森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

「インフェルノ」を観てきました。

2016-10-29 12:33:42 | 映画

10月28日、公開初日に見てきました。

『ダン・ブラウン原作の世界的ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続き、トム・ハンクスが三度、ハーバード大学教授の ロバート・ラングドンに扮したシリーズ第3弾。』 映画.comから

映画とはダイレクトには関係ないけれど、原作の作者のダン・ブラウンと言う人は1964年生まれのちょっとイケメンですね。お父さんが数学者でお母さんが宗教音楽家で奥さんは美術史研究科で画家なんだそうです。なんだかこのシリーズの物語を書く環境はばっちりって感じがしてしまいますよね。

このような事を書くのも、彼の次回作が出て、そして映画のこのシリーズの次の新作が見たいなと早くも感じてしまったからなのです。

それはこの作品が面白すぎて早く次をと思ったのか、それともなんか不足な気持ちが残ってしまったので早く次をと思ったのか、二つのケースが考えられるのですが、不思議な事にその両方の気持ちが織り交ざってと言うのが正解なような気がします。

 

この作品はフィレンツェ、ヴェネツィア、イスタンブールと背景を見ていても楽しいです。

考えてみれば「京都殺人案内」の大がかりなものかと・・・って、、それ、ちゃうやろ。

 

そうのような一人ボケツッコミはさておいて、このシリーズは、「ダ・ヴィンチ・コード」ではレオナルド・ダ・ヴィンチ、「天使と悪魔」でもガリレオ・ガリレイと彼らの秘密結社との秘密に迫りワクワクさせられたわけですが、今回はダンテが重要なカギとなってくるのです。

ダンテの「神曲」、ダンテと彼の永遠なる女性ベアトリーチェの関係などを知っておくと、より一層感情移入できるのではないかと思いました。

はっきり言って「ダ・ヴィンチ・コード」のような、キリストの妻と言うような衝撃的な謎はありません。そこまでの謎解きを期待したら肩透かしにあうと思います。だけれど殊の外、愛の物語でした。

正直に言うと、私、途中で睡魔に襲われました。ただ逃げているシーンなどは、なにぶん深夜族なのでこういう時に意識がぼやけるのです。ただ、これ、後半に行けば行くほど面白くなってきます。そして最後は、

「あ~あ、終わっちゃった。ラングドンにまた別の物語で会いたくなっちゃったなあ。」という気持ちになってしまったのです。

 

それにこのシリーズは、見終わった後にいろいろ気持ちを引っ張られます。

今朝などは「神曲」だの「ダンテ」だの「ボッティチェッリ」だのを検索しまくっていました。

「神曲」がいかに他の芸術家に多大なる影響を与えたのかが良く分かりました。

映画の中に出てくるボッティチェッリの地獄の図ですが

 拡大してもあまり鮮明に見る事が出来ず、「サンドロ・ボッティチェッリの地獄の図」などで検索し、画像閲覧すると、その拡大したものを載せてくれている人も居るので良いかもしれません。

その画像から、その画像アップしているブログにたどり着くと、この本の影響、またはこの映画の影響で、皆似たような気持ちになっているのだなと推察されました。

これがこのシリーズの二重の罠なのかも知れませんね。

 

以下は映画のネタバレ感想です。

 

予告編からパンデミックがテーマなのだと推理していましたが、謎解き部分が浅いのが、やはり物足りなかったです。

それと言うのも、前作の二作品が「今」を描きながらも、解いていく謎はいにしえからの深い謎だったわけですが、今回は細菌がどこにあるかの後付けの謎だったので、興味がイマイチになってしまったのだと思います。

それでも古い美術館の隠されたドアや部屋を巡ったり、ダンテのデスマスクに秘密があったりと、怪しげな雰囲気を損なわずに引っ張ってくれたと思います。

 

また誰が味方で誰が敵かと言う部分も、ある意味見どころだったのかと思います。

あのブシャールは最初から怪しいと思いました。(根拠ないけれど、こういう人はたいがい怪しい)

だけれど、シエナにはうっかりしてしまいました。だいたい彼女の部屋で丁寧に彼女の今までの天才として生きてきた過去の写真などを見させられていた事を考えたら、一番先に疑って良いようなものですが、このシリーズはいつも若い女性が相棒だったので、彼女もその立ち位置の人かと思ってしまいました。元天才少女が味方だったら頼もしいななんて思ったりして・・・・。

ー まだまだだな、私。

って、妙な所で反省^^

 

凄い悪党なのかと思ったら、影のなんでも屋でもある警備会社「コンソーシアム」の社長であるハリー・シムズは、なかなか味のある頼もしい人に感じ、(やっぱりいろいろと危ない人だけど)、ちょっと好きだと思ってしまったので、その最後は可愛そうな気がしてしまいました。

ブシャールがラングドンに

「つまらない命など多少犠牲になったって・・・」と言っていましたが、そう言う事を言う人って、いつもその命の中に自分は入らないのかと考えもしないんだなと、その傲慢ぶりにあきれ返っていると、最後まで語ることなくシムズに殺されてしまって、真っ先につまらない命が一つ消えてしまったんだなと恐ろしく思いました。

 

人類を淘汰しようとしたこの事件は、人の命を奪ってきた者・奪おうとした者を地獄に落として終結したと言って良いのかもしれません。

 

ラングドンとエリザベス・シンスキーの愛の物語は、ちょっぴり切なかったです。

 

 

 

 逃げてる場所も素敵です。

 


 

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いろいろつれづれに | トップ | 十月桜2016 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お金を払って観る価値ナシ!・・・でした。 (Sahara)
2016-10-31 10:57:00
 煉獄のシーンを再現したラングドン教授の幻想(ヴィジョン)のシーンは面白かったのですが、その他はイマイチですなあ。ストーリー自体は、別の設定でも何の問題もナイのです。例えば・・・『志賀直哉の初版本に隠された暗号を追って尾道から大山へ(暗夜行路)、明らかになった陰謀は「城崎温泉の源泉に世界を滅ぼすウイルスが入った時限爆弾が仕掛けられている」というものだった!』としても全然オッケー!こうするとTVサスペンス2時間ドラマになっちゃいますが、この方が『女湯から一斉に逃げ出す湯治客たち』というシーンが撮影できるのでウケそうです。全体としては『壮大なロケをしてTVサスペンス2時間ドラマ程度のストーリーを撮っちゃったね。ご苦労さん。』というのが見終わった私の感想です。
原作と違いすぎ (ポチ)
2016-10-31 12:33:27
はじめまして。よろしくお願いします。
吹替版で観ました。話の流れは原作に沿っているようですが、原作中のエピソードや謎解きの種になる話がほとんどカットされており、はっきり言って残念でした。
映画だけ観た方はそれなりにはらはらどきどきがあって楽しめたかもしれませんが。
長い話を2時間にまとめるためとはいえ、結末まで変えてしまって原作者がよく認めたものだと半ばあきれています。
Sahara様 (kiriy)
2016-10-31 14:41:05
はじめまして&コメントをありがとうございます♪

やっぱりこの作品での多くの方の不満所は、謎が後付けだって所ではないかと思います。どうしても推理部分が浅くなってしまいますよね。

志賀直哉の初版本の謎を解けと言うのも面白そうです。
私がついつい「京都殺人案内」を連想してしまったのも、あながちトンデモナイ連想ってわけではなかったって事ですね。(笑)

Saharaさんの記事も読みましたが、デスマスクは所有者が富豪である犯人さんだったと思います。だからあのような仕込みが出来たのではないかと思います。

私的には謎をマザーグースの歌に織り込んだりするのも好きな推理もののジャンルなので、後付けでもダンテの「神曲」のモチーフの中に謎を隠したと言うのは楽しめました。
天才ラングランドシリーズは好きですので、そこで感想は分かれるのかもしれませんね^^
ポチ様 (kiriy)
2016-10-31 14:48:31
はじめまして&コメントをありがとうございます。

原作とラストを変えてと解説にあったので、原作のラストはどんなだったのかと気になっていました。

そうですか。

>原作中のエピソードや謎解きの種になる話がほとんどカットされており、はっきり言って残念でした。

なんかますます原作が気になってしまいました。

どこかで読んだ短いレビューでは「原作は複雑で難しかったので分かり辛かったけれど、映画は分かりやすくて凄く面白く感じた。」と言うのもあって、映画はその分かりやすさが命なのかなと思ったのでした。

いずれにしても原作と映画の間には深い河が流れているのかもしれませんね。

そもそもですね、 (ボー)
2016-11-01 16:35:19
なんでラングドンさんに謎解きが与えられたのか、分からないんですけど。
なんで、止めるチャンスをあげるのか…。まあ、いいや。
ボー様 (kiriy)
2016-11-02 00:47:49
>なんでラングドンさんに謎解きが与えられたのか、分からないんですけど。

それはだね、明智君。
彼がその世界の主役だからだよ。  なんちゃって(笑)

行く先々で殺人事件と遭遇する葬儀屋さんやコナンと同じようなものかと。
まあ、一応、その謎は天才である彼にしか解けないって事になっているみたいだけれど、深く考えるとその設定は無いよね。

だからあまり深く考えない(笑)

なんかね、原作のラストにはまた凄いどんでん返しがあったみたいで、今はそこが気になってます。だからジプロックでも大丈夫だったのかナみたいな。
現在版「ノアの箱舟」 (iina)
2016-11-10 10:06:10
人類を淘汰するなんてことを、現代に発想するのは「ノアの箱舟」のようで、興味深かったです。

小説と筋が違う云々とかつっこみどころはあったとはいえ、映画は面白ければGOOD 

iina様 (kiriy)
2016-11-14 01:10:02
こんばんは。ちょっとブログ更新が停滞していたので、いつも遅いコメ返しがさらに遅れてすみませんでした。

>人類を淘汰するなんてことを、現代に発想するのは「ノアの箱舟」のようで、興味深かったです。

ノアの箱舟と言う発想は、まったく思いもよらなかったのですが、言われてみると、本当にそうですね。
「人類の淘汰」・・・・、たぶん私なんかは淘汰されちゃう方だと思うので、やっぱり許せないわ、ムキーっって言う気持ちになります(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
インフェルノ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ダン・ブラウン原作、ロン・ハワード監督。トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、オマール・シー、イルファン・カーン、ベン・フォスター、シセ・バベット・ク......
インフェルノ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(F) 世紀末の回想シーン(?)あれだけで1本の映画が
劇場鑑賞「インフェルノ」 (日々“是”精進! ver.F)
人類滅亡計画を、止めてみせる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201610280001/ 「インフェルノ」オリジナル・サウンドトラック [ ハンス・ジマー ]
インフェルノ (ただの映画好き日記)
記憶喪失状態でフィレンツェの病院で目覚めたロバート・ラングドン教授は何者かに命を狙われるも、
インフェルノ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、イルファン・カーン、オマール・シー、ベン・フォスター、シセ・バベット・クヌッセン 【解説】 人気作......
遠いようで近い。『インフェルノ』 (水曜日のシネマ日記)
人気作家ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの第3弾です。
インフェルノ (Akira's VOICE)
美しいロケーションだけが見どころ。  
インフェルノ / Inferno (勝手に映画評)
ネタバレあり。 ロバート・ラングトンシリーズ第三弾。 ラングトンシリーズは、イタリアや宗教を描くことが多く、少し難解に感じることが有るんですが、本作では今までに増して......
「インフェルノ」 (或る日の出来事)
フェリシティさんを見ると「ローグ・ワン」に思える。
『インフェルノ』('16初鑑賞98・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 10月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:30の回を鑑賞。 2D:字幕版。
『インフェルノ』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
ラングドン教授が目覚めたのはフィレンツェの病院だった。怪我をして運び込まれたようだが、ハーバードのキャンパスに居た筈の自分が何故ここにいるのか、思い出せない。そこへ銃......
「インフェルノ」 Inferno (2016 SONY) (事務職員へのこの1冊)
「ダ・ヴィンチ・コード」は見た。確か読者にリクエストされて見たんだった。それはおぼえてる。ではラングトン教授シリーズの二作目「天使と悪魔」は?……見た、と思う......
[映画『インフェルノ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・まあ、安心して楽しめる大作です。 このシリーズ、なんとなく歴史や芸術上の謎を知的ミステリーとして楽しませてくれるように思えて、実は、わりと「トンデモ」な娯楽作......
インフェルノ (もののはじめblog)
“地獄” もし人類が今のまま増え続け、100年後の未来には絶滅してしまうとしたら、あなたはそれを食い止めるために現在の人口を半分にすることに賛成か否か。大富豪の生化学者が......
「インフェルノ」 (ここなつ映画レビュー)
ロン・ハワード×トム・ハンクス。磐石である。磐石過ぎるきらいはあるものの、大層面白かった。生命を賭けて成し遂げようと思える仕事があるのが羨ましい。ついこの間までは常に......
今作もラングドンは走る (笑う社会人の生活)
3日のことですが、映画「インフェルノ」を鑑賞しました。 記憶喪失状態でフィレンツェの病院で目覚めたラングドン教授は何者かに命を狙われるも、医師シエナ・ブルックスの手引......