森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

ひたちなか海浜鉄道湊線

2017-05-15 13:36:54 | お出掛け日記

 

「ひたち海浜公園」にはバスと電車を乗り継いでいきましたが、その行き方を検索していた時に、私は意外とライトな撮り鉄であり乗り鉄かも知れないなってちょっと思ったのです。

 

最初は送られてきたバスパックの案内を見ていて、そこに申し込んでいく事にしたのです。バスパックは座ってれば連れて行ってもらえると言う気楽さがありますが、なんたって時間の制限があるし、その時間割がいつも短く不満足な事が多くてあまり利用しなくなってしまいました。(そんな事を言いながら、たまに利用しています。)

パンフレットが送られてきた時に自力で行くシミュレーションをしてみましたら、お値段が高いし加えて遠いと言う事が分かったのです。こういうのはバスパックが便利なんです。

でも今年は藤を見に行く事が決まっていたしその前は花桃を見に行ったし、流石にネモフィラはないなと思って、そのパンフを棚の上にあげておきました。

だけど藤を見たらネモフィラも見たくなってしまったのです。欲望は果てしなく続くのです。

急いで申し込んでは見たけれど、予想通りいっぱいになっていました。そのツアーは格別に安かったのです。

じゃあ、もう来年で良いやと思いました。そう言いながら海浜公園へのアクセスなどを見ていたら、湊線の画像が出てきたのです。

 

キャー、もうワクワクする !!

こんなの、もう乗るっきゃないでしょうって言う気持ちになってしまいました。

近頃一緒に遊んでいただいている星子さん愛子さんに断られても、ひとりでも行くわって言うくらいのハイテンションな気持ちにもなってしまったのです。。

 

でも有り難い事に、私たちは感性のレベルで(いや、実は違う点でも・(^_^;))似た者同士なのよね。

と言うわけで、めでたく3人でお出掛けできたのですが、いつもなら私、結構面倒な事を言います。つまり夫が仕事に出掛けてから自分も出掛けたいし、夫が帰って来る時間の前後には家に居たいなどと注文を付けて時間を組んでもらっていたのです。

近頃お出掛けの多い私ですが、お母さんはずっと家にいる人だなあと思わせている事は必殺遊び人にとっては大事なポイントです。

でも今回は自分で検索をかけた段階で、そんな事言ってられないなと分かっていたので、夫が家を出る前の7時20分スタートになったのです。しかも帰りは7時半ごろになると夫殿に伝えました。

 

「ひたち海浜公園」で美しい花たちと別れを告げて、「阿字ヶ浦駅」からこの電車に乗り込みました。トップ画像でもお分かりになると思いますが、湊線は看板(?)が面白いのですよね。みんな意味があるようです。その解説もHPに載っています。HPは一番下にリンクさせておきますね。

 

乗った電車は子供たちに人気のあるアニメが描かれていました。きっと喜ぶ子供も大人も多いのではないかと思います。

正直な事を言うと、私はフツーの電車に乗りたかったなあ。

でもこれもこの鉄道会社にとって重要な収益事業の一つですよね。

 

 

 

 

窓ガラスの光が反射してしまいましたが、後方の窓から線路をパチリ。

なんたって1車両ワンマンですから、後ろの窓から走り去る風景を見る事が出来るのも素敵ですね。

 

 

そして、降りなかった駅の風景ですが・・・・・、

ちょっと良いでしょう。

やっぱり私ってさあ・・・・・。 ^^;

そして那珂湊に着きました。

 

那珂湊の市場で遅い昼食を取りました。

後から気が付いたのですが、なんだかすべてうまく行きました。と言うのも、「ひたち海浜公園」を出る時間がもう少し遅かったら、この昼食にはありつけませんでした。

お店がどんどん閉まってしまうからです。2時半ぐらいまでに入ってぎりぎりだと思います。

私たちも名前を書きこんだら、その直後に順番待ちの紙は片づけられてしまったのです。危うい所でセーフでした。

 

海鮮丼、美味しかったです♪

那珂湊に停まっていたフツーの電車です。

「那珂湊」と言う所は、本当は他にも観光をしようと思えばいろいろとあるみたいです。でも今回はお魚市場と駅の往復だけでした。

でもその道を歩いていて気が付いたことがあったんです。

行く道で、自宅で洗っていると思われるクリーニング屋さんを見つけました。今ではあまりないのではと思うお店です。我が街にも一件あって、昔は家も近かったので丁寧にいろいろと洗ってもらいました。ズボンの焼け焦げなども直してもらったり、時には取れかかったボタンを付け直してもらったりとかもしたかもしれません。

そんなお店があるんだなあと思いながら市場に向かったのです。その帰り道、行きには気が付かなかったもう一軒のクリーニング屋さんを発見。そこも自分の家でやっていると言う雰囲気が漂っていました。

「珍しいね。近所に昔ながらのクリーニング屋さんが二軒って。」と私が言うと

「来るときにコインランドリーの大きいのもあったのよ。」と星子さん。

「どんだけ洗うのが好きなの、ここの住人。」と言うと、

「さすが『大洗』 !!」と彼女。

「さすが~!!」と私が言ったのは星子さんのオチに。

(海水浴や海のシーンが美しい大洗町に湊線を利用する場合は、この那珂湊が最寄り駅なんです。)

 

那珂湊から私たちが乗った電車はー。

可愛いでしょ。

 

 

でもその車体は・・・・・!!

 

やっぱし !!!

「さすが大洗 !!」

 

見え辛いのですが、電車の中のイラストです。

 

ところで、「那珂湊」の看板に描かれているのは、猫。

そう言えばここには駅猫がいたはずと思い出しました。

何処にいるんだろうと、見まわしても見つからなかったのでしたが、星子さんが

「猫は何処にいますか。」と聞いてくれました。

そんなこと聞いても良いのかとドキドキしましたが、駅員さんは親切に教えてくれました。

 

お昼寝タイムだったのです。

 

何処が顔かも分からなかった・・・(^_^;)

知ってる人は知っている有名な猫ちゃんだったのですね。

 

 

 

そして終点の「勝田」に着きました。

看板じゃなく「駅名標」って言うのね。

それにカメラを向けている3人の魔女の影が写って・・・うつっ・・・

 

 

あらまっ。

右端のリュックのボブは私でしょ。その隣は星子さん。

ええっ?

その隣は愛子さんよね。

だけど愛子さん、その影は?

 

小さな旅にもちょっと面白い楽しい事とたくさん出会えるなと、私は思っています。

 

「ひたち海浜公園」からの「湊線ミニ乗り鉄の旅」でした。

いつか全駅下車の旅って言うのにチャレンジしたいと思った私です。

 

ひたちなか海浜鉄道のHPは→ここです。

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひなげし・ひなぎく&はまなす | トップ | ずっと母でいよう。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL