67回埼玉県展45点搬入終わる。個人最多の「おぐら画房」。生き甲斐として共に続けていただきたい思いで13年!

2017年05月14日 19時13分12秒 | 日記
「おぐら画房」は個人事業者です。
今日までの職歴は、民間から地方公務員を経て52歳で独立。
画材店を始めるが、近隣に大手画材店開店の影響で、
3年で閉店しましたが、外商専門店として再出発。
搬入搬出を始めたのは、店時代のお客様からの要望でした。
以来13年、個展や公募展などに運び始めたら、
毎年の様にお客様が増えて、
画材の小売より搬入搬出が主になりました。

私は、大手の業者と違い「儲け本位」ではなく、
一人ひとりのお客様と寄り添いながら、
安価で引き受けています。

一大イベントは「県展」。
最初は15枚ほどでしたが、
年々増加して、この5年前から40枚を超える様になりました。
愛車は、初代ミニキャブからエブリーで、
一回に載せることが出来るのは、
約18枚が限度ですから、
搬入の3日前から、集めて回ります。
業者搬入が始ったころから、
2トンアルミバンのレンタカーで
運んでいます。

お客様のなかには、県展を一つの区切りとして、
描くことに「生き甲斐」を持っています。
生き甲斐を運ぶことは、「一期一会」。
絵画に託された「思い」を語りながら、
時には珈琲を挽いてくれたり、
ミニコミが続きます。

私も3年前から出品しましたので、
一人ひとりの作品を観ることが
一番の楽しみです。

多くの方の入選を願い、
楽しい仕事として、これからも続けていきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 画家は孤独・・葬る遺作を故... | トップ | 美術は「美」を表現する「術... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL