沖縄・神人・ユタ

いろんな災難・病気・人間関係の不和などで悩んでいる方に、

自分が体験した中で、何かの良い切っ掛けになればと・・!

★8年前のブログを振り返り、お題<精神病院に入れられそうに成るまでに可笑しくなった女性>

2017年08月05日 | 私の思い!

☆「沖縄・神人・ユタ」の題名で始めたのは、大病して一年後から投稿し始めたブログです。やく九年にもなり投稿し続けてきましたが、いろんな出来事が有りました。 このブログを見てご連絡頂き、喜瀬様にご紹介した方も沢山いらっしゃいます。そんな時はブログをやっていて良かったと思うことが出来ます。 九年前の私と現在の私はいろいろ有り、随分変わりましたが、今の自分で居られて本当に良かったと幸せだと感じています。 最近昔のブログを見て、どう自分が変わってきているか振り返り、その中で為になることをもう一度、皆様に見て頂けたらなと思いこのページで投稿することにしました。
   
 ★8年前のブログを振り返り、改めてお伝えしたい事!★
       2009年9月25日  お題<精神病院に入れられそうに成るまでに可笑しくなった女性

ある宗教に誘われ、いろんなことをやってこられたそうですが、よく夜中に拝みに行ったりしていたそうです。何年後かに、急に可笑しくなってしまった若い主婦のご両親からの相談だったそうです。
旦那様と子供がいらしたそうですが、急に可笑しな発言や行動をし始め、本当に精神病院に入れられそうに成るまで大変な変貌だったそうです。しかし、彼女のお母様が、一旦精神病院に入れてしまったら、もう出てこれなくなってしまいそうで怖いと、それだけは避けていたそうです。しかし娘さんは、家のベットに括り付けられるほどの大変な状態だったそうです。それで、判断を取りに来られたそうですが、ある宗教に嵌った影響で、何かに憑依されてしまっているとの事でした。またそれだけでなく、先祖からの声(教え)が掛かってきていて尚一層可笑しくさせられていたそうです。
可笑しい行動は教え事でさせられていたそうですが、いつも履物を反対に履いてしまっていたり、石鹸を異常に沢山使ってしまっていたり、いろんな可笑しな行動をされるようになってしまっていたそうです。
履物を反対に履くのは、何かが間違っているとの教えで、異常に使う石鹸は、ご先祖様が綺麗にして欲しいとの訴えからもきていたそうです。
その後この女性に憑依しまっている霊などを外し、やるべきではない宗教ごとや神ごとの間違いのお詫びと、ご先祖様の供養事をされたそうです。それから少し経って、娘さんは普通に生活が出来るまでになられたそうです。
可笑しくなる前は、あるユタ神人に言われるままに、夜中の一時・二時に、いろんな御嶽(ウタキ)に来させられて、拝みをよくやらされていたそうです。
夜中に拝むのは、迷い霊浮遊霊などが集まってきやすいので、ちゃんとした拝みが出来なくなってしまうそうなので、夜は絶対避けるべきだそうです。
紹介している喜瀬さんは、判断も拝みも太陽が昇っている間にされますし、火の神様にお願いするのも、9時以後は線香は灯させられません。
もしどうしてもお願いしたい場合は、よく言っていますが、トイレの神様(鳥枢沙摩明王)でしたら、いつでも簡単に誰もがお願いできますので、トイレを使われると良いと思います。結構トイレの神様にお願いことするのは効きますよ!
もし、夜中に拝みなどをされる神人(ユタ)などに出会った時には、少し考えられたほうが良いと私は思います。間違い拝みになって大変になってしまうことが怖いので・・・・・。昔から「触らぬ神に祟りなし」と言われていることが、今の私は、”なるほどだな~!”と、この諺の意味が本当に分かる気がします。

***今の私から***
未だに可笑しい拝みをするユタ神人さんがいらっしゃると知り、本当に困ったものだと思います。判断をとって良い方向に行くようにすることは大変良い事だと思います。占いも一緒だと思いますが、判断を聞いて行動するのは、その方ご本人の考え行動次第で決まりますが、拝みを御願いするのは、本当に良い方に出会わないと、良くなるのも良くならず大変な目に有っている方も多いのが現状で、本当にどうしたものだろう!と考えてしまいます。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★8年前のブログを振り返り、... | トップ | ★8年前のブログを振り返り、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む