森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

「時をかける少女」

2007-07-21 23:57:34 | 映画
 世間ではかなり評判も評価も高かった「時をかける少女」アニメ版。

楽しみにしていたのに、緩々のキャピキャピ展開と軽すぎる青春ドラマについていけず、「イカン、もう私のピュアな心は死に掛けているのだ。」と気落ちして観ていた前半。

が、ラスト近く功助と告白したばかりの彼女の踏切事故のシーンから、一気に来ましたね。美しい背景と音楽。切ない展開に涙ぐみました。評価が高かったのは分かりました。

最後の千昭が
「未来で待っている。」と囁き、
「走っていくから」と真琴が答えたシーンはぐっと来ました。


千昭が、真琴が未来に伝えた絵を見ている姿がふっと浮かびました。



何とはなしに、告白少女の三人組は可愛かったですね。9点が100点。それもないかなあ~。

しかし、タイムトリップやタイムトラベルの言葉に馴染んできたので、タイムリープなるものは、かなり新感覚。しかもお手軽ですね。HPとブログぐらいの差があるような気がしました。なんて・・・ね。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小雨の中で | トップ | 「風林火山」-逆襲!武田軍 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ました! (ぴえる)
2007-07-22 23:02:04
このアニメ,思っていたよりずっと良い内容だったと思います。
(なんとなく,この前までやっていた「プロポーズ大作戦」を彷彿させられましたが…
タイムリープは確かにお手軽感がありますが,登場シーンで必ず回転レシーブなのがなかなか微妙です
ジャイアントスイング後に吹っ飛んできた男子をブリッジで交わした真琴には思わず拍手でした
ぴえる様 (kiriy)
2007-07-23 14:49:18
こんにちは。

タイムリープの方法が回転レシーブって言うのは笑えますね。特に10時間居たという「カラオケ」のシーンには笑えました。

でも、時間を繰り返すって言うのは考えてみると、相当疲れそう。それをあれだけ繰り返すことが出来るって言うのは、やっぱり「若さ」なんでしょうね。
私には、もう、ちょっと無理そう(涙)

>ジャイアントスイング後に吹っ飛んできた男子をブリッジで交わした真琴には思わず拍手でした


ホント。同じシーンをいろいろ面白くつかっていましたね。絵も綺麗でしたし、いい作品でしたね。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
時をかける少女・アニメ版~タイムリープ! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
時をかける少女のアニメ版を見たのですが、前評判どおり面白かったです。時をかける少女は筒井康隆原作のSF小説で、映画やドラマ化も何度かされていますが、アニメ版は設定を現代にしているようです。ただ、周りの風景はどう見ても80年代ですし、女一人に男2人といった...
「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる (はらやんの映画徒然草)
今までも何度も映像化されている「時をかける少女」です。 この夏は大作のアニメーシ