10月。

2017-10-01 | 将棋
さすがに全部は覚えてないんですけど、公式戦で詰みを逃して負けたことってあったのかな。詰まさなくても勝ちな局面で必至を選んだ詰み逃しはいっぱいあると思いますけど。ずーっと優勢から詰み逃しで着地失敗は落ち込みますが、そうではなかったのだけが救いでした。
10月は王将戦、順位戦、王将戦とやって竜王戦第1局(20日・21日)という日程。今年の竜王戦は開幕が少し遅い代わりに第1局から短期間でボボンと第3局まであります。(第2局10月28日・29日、第3局11月4日・5日)
今日は凱旋門賞がありますが、このレースを見ると永世竜王を懸けた2008年第1局のパリ対局でサンクルー競馬場に行ったのを思い出します。ベルサイユ宮殿から帰る一行を乗せたバスを途中で降りて競馬場に行ったんですが佐藤康光会長には「えっ、対局前日に競馬ですか」とあの目を見開いた表情で苦笑されました。当時の中継ブログに写真があったので載せます。
ベルサイユ宮殿(竜王戦中継)
競馬(竜王戦中継)

土曜日は今年最後の神宮。5位対6位の試合、中日はなぜかゲレーロも抹消で盛り上がりに欠ける中、高卒ドラ1ルーキー寺島の先発はラッキーでした。結果は4回5失点でビシエド、ゲレーロ、大島、平田が不在で飛、角、金、銀、がいないような中日打線に・・・とは思いましたが、まだ19歳ですから、これからですよね。
今年のヤクルトは勝ちと負けが倍で「せめて5割は」とファンとしては思いますが自分の最近の成績もヤクルトの事を言えませんね。つば九郎の筆談で「お前はどうなんだ」とか書かれそうです。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )