社会統計学論文ARCHIVES(人生という森の探索)

社会統計学に関する論文を要約し、紹介します。
休憩タイムでは、本、映画、音楽、絵画、演劇、旅、お酒を楽しみます。

ジェームス・アイボリー監督「眺めのいい部屋」(イギリス、1986年、115分)

2016-11-20 00:56:44 | 映画

        


 イギリスの古きよき時代(?)。と言っても、この国は階級社会であったので、その名残が全編にみちみちています。生活のための労働とはかけはなれた世界の人たちが外国旅行にいったり、お嬢様とおぼっちゃまとが恋をしたり。そのような映画がいい映画かと正論で問われると、「ぐの音」もでませんが、みていて、ゆったりした気分になるのです。この映画を観たのは3回目です。

 1907年。イギリスの良家の令嬢ルーシー・ハニーチャーチ(ヘレナ・ボナム・カーター)が年上の従姉シャーロット(マギー・スミス)を付添人として、フィレンツェを訪れるところから、この映画は始まります。マギー・スミスは舞台の名優です。作家役で出演しているジュディ・ディンチもそうですね。

 イギリス人観光客が利用するペンション「ベルトリーニ」に到着した二人は、予約と違い、部屋が美しいアルノ河側でないことにがっかりします。シャーロットが苦情を訴えるのを聞いていたエマソン(デンホルム・エリオット)は、息子のジョージ(ジュリアン・サンズ)と宿泊していた「眺めのいい部屋」と交換してもいいと申し出ます。

 階級意識に束縛されない自由な考えの持ち主であったこの親子に、一度は躊躇したシャーロットでしたが、偶然に同宿していたハニーチャーチ家の教区のビーブ牧師(サイモン・カラウ)の進言を受け入れて、部屋の交換に同意します。

 翌朝一人で町を見物していたルーシーは、シニョーリ広場を通りかかったところで、男たちの喧嘩に遭遇し、流血騒ぎをみて失神してしまいます。彼女を介抱したのは、通り合わせたジョージでした。

 二人の心に、この時から特別な感情が芽生えはじめた。さて、この展開は?

 ☆☆☆☆の映画です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルース・ハーバーストン監... | トップ | ノーマン・マクロード監督「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事