歩以下届かずに負け。図では単に△5九角として▲8八玉に△7七歩ならば勝っていた確率が高かったようです。

※という感想戦での結論でしたが、片上五段から「手順最後の△7七歩が詰めろではない」という指摘をもらいました。金二枚で詰まないとはうっかりしますね。

 

難産の末の新手がまずまずの成果を挙げたのは嬉しかったのですが、勝負に負けてしまっては喜びも半減です。王将リーグ入りはなりませんでした。

 

佐藤(紳)六段戦での新手は、いきなり最終盤ですが、今回のはそうではないので、真似し易いはず。どんな変化が登場するのか(潜んでいるのか)楽しみです。

 

竜王戦は木村八段が勝って1−1に。第3局は19日。挑戦者はどちらになるのでしょうか。

goo | コメント ( 10 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
 
 
最後の手順 (daichan)
2007-09-15 09:05:16
△77歩が詰めろでないという噂を耳にしました。驚きですが、意外と難しかったのですね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2007-09-15 09:29:21
敗戦にもかかわらず内容の濃い更新ですね。
てごたえがあったのだろうと推察します。

竜王戦も佳境ですね。調整頑張ってください。
 
 
 
おはようございます。 (あきら)
2007-09-15 09:38:59
daichanさん>そうなんですか!谷川先生が言わないから、てっきり詰めろなのかと思っていましたよ(笑)
ってことは▲4一角で負けなのかもですか。
 
 
 
頑張れ〜 ()
2007-09-15 11:18:27
頑張れ〜
 
 
 
気力充実 ()
2007-09-15 11:51:17
今日の棋譜解説は、素晴らしいのひと言です。棋士の方の思考プロセスが、ありありと理解できました。これは「将棋ペンクラブ大賞」ものです…と予言しておきましょう。
棋士の頭脳は、以前、羽生先生が登場した「プロフェッショナル 仕事の流儀」を始め、マスコミでも度々採り上げられますが、将棋ファンとして“もっと、こういう部分を掘り下げてくれたら面白いのに…”と、常々考えていたことの答えが、ここにあると思います。負けたのは残念ですが、竜王戦に向けての充実ぶり、期待させていただいていいですねhttp://blog.goo.ne.jp/img_emoji/hamster_2.gif
 
 
 
・・・ ()
2007-09-15 12:39:54
応援してた方が両方負けてしまった><

気を取り直して、竜王タイトル戦に全神経集中させて
頑張ってください!!
挑決、佐藤さんが先手なのでここで決まるかと思ったら
1−1になり分からなくなりましたね。
 
 
 
難しい… (こくりつさん)
2007-09-15 13:50:55
むむっ、佐藤(紳)六段戦での渡辺新手が、このような経緯を辿って、昨日、こんな結果になるとは…難しい!
▲羽生三冠−△飯島五段戦の棋譜は見て知っていたのですが…残念でした。そして、お疲れさまでした。
羽生三冠との番勝負はまたの機会に、ということで。
 
 
 
Unknown (daichan)
2007-09-15 15:26:21
感想戦を見ていた関六段から教えてもらいました。
「この二人の終盤じゃとても口を出せなかった」とのことでした(笑)
 
 
 
そうでしたか。 (あきら)
2007-09-15 16:02:24
観戦記者さんには連絡入れておきました。
僕はしょっちゅうですが、谷川先生が詰みに関して間違えて読んでいるのは珍しいですね。
 
 
 
Unknown (つやこ49)
2007-09-15 16:39:41
私の棋力(8級)では、毎回渡辺竜王の棋譜解説を理解することができませんw(一手先が闇です^^)
だけど、なぜかわからないけど、対局後のブログを見るのが一番楽しみなんですね^^
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。