30代。

2017-04-18 | 将棋
昨年度は27勝18敗のちょうど6割で2015年度も同じような成績でしたが、もう少し勝率をあげたいという気持ちはあります。取り組み方の考察という点では2013年にTV番組で対談させてもらった福永祐一騎手の話を参考にしています。福永騎手は2000年から2009年までは2005年の109勝を除けば80勝~100勝の間に推移して、その上には武豊騎手がいました。そんな状況を打破しようと騎乗フォームを動作解析の専門家に見てもらうという新しい試みを始めて2011年、2013年と1位になっています。(2015年もケガがなければ1位だったはず)
コーチを付ける前と後で仮に1年間、同じレースに乗ったらどれくらい違うか、と福永さんに聞いたら「30勝くらい」という答えでした。これは自分だったら年間10勝くらいに当たると思うんですが、それは大きな違いです。既に実績がある中で新しいことを始める決断をした心境、既にプロとして10年以上やっている30代前半からどう伸びしろを作っていくか、という話は大変参考になりました。もうすぐ33歳になるので、やり方を工夫して若い世代に対抗できるようにと考えています。

競馬関連では5月に栗東トレセン近くの草津市、7月は函館で、どちらも競馬を見た後に競馬関係者と地域の方々への指導対局を行う予定です。
(イベントではないので一般公募はありません)
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )