わたなべ整形外科美人妻?と仲間の日々之好日 ★笑う門には健康来る         

●地域一番の患者さんに優しい医院をめざしています
●救急搬送(救急車)受け入れ
●無料送迎車有り
●院内で薬処方

美の競演

2017年02月09日 | 植物

 

今日の写真は我が家の居間に置いている花です。

 

シクラメンも胡蝶蘭も一昨年のもの。

そう、うちで再度、咲かせたのです!!!

 

(`・∀・´)エッヘン!!

 

と言っても

基本は、水やりのみ。

 

シクラメンは花が終わったら、いつも外に放置してます。

ネットで調べたら、翌年も咲かす為には

「戸外の風通しの良い直射日光の当たらない雨に濡れない場所に置き

水やりをしないで置いておき、葉が出て来たら、温かい部屋へ

入れて管理する」と書いてあったように思います。

 

で、私は花が終わったら

我が家の裏庭のローズマリーの木の下か

ホトトギスの繁っている草木の下に放置してます。

(鉢の球根は時々雨に濡れています・・・可哀想・・・)

 

買った時と同じぐらい綺麗に咲いてくれるのは

2鉢買えば、1鉢だけ・・・の確率(笑)です。

でも、りっぱに咲いてくれなくても、少し咲いてくれた

だけでも嬉しいので葉が数枚出て来た時に

家の中に連れてきます。(*^_^*)

 

水やりだけの安易な育て方なので、花の命は3年ぐらいが限度。

だから2年に一度ぐらいの割で鉢を買い足しています。

もっと熱心に育ててあげる事ができればいいのだけど、

性格が雑なんで・・・お花さん、ごめんなさいね。

 

シクラメンの前の白色の胡蝶蘭は一昨年にカフェを私が始めた時に

お祝いとして税理士さんからいただいたもの。

 

花が終わった後、胡蝶蘭の育て方をネットで見ました。

株分けをし、水ゴケを巻いて、数鉢に入れ、毎日お水やりだけを

していたら・・・

何と、今年も咲いた!!!のです。

 

胡蝶蘭を育てた?のは今回が初めて。

水だけで、元の花と同じぐらいのサイズの花が咲きましたっ!

 

以前、胡蝶蘭の栽培が、いかに大変かをTVで見た事があったので

我が家の私の世話だけで綺麗に咲いてくれたのでビックリ。

 

しかし、

やはりいい加減な育て方だったので

枝はあちらを向いたり、こちらを向いたりしています。

 

最初のような綺麗な姿ではごじゃりません。

花屋さんで見かける立ち姿の豪華な花は

人の手でワイヤーを使って一本一本丁寧に整えるからなのです。

 

胡蝶蘭をいただくまでは

あまり胡蝶蘭に興味が無く

ただ高価なだけの「お祝い花」としての意識しかありませんでした。

 

が、我が家で2度咲きしてくれると、もう我が子のようにかわゆいです。

それが、そっち向いたり、あっち向いたりして親の思うように

育つ事がなくても、かわいい!

(枝が螺旋状になるように、数日毎に鉢の方向を日当たりの良い窓側に向けたり

その反対にしたりと変えてます。だから、ちょっと面白い形になっています。)

 

来年も咲いてくれるなら

支柱を立てたり、エサ・・・もとい・・・栄養剤をあげたり

もっときちんと管理養育したいと思います。

 

開店祝いとしてよく贈られる胡蝶蘭、

数日前も、某店の前に

5鉢程放置されているのを見ました。

きっと捨てられる運命なんでしょう。

 

忙しい人たちは、素人が再度花を咲かす事はできないと

思い、花の命に興味も持たず、お暇を出すのでしょう。

 

そんな見捨てられた花鉢を見ると

捨て猫や捨て犬を見た時のように

家に持って帰りたくなります・・・が・・・

ゴミかどうかも判らないので、悲しい気持ちで通り過ぎるだけです。

 

家の中に花や観葉植物があるのはホントいいものです。

 

以上、

今日は私のささやかな幸せのお裾分けの記事でした。(*^_^*)

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「恋妻家宮本」み~たよ(... | トップ | 進学塾、英会話教室、洋服コ... »
最近の画像もっと見る

植物」カテゴリの最新記事