桐生トランピング情報

群馬県、特に桐生市周辺の山歩き情報をお届します。

桐生吾妻山

2016-10-12 15:16:39 | 山歩き情報
2016年10月11日、桐生市の吾妻山に行ってきました。
吾妻公園駐車場から公園内を歩き登山口へ。登山口から
男吾妻を登り、さらに女吾妻へ足を延ばし、同じルートを
辿って戻ってきました。所要時間は2hでした。


吾妻公園の山道を歩いていると、何やら花が。ツツジ
みたいでした。


さらに、切り株の中から背伸びをしている幼木を見ました。
面白いですねー!!種が飛んできて発芽したのでしょうか?


登山口へきました。ここからまずはトンビ岩へ上がります。
傍の温度計は15℃でした。


トンビ岩へは、この男坂といわれている急な岩場を登り
ました。


トンビ岩から桐生市街を撮りました。左中央が桐生が岡公園
です。


足元にニガナ系のように思える黄色い花が咲いていました。


さらに上に向かって歩いて行くと、ゴマナみたいな花が
咲いていました。


頂上近くまできたら、オトギリに似た花が咲いていました。
ちょっとはっきりしませんでしたが、花の季節が過ぎた
この時季に皆頑張って咲いていました。


(男)吾妻山頂上へ着いて、そこから見えた景色を撮りま
した。普段はここから引き返すのですが、この日は女吾妻
まで行くことにしました。


頂上からは、この急な階段を下って女吾妻に向かいます。
春にはカタクリがいっぱい咲く所です。帰りは、ここを
上らなくてはならず、いい訓練になります!!


女吾妻頂上部に設けられた東京電力の電波反射板が見えて
きました。市内から吾妻山を仰いだとき見える板状のもの
は、この反射板です。


身体を回して頂上を撮りました。


頂上を示す標識。ここでは、冬から春にかけてはいつも
赤城おろしの強い風に吹かれますが、この日はまったく
の無風で、何か違った場所にきたような感じを受けました。


男吾妻の頂上へ戻ってきました。ここまでの急坂は、危惧
したほど苦労はせずに上ってこられました。


男吾妻を下り、トンビ岩まで戻ってきました。もう吾妻公園
は近くです。


吾妻公園内に、日々草が咲いていました。


こちらは花壇がたくさんの花できれいでした。サルビアと
それを囲むようにトレニアですね。


トレニアをアップで。


こちらは、色違い。

吾妻山、長雨の影響は残っておらず、道は乾燥していました。
登ったのが午前中だったので、老若男女たくさんの人の登る
姿を見ました。期待はしていなかった、また、名も知らない
にもかかわらずたくさんの花を見られたのも良かったです。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤城荒山~鍋割山 | トップ | 高崎浅間隠山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。