沖縄・神人・ユタ

いろんな災難・病気・人間関係の不和などで悩んでいる方に、

自分が体験した中で、何かの良い切っ掛けになればと・・!

今日は、旧暦1月13日、マヤ暦KIN157日!

2017年02月09日 | 暦(こよみ)

*** 2月9(木) ***
今日は旧暦1月13日「先勝」(せんかち) で、先ずればすなわち負けると言う意味。勝負事や急用事はなるべく避け、控えめにして、相手が仕掛けてくるのを待つ方が良いとされています。朝から昼までは凶、午後から日暮れまでは吉とされています。十二直では、「除」(のぞく)で、不浄を祓い、百凶を除く日。通院始め、薬の飲み始め、種蒔きなどは吉。婚礼、金貸しなどは凶とされる日です。

 

マヤ暦では、昨日までの52日間は【大転換・変容】変化の城(9/6~10/27)入り予想もしなかった変化・変化せざるを得ない出来事にも遭遇し、ある時は辛い出来事により、揺さぶられて魂のきづきを得た方もいらっしゃったのでは!
今日から52日間(2/9〜4/1)の【第4の城】赤い第一の城の52日間の時に蒔いた種を借り入れる時期で、『円熟・東・結』結実を迎える期間、しっかりと1つの結果を出すべき時と言われます。

*今日から赤い地球の神様が支える13日間Kin157~Kin169・・・ 舵取り  発展させる   共時性   シンクロニシティ  心の連帯   おたがい調和しながら進む事によって、可能性が広がって行くようです。絆をしっかり結ぶ。絆の本質は、目に見えない心のつながり、共有のものが多い程絆が深くなり、シンクロニシティと心のつながり、一体感こそシンクロニシティを起こしやすいそうです。

今日はKin157赤い地球赤い地球音1 {前進した方がよい。とどまることなく突き進むことで、道が開ける}
「赤い地球の神様」は、シンクロニシティ・心の連帯、舵取りの力、発展させる、共時性、心に訴える力、説得力、心を揺さぶり、一体感を与える、音楽、チームプレー、リズムを刻む、絆を大切にすることを教える神様と「音1の神様」は、「意思決定」事始め、出発にふさわしいタイミング     キーワード「受容」人の長所、プラス面を認めることを意識することの大切さを教える神様が降りて来られる日です。

導きの神様は、計画をしっかり立てることの大切さを教える赤い地球の神様。

今日のテーマ・・・収穫をする時の入り口で刻印に良い日です。自分が進むたい事やビジネスに対しての刻印に良い日です。
あなたが生きている現実世界の意向を感じとり、それにもとづいて自分の方向を調整していく日で、ふとしたひらめきが、あなたの新しい方向を示唆することもある日だそうです。
 
今日の「赤い地球の神様」の生まれにあたる方は、優しく、「絆」・心の繋がりを大切にする。心の連帯。シンクロの力が有る。芸術方面に関心が有り、音楽・リズムと共鳴するため、様々な踊り、日本舞踊などやっている人が多い。寂しがり屋の面もある。非常にバランスの良い判断をするため人から頼られ相談されやすい。人の心に訴える説得力がある。リーダー要素。芸術好き。
適職は、音楽家・政治家・教育家・霊能者・人に訴えかける職・企業のプロジェクトリーダーなど。
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ・・・一年前の今日の出来事... | トップ | 今日は、旧暦1月14日、マヤ暦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

暦(こよみ)」カテゴリの最新記事