社会統計学論文ARCHIVES(人生という森の探索)

社会統計学に関する論文を要約し、紹介します。
休憩タイムでは、本、映画、音楽、絵画、演劇、旅、お酒を楽しみます。

「オーケストラ(Le concert)」(ラデュ・ミヘイルアンニュ監督、フランス、2012年、124分)

2016-10-14 01:04:31 | 映画

                            

 かつてはロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才指揮者だったアンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)は、旧ソ連時代、当局によるユダヤ系の演奏家たちの排斥を拒否し、解雇され、今は劇場清掃員として働いていた。

 ある日、アンドレイは清掃中に、偶然団長のもとに届いたFAXを見る。そのFAXは、演奏をキャンセルししたSF交響楽団に代わって、パリのプレイエルへの出演依頼であったた。その瞬間、アンドレイは、かつての仲間を集めてオーケストラを急きょ結成し、ボリショイ交響楽団代表としてパリに乗り込む案を思いついた。

 アンドレイはまず、元チェロ奏者で今は救急車の運転手・サシャ・グロスマン(ドミトリー・ナザロフ)に話を持ちかけ、アンドレイの熱意に押され、昔の仲間を訪ね歩いた。モスクワの片隅でわずかな生計でくらしているものが、アンドレイの途方もない誘いを真に受ける。

 演奏曲はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、ソリストとして若手スター、アンヌ=マリー・ジャケ(メラニー・ロラン)を起用。問題のパスポートも、ジプシーのヴァイオリン奏者が2全員の分を偽造し、寄せ集めオーケストラはパリへと旅立つ。

 さて、この企画はうまくいくのだろうか?

 ラストは感動的だ。不覚にも涙が・・・。

                       
■キャスト
・アレクセイ・グシコフ(アンドレイ・フィリポフ)
・メラニー・ロラン(アンヌ=マリー・ジャケ)
・フランソワ・ベルレアン(オリヴィエ・デュプレシス)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩崎俊夫「地方自治体の行政... | トップ | 「天国の日々」(テレンス・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む