ロシア漁業ニュースヘッドライン

北海道機船漁業協同組合連合会
http://kisenren.com

インテルルイブフロートはイカの日本の貿易障壁の撤廃を期待する

2017-07-14 10:38:16 | 日記


2017年07月13日
北海道機船漁業協同組合連合会 原口聖二
[インテルルイブフロートはイカの日本の貿易障壁の撤廃を期待する]
“インテルルイブフロート”(Интеррыбфлот)社はスルメイカ(Тихоокеанский кальмар:チホーオケアンスキー・カリマル:太平洋イカTodarodes pacificus)について、日本の貿易障壁が撤廃されることを期待している。
ロシア業界紙(WEB)が伝えた。
日本は輸入水産物の輸入割当を設定し、経済産業省がこれを管理している。
昨年2016年、“インテルルイブフロート”社は、2,000トンのスルメイカを漁獲した。
“インテルルイブフロート”社は、長年にわたり、この資源の利用と海外への供給の実績がなかったことを指摘し、問題の解決をロシア漁業庁に対して要請、同年11月には、中国と日本の当局に対して、製品輸出に関する申請を送付した。
この結果、今般、中国の食品衛生当局は、ロシアからのスルメイカを輸入品目にリストした。
“インテルルイブフロート”社は、日本当局の速やかな同様の対応を期待している。

(関連過去情報)

2017年06月13日 モスクワ発
[インテルルイブフロートはスルメイカ漁業拡大を目指す]
今年2017年漁期、色丹島の漁業コンビナート”アストロブノイ“(Островной)の再建に関わる“インテルルイブフロート”(Интеррыбфлот)社は、イワシ・サバに加え、イカ漁業の拡大を計画している。
昨年2016年、“インテルルイブフロート”社は、2,700トンのサバと、2,000トンのスルメイカ(Тихоокеанский кальмар:チホーオケアンスキー・カリマル:太平洋イカTodarodes pacificus)を漁獲した。
これまでロシア市場では、ドスイカ(Командорский кальмар:コマンドルスキー・カリマル:コマンドル・イカ Berryteuthis magister)は良く知られていたが、スルメイカはほとんど知られていなかった。
同社は、スルメイカは、韓国、日本、中国で大きな需要があり、当該資源へのアクセスは極めて要望だとしている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシアFOC/IUU取締情報... | トップ | Sapporo-based North Pacific... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL