沖縄・神人・ユタ

いろんな災難・病気・人間関係の不和などで悩んでいる方に、

自分が体験した中で、何かの良い切っ掛けになればと・・!

★7年前のブログを振り返り、お題<映画「余命一ヶ月の花嫁」>

2016年12月28日 | 私の思い!

☆「沖縄・神人・ユタ」の題名で始めたのは、大病して一年後から投稿し始めたブログです。やく九年にもなり投稿し続けてきましたが、いろんな出来事が有りました。 このブログを見てご連絡頂き、喜瀬様にご紹介した方も沢山いらっしゃいます。そんな時はブログをやっていて良かったと思うことが出来ます。 九年前の私と現在の私はいろいろ有り、随分変わりましたが、今の自分で居られて本当に良かったと幸せだと感じています。 最近昔のブログを見て、どう自分が変わってきているか振り返り、その中で為になることをもう一度、皆様に見て頂けたらなと思いこのページで投稿することにしました。

               ★7年前のブログを振り返り、改めてお伝えしたい事!★

             2009年06月14日  お題<映画「余命一ヶ月の花嫁」

以前に、映画になった困難に立ち向かうひとりの女性竹中まゆさんのココロの成長を描いた、実話に基ずくストーリーの「Mayu ココロの星」を見ました。
若年性乳がんと闘い、24歳で生涯を閉じた長島千恵さんの思い若年性乳がんについて知って欲しいという彼女の想いがきっかけとなり、千恵さんの”最後の一ヶ月”をテレビクルーが取材され、ドキュメントとしてテレビで放映されたのを私は見たのを切っ掛けに、今年三月には、千恵さんの思いをつなぐ「~乳がん検診 シンポジューム~」などでも参加しました。
がんを患いながらも前向きに生きる千恵さんの姿、千恵さんを囲む家族や恋人や友人達の愛の大きさなどが描かれた映画「余命一ヶ月の花嫁」もやっと見に行くことができました。

千恵さんは今の自分に出来ることを考え抜いた末、テレビの取材を受けた。それは、自分以外のみんなに検診の大切さと生きることの素晴らしさを伝えたかったからと・・・。しかし、恋人である赤須太郎さんは、千恵さんが自分の大変な姿を曝け出しても訴えるのは最初はとても反対だったようです。
私も今年の三月に本を出版しましたが、やはり自分や家族のことを曝け出すのは恥ずかしく少し複雑でしたが、私も少しでも多くの人に私の思いを分かってもらえたら、少しでも人の役に立てばとの思いで書きましたので、千恵さんの思いも分かりますが、恋人の太郎さんの気持ちも良く分かる気がします。
しかし、千恵さんの思いや千恵さんに携わってこられた周りの人の、「乳がんは本当に早いうちに防ぐのが大事。特に若い人は進行が早い。若い人ほど自分の健康に気を付けて欲しい・・・」との思いを、多くの人に知って貰いたいとの強い想いで、生きること、愛すること、命のメッセージを伝えることが出来ていると思いました。

私は映画を見た後に最初に思ったことは、恋人である赤須太郎さんのことでした。千恵さんが亡くなられた時もとても辛かったでしょうが、その後何かとテレビや千恵さんの想いをのせた「乳がん検診キャラバン」で全国をまわったり、映画が放映されている間は、何かと忙しくて悲しむ時間が少ないでしょうが、何もかもが落ち着いた頃に、本当の悲しみや寂しさがくるのでは無いのかなと心配になりました。

検診の重要性・早期発見は、本当に大切なことだと感じていますが、私はここで知って欲しいのは、ブログでも本でも書いていますが、「Mayu ココロの星」・「余命一ヶ月の花嫁」を見て直ぐに感じたことが有ります。
それは竹中まゆさんのお母さんも同じく癌で苦しんでおられ、長島千恵さんのお母さんも子宮ガンで亡くなられているのですが、それを聞いた時に直ぐに「真似型」まねかたで、ご先祖様と同じことをさせられてしまっているということです。
ブログでも本にも書きましたが、癌は遺伝性もあるとも言われていますが、実はご先祖様がちゃんと供養などがなされていない場合、同じことをさせられてしまうことが多いということです。特に乳がんなどは母方のご先祖様からの声が掛かってきていることが多いようです。
私も父の親お祖母ちゃんの真似型でしたが、分かった時には遅く同じ病気にさせられましたが、その後ちゃんと供養し、真似型されないように道理を通し外すお願いこともしましたので、今は再発もなく元気で過ごしています。
本を出版できたのも、この大きな出来事、癌という病気になったからですが、これからは自分自身健康でいて、少しでも多くの人に、災難や病気・人間関係の不和などは何かしら意味があり、それを防ぐためのヒントを与えることができたらと思っています。

                                         と投稿・・・                          
 ***今の私から***
今思うと、あの時は本当に大変な時期を過ごしてきたんだなと改めて思い返しました。しかし、喜瀬さんのお蔭もあり、本当に今の自分が信じられないくらい良くなっていると思えます。いろんな大変な事も多々ありましたが、今は、私に携わってきて下さった方々に神様にも感謝の思いでいっぱいです。
昨夜美輪 明宏さんがテレビ番組でおっしゃっていたのですが、「幸せ」は感謝が出来て幸せと思えるのだと・・・本当に私もそう思えます。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は、旧暦12月30日、マヤ... | トップ | 元旦で、旧暦12月04日、マヤ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

私の思い!」カテゴリの最新記事