ロシア漁業ニュースヘッドライン

北海道機船漁業協同組合連合会
http://kisenren.com
一般社団法人北洋開発協会

公海での外国船からの漁獲物受け渡し製品輸入関税がゼロとなる

2016-11-02 12:13:27 | 日記

2016年10月28日
モスクワ発
[公海での外国船からの漁獲物受け渡し製品輸入関税がゼロとなる]
ロシアの経済発展にかかる政府委員会は、公海洋上で外国船からの漁獲物を受けるロシア加工母船の輸入関税を、向こう2年間ゼロとする決定を行った。
この措置は、国内市場への水産物供給と水産加工業への支援を目的としており、特に、北太平洋のサンマやサバ等の操業の拡大が期待される。
なお、以前の関税率は3%-8%だった。

(関連過去情報)

2016年04月05日 モスクワ発
[なぜ“ドブロフロート”は摘発されたのか 虚偽申告 脱税 刑法226条1項第3号]
2016年3月下旬、極東税関当局とFSBは、水産物製品の脱税容疑で、“Доброфлот”(ドブロフロート)社、関連“Южморрыбфлот”(ユジモルルイブフロート)社、そして所属加工母船“Всеволод Сибирцев” (フセヴォロド・シビルツエフ)の捜査活動を行った。
問題となっているのは “Всеволод Сибирцев”が洋上で受け取った原魚を関税を支払わずロシア製品として販売したいくつかの契約に関するものとされる。
この件について“Доброфлот”代表エフレモフは、ロシア極東連邦管区大統領全権代表トルトネフに書簡を送付し、外国のパートナーを含め、原魚を洋上(公海)で受け取り、ロシア旗のもと加工処理をした製品に関する扱いの法解釈の相違だと主張している。
報告によると昨年2015年、“Доброфлот”は、定期的に冷凍サンマ製品を沿海地方港湾で陸揚げしたが、製造者である“Всеволод Сибирцев”の申請書類による当該製品のステータスは、ロシア関税同盟に属するものだった。
しかし、実際の製品は、外国産のものであり、ロシアの製品を装って陸揚げしたもので、虚偽の申告、つまり関税の脱税にあたる。
このことから、当局は、ロシア連邦刑法226条1項第3号に基づく容疑で摘発を行った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本はロシア沿海地方へのイ... | トップ | 韓国海警 違法操業中国漁船に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL