雄一の独り言

まぁ。

第26回長浦駅前夏祭り!

2011年07月31日 09時45分37秒 | 日記
昨日の天気予報は降水確率50%で雨。

午前中は予報通りに雨になり、夕方からの夏祭りはダメかなとも思ったが、不安定ながらなんとか天気は回復してくれた。

私の実家の祭りは各町内会別に行なうが、長浦駅前の祭りは1丁目から8丁目までが合同で行なう。

なので集まる人の数も岩根4丁目とは比べものにならないくらい凄い!

祭りと言ったら人は一人でも多い方がにぎやかでいい!

祭りのメインは金八先生でブレイクした『よさこいソーラン!?』『スポーツソーラン!?』を小中学生の有志が踊る。

最後は有志と一緒に踊りたい人は飛び入り参加で踊ることが出来る。

ホントちっちゃな子までリズミカルに踊っている。

あと、盆踊りをやるのだが、東京音頭以外知らない曲ばかりだ。

私の地元は幼稚園から『やっさいもっさい』を踊る。だから木更津市内の祭りは『やっさいもっさい』が定番。

長浦地区は『ソーラン』が主流で『やっさいもっさい』は祭りではやらないのかな!?今度、長浦出身者に聞いてみなければ。

祭りの最後には福引きがあるのだが今まで一回も当たったことがない。

このブログにコメントしてくれるカリスマニートさんの長男は福引き当たってました!おめでとう!

こんな感じで昨日は長浦駅前のお祭りに参加して来ました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

三ツ矢 塩サイダー

2011年07月30日 12時19分59秒 | 日記
三ツ矢サイダーから『三ツ矢塩サイダー』が7月19日より夏期限定で新発売された。

サイダーの塩!?と思いながらも『夏期限定』につられ即購入!!

いつも通りにキンキンに冷やして頂きました。

塩の味など殆んどしなく、少し期待ハズレm(__)m

飲んだ感想は普通の三ツ矢サイダーより甘さスッキリで、三ツ矢サイダーオールゼロよりは甘い。

今日はそんな三ツ矢塩サイダーの話しでした。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

南明奈の話しです。

2011年07月29日 11時52分28秒 | 日記
昨日の話しの続きです。

以前何かの番組でタレントの南明奈が水は味がなく美味しくないから飲まないと言っていました。

じゃあ、普段は何を飲んでいるのかと言う質問に

コーラが大好きなので、コーラばかり飲んでいるのだと言う。

なので、味がしない水は飲まないそうです。

減量を経験した者から言わせてもらうと

体から水分を抜いて抜いて、極限の状態でミネラルウォーターを飲むと味がするんです。

水が『甘い』と感じる事が出来ます。

これ、嘘じゃなく、本当の話しです。

でも、水分を抜く減量は体には危険なので絶対に真似をしないようにして下さいm(__)m
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

水の美味しさ

2011年07月28日 11時54分56秒 | 日記
先日26日は久しぶりにジムで練習した直後に風呂(湯の郷かずさ)に行き、ジムとサウナの連チャン。

現役時の試合前などはよくジムから風呂の連チャンをしていた。

久しぶりに連チャンをして改めて気づかされたのは水の美味しさである。

この時期は練習すると2kg以上は体重が落ちてしまう。サウナ前に500mlの水分を補給し風呂に入る。

サウナには5~6回入るのだが、サウナとサウナのインターバルでは冷水を一口補給してまたサウナに入る。

練習後ではない普段のサウナもインターバルに冷水を飲むが、練習後だと普段とは喉の渇き方が全然違う為、格段に美味しい!

ボクシングやってなかったら12kgも減量することもないし、水分制限だってしなくていい訳で。

だけど、ボクシングやってなかったら1杯の水の美味しさを知ることはなかったかも知れない。

何で目にしたか忘れたが、元WBA世界ジュニア・バンタム級チャンピオンの鬼塚勝也も言っていた。

ボクシングをやってなかったら1杯の水の美味さを知ることはなかったと。

しかし、タレントの南明奈は水を飲まないと言う。この話しはまた明日!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

スポーツ選手の寿命

2011年07月27日 11時58分18秒 | 日記
ボクシング会の高齢での世界タイトル獲得記録は1994年。

ヘビー級でジョージ・フォアマン(アメリカ)が45歳10ヵ月で作り保持していた。

しかし、46歳4ヵ月でバーナード・ホプキンス(アメリカ)がWBC世界ライト・ヘビー級チャンピオンになり

ジョージ・フォアマンの記録を更新したのは今年の5月だ。

私がボクシングに興味を持った1994年当時、ボクサー寿命は20代後半で30歳でやってる人は一握りしかいなかったと記憶している。

それが今じゃ30代のボクサーなんていっぱいいるし、30歳を過ぎてからデビューする人もいる。

ボクシングだけじゃなく、他のスポーツでも同じことが言える。

野球のイチローだって38歳だが、まだ衰えを見せない。(今年は少し不調だが…)

テニスの伊達公子も引退してブランクが長かったにもかかわらず、見事に復活を果たした。

サッカーの三浦和良にしてもサッカーに対する考え、取り組み方、食事等、頭が下がる。

現・中日ドラゴンズ監督の落合博満も40歳を過ぎても現役を続けていた。

私の記憶では、晩年の落合博満はオジサンで衰えを隠せず、ようやくやっていたと言う印象がある。

ジョージ・フォアマンにしろ、最年長記録を作った当時もパンチ力は凄かったが、全体的な動きはロートルのオジサンにしか見えなかった。

それと比べると今の現役年長者は顔も体もまだ若い。

これらは今の医療、トレーニング、栄養、サプリメント等の進歩のお陰なのだろう。

年長者アスリート達には、これからも頑張ってもらいたい。

私の尊敬する辰吉丈`一郎についても書きたかったが長くなるのでまた後日!
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加