森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

ちょっとだけ思う事。

2017-08-09 10:39:11 | 梢は歌う(日記)

今日、書こうと思った事があるのですが、その前に

どうしても少しだけ言いたい事があります。

お願いのようなものです。

 

 

あまりコメントを書きこまないけれど、時間の許す限りではありますが、

読者登録しているブログ、またはしていただいているブログの皆様の所は、

定期的に訪問して、読まさせていただいています。

もちろん毎日ではありません。

 

ブログをずっと続けて行くと言う事は、よほどはまった趣味に感じないと、そうそう長々と続く事ではないかもしれません。

私もかなり長い方のお仲間になってきましたが、同じような方、更に長い方はたくさんいます。

だけど人気ブロガーでありながら、

生活の重要度の順位によってやめられていく方も多いと思います。

仕事とか家族の生活の変化とか、またはご病気、またはネット攻撃に疲れ果てたりとかも理由に上がるかもしれません。

 

ブログの継続の自由は、まったくその人の自由ではあるのですが、

止められるとき、

「止める」と書いて、ブログ削除するまでの期間が

皆さん短すぎると思うのです。

 

30年続いているリアルな友達だって、今では1か月に一度ぐらい。

仲良く今一番遊んでいるお友達だって、2週間に一度ぐらいしか会えませんよ。

ずっと、私のブログに来ていただいている方も、徐々に感覚は空いて行き、

それでも思い出したように来てくださるので嬉しく思ったりもしているのです。

 

「お知らせ」して、1週間でも短い。

数時間なんてあり得ませんよ。

寂しすぎますよ。

ラストメッセージ、何が書いてあったんだろう。

何があったのだろう。

どんな気持ちでいたのだろう。

大丈夫だろうか。

 

世の中には、言葉を頻繁にかわさなくても

じっと見守っている人たちもいると思うのです。

 

その人たちの名は「お蔭さま」です。

「お」も付けられ

「さま」も付けられる

「お蔭さま」

 

ブログには、挨拶よりも深い、その人の心の吐露が書き込まれていると思うのです。

まずは、それを読み合うだけじゃダメですか。

 

そして、読む事によってその人の心の傍に寄り添っていたと言うのに、

バーンと消えちゃう。

 

「遠くを見よ」

って、誰かが言っていたけれど、

置いてけぼりにされる人の気持ちを、窓の外の遠くに見える、風に揺れる木々の梢のように感じてもらいたいと思います。

 

ブログ継続は、その方の自由。

でもね、止められるときは、そのラストメッセージが、ちゃんと今まで読んでいた人に届くように

30日は放置して欲しいと

私は思います。

 

 

―どうしちゃったのかな。

何があったのかな。

大丈夫かな。

ねっ、元気?―

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二度寝・寝坊&悪夢 | トップ | 長崎の鐘 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も(^^)v (雀(から) )
2017-08-09 12:59:12
ブログのあとしまつを考えています🙋 立派なブログを毎日更新なさっていて それでも 誹謗中傷や 煩わしいことが嫌でコメントを一切受けないことにしている方もいらっしゃいますね?
また逆に 会員制クラブのように 依怙贔屓 なさってる方もいます😥 私は友人知人だけ 見られる 限定ブログにしようかと 考えています🙋
いつも (koumama)
2017-08-10 08:34:30
kiriyさんの記事読んで
本当に同じ気持ちでいることが多くて(笑)
今日の記事もその通りだなって思ったので。。コメントしちゃうね
ブログというお顔が見えない(オフ会で合うことはまれなので)なかでも ながくやり取りしていると
リア友ではないけども 気持ちが通じる友達もできますよね
いきなり 削除されていて もう どうしているかわからない ブログ片思いって記事を書いたことありますけど 残されたものはいつもさみしいです
私も
色々あって これから
更新ができなくなることもあるかもしれませんが kiriyさんの記事は欠かさず読んでるよ
大ファンですもん(笑)
ブログを閉じるときは ちゃんとご挨拶して。。しばらくその場所に置いておこうと思います~
雀(から)様 (kiriy)
2017-08-10 10:28:01
ブログの後始末って、私も時々思います。徐々に年齢的には考えないわけにはいかないのかもしれませんね。

コメント欄については、その考え方は千差万別ですよね。

ブログをやめる一つの理由にコメントがあげられるくらい要な部分かもしれません。
攻撃されたと言うのが一番多いけれど、人気がありすぎて対応しきれなくなったとか、発信が出来なくなったとかのストレスが生じたとか…いろいろ。

チョイスしてお返事する人もいるけれど、個人的には、そうれはどうかな~って思いますよね。

>私は友人知人だけ 見られる 限定ブログにしようかと 考えています

そう言う方も何人か知っていますよ。
その時はぜひ、私も招待してくださいね。
koumama様 (kiriy)
2017-08-10 10:36:58
>いきなり 削除されていて もう どうしているかわからない ブログ片思い

うんうん。本当にそうだよね。
そして、こんな風に、心のどこかでその人に向けて書いていたりもするんだけれど、決して読まれることはないと分かっているのも、寂しい・・・・。

koumamaさん。
何か抱えているんだよね。前からはっきりとは記事の中では、その内容は言わないけれど、そんな感じが伝わって来ています。

でもでもね。
>ブログを閉じるときは ちゃんとご挨拶して。。しばらくその場所に置いておこうと思います~

確かに確かにそうなんだけれど、絶対にブログは閉じちゃ嫌ですからね。

koumamaさんの明るさに助けられている人たちは、みんな困ちゃいますからね(その中の一人→私)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

梢は歌う(日記)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL