取材とか。

2017-05-14 | 将棋
一昨日は午後から将棋会館で取材。お茶を持ってきてくれた職員さんが部屋から出ようとしたところドアの取っ手が壊れて、中から出られなくなり、別の職員さんに電話をして外から開けてもらう、というハプニングがありました。建物が古いですからね。。。
取材はゾーンとも呼ばれる集中力について、だったんですがゾーンと聞くと「黒子のバスケ」を連想します。

名人戦はこれから第4局というところですが、個人的には6月の順位戦日程が決まりました。
今週は土曜日に電王戦があり、いよいよ棋士対ソフトの最終決戦ですか。自分がBONANZAと指したのは2007年ですが、10年でこうなるとは、その時は想像していませんでした。対戦後に対談させてもらった際に保木さんは「いつかは追い付き、追い越してしまう」と言っていました。何年掛かるかは人材とお金の掛け方次第だ、と。自分はそれを聞いてもピンと来なくて「自分が現役の間にどうか」とか思ってるんだから、なんとも間が抜けた見通しでした。
少し遅れた話題ですが先日のコンピューター選手権で絶対王者が負けたのは驚きました。来年以降もソフト全体のレーティングは上がり続けるんでしょうが、どこまで上があるんですかね。様々なソフトが公開されており、そもそもソフトを研究に使うのか、どのソフトを使うのか、と棋士の研究法も問われる時代になりました。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )