季節の野原で葉っぱの音を・・・。

心の畑も耕せる農家でありたい。

環境を整える

2017年06月22日 | 気持ちを語る

田植えやら、小麦の収穫やら、大豆の種まきやらが進みながら

季節も進んでいく梅雨の最中。

それと並行して、ここに暮らしてからあれこれと作り続けてきた中で、

初めて、壊しています。

解体しながら、どうやってそれを作ってきたのか、その時その時のことを思い出し

釘1本、土台ひとつ、材木の刻み後と無我夢中で進んできた月日が複雑に混ざり合います。

壊しながらも、新たな仕組みは動いており、お世話になっている方々に感謝につつ

その丁寧で地道な対応に頭の下がる思いを感じながら

人間社会のザラザラを突き付けられ、どうか平和な心を保てますようにとできる限りで奔走しつつ

来年の春の開花を目指してがんばっている種の応援もしている今年度。

作物が育つ条件として

「光・温度・水・土・肥料・有害物質の除去」の環境が整うこと。と教えてもらったのは20年前ですが

作物だけでなく、人が心身共に健やかに育つには

やはり、同じように、相手を想う明るさ・思いやりある暖かさ・うるおいながら流れるような人間関係・

食・そして・有害な人と距離を置くこと。

農業で培った心の在り方を、今年度は人に対して整える時期なのだと

様々なことに向き合いながら、覚悟をし、そして決断しています。

なので、今年はこれと言った花も咲かず、実にも行きつかないと、端からも見えるでしょうし

自分でも、「今は環境を整えているのだから、種を撒く時ではない。今ある根を、掘り起こし新鮮さな空気にさらし

余分な根を切り、それから新しい環境に植え直す。」と自覚しています。

悶々とする心で外に出れば、こうやってそっと傍に来てくれる命もあることだし

(ネコとアヒルの本心はどこにあるのかわかりませんが)

人間を含めたみなさんのおかげで、一喜一憂せずに準備をしながら来春に備える心境でいられます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そうゆう日。 | トップ | 嵐の昼に。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿