アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

猛暑一服 大暑

 | Weblog
 7月に入って延々と続いていた東京の真夏日でしたが、大暑の23日は久しぶりに太陽が顔を見せることなく真夏日から解放されました。梅雨も明けて本格的な暑い夏の到来ですが、大暑は二十四節気のひとつで文字通り一年で最も暑さの厳しい時期という意味です。しかし今年の大暑はどうしたものか、曇り空で夜が明け日中も予想されたほど気温は上がらず、都心や練馬でも28度台で、これまでの猛暑続きから見ると幾分“涼しい”大暑になりましたね。朝から照りつける太陽に慣らされていましたから、風もあって、時折雨粒も落ちてきた今日は散歩も楽でした。近くの公園の弁天池で釣り糸を垂れる太公望もこの日は日よけ要らずでした。

 ただ猛暑一服と言っても、夜も気温が下がらないのはやっかいで、寝苦しい熱帯夜からはなかなか開放されそうにありません。この日も練馬では26度から下がらず、あまり寝た気がしませんでした。実際に暑さが厳しくなるのはこれからになりますが、来月になると6日は立秋ということで秋という字を見ると気分的にも少し気が楽になりますね。ところで、大暑にはウナギ、梅干し、うどんなど、うのつくものや天ぷらを食べる習慣があるそうですが、ワタシは知りませんでした。暑さで体力の落ちるこの時期にしっかり栄養補給するということのようです。友人から暑中見舞いに青森の銘酒が届いたので、キリッと冷やした日本酒を飲み、ちょこっとウナギでもつまみましょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏の紅葉!? | トップ | 涼しいよぉ~♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事