季節の野原で葉っぱの音を・・・。

心の畑も耕せる農家でありたい。

生きています。その3

2016年10月12日 | 自然の中で暮らすために

生まれてから10日経ちました。

昨日、幼稚園の年長さんたちが、春の田植えに続いて

秋の稲刈りに来てくれていて

口々に「かわいいね」と言いながら小さな手の中にそっと

この、暖かくて柔らかな命を包み込んで撫でていました。

いつかは、いただく命。私はあえて、かわいいと思う感情は持たないようにしています。

でも、まだまだこれから長い人生を送る子どもたちに

今はそれを伝える時ではありません。

命を食べるとこへ思いのある方が、子どもたちを連れて、

にわとりの命をいただきにもうすぐやってきます。

その時は、伝えるべきことを伝え、経験してもらい、心身の糧にしてもらえるよう

心して、向き合う気持ちでまいります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月開催! ヨガ×発酵=♡ の... | トップ | 閉じて、再び生きていきます。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。