森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

「デスノート」見ました

2006-07-02 13:56:55 | 映画

「ふたりとも漫画のように美しい少年を演じられる稀有な俳優」

と、金子修介監督が絶賛する藤原竜也と松山ケンイチが、夜神月とLを演じる「デスノート」をどうしても映画館で見たかった。

 珍しく原作も読まずに、ストーリーもキャラも知らずに見た。だから原作の持つイメージを意識する必要はないわけで、そうやって見ると、藤原竜也は夜神月そのものに見えてしまう。

いつも思ってしまうことなのだが、天才と言われるほどの人物の頭脳戦のストーリーを描くのは、その設定に匹敵する脳を持っていなければ書けないのではないのだろか。だが、この作品を見ていて気がついた。もし本当に天才レベルの天才頭脳戦を見せられたら、かなりの詳しい解説を付けてくれないと、見ている凡庸な人間には理解できないに違いない。

だから、必要なのは「天才である」と言う設定と雰囲気だけなのではと思う。そうして見ると、凡庸な私にはかなり面白くて食い入るように見ている自分に気がつくほどだった。   

「キラはまれに見る自己顕示欲の強い、正義感面した、恥ずべき幼稚な犯罪者」

と言うのはLの言葉だが、まれに見る自己顕示欲の強さというのは、月の行動 を見れば納得のプロファイルだと思われた。犯罪者をこっそり処刑していくのではなく、がんがん処刑して、それを犯罪の抑止力に使うというのは幼稚でしかも天才っぽい発想だ。

 「月がデスノートに書く文字も僕の直筆です。字には自信がなくて、ちょっと恥ずかしいんですけど(笑)」

 パンフレットの中で藤原竜也がこう言っている。なんとなく、私は彼があんな字を書く人なのではと思っていたので、直筆を見れて嬉しいが、自信がもてる字とは確かに言い難いかもしれない。ただ、私は藤原竜也のファンなので、ここはひとつ彼の字を庇ってさしあげましょう。

もちろん全てに当てはまるわけではないが、私の周りの頭がいいなと思われる少年の多くは字が美しくない人が多い。

テレビのCMでもおなじみの学習塾では、子どものなかには小学校3年で方程式なんかも解ける(計算だけだけど)のも稀にいる。そうなるためにはかなりの枚数をこなさなければならず、勢い字も躍る。その塾がというわけではなく、まあ似たような事は天才を作っていく過程ではままありそうだ。

だから、彼の自信のないという字は、かえって天才の字としてリアリティがある

まあ、これは
―好きならば  毒まで食らう  ファン心理―というところでしょうか。

そして、松山ケンイチ。登場と同時に彼の言動や行動から目が放せなくなってしまった。完全に漫画キャラなのに、今の世の中、本当にLのような青年がいそうに感じてしまうのが不思議だ。

この映画で、私は松山ケンイチのファンに成ってしまったのだが、もう一人「リュ―ク」にも心惹かれてしまった。後編まで見てみないとわからないことだが(または、原作)、このリュークには、何か画策や裏があるのだろうか。もしないならば、

「捜査官は犯罪者じゃないぞ。」「詩織を愛していたんじゃないのか。」などという死神は、よっぽど月よりも人間らしい。

後編が楽しみだ。

 映画の帰りは、イチゴショートケーキを食べて、それからコンビニよって、ポテトチップのコンソメ味を買いました。なぜって、映画見てたら食べたくなりますよ。

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それから僕は | トップ | 何さ、卒業旅行って!! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
続きが気になります (ちんぺい)
2006-07-02 19:12:15
はじめまして。



ご訪問&TBありがとうございました。



映画版は原作と比べて、半分くらい別物でしたね。

でもとても面白い!!



キャスティングもなかなか良かったと思います。



後編、気になりますね。

早く続きが観たい!!

Unknown (kiriy)
2006-07-02 23:30:24
コメントありがとうございます。



原作はこれから読んでみようかなと思っていますが、映画は映画で面白かったですね。



確かに、後編早くみたいです。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-07-03 21:36:23
こんばんは♪

そっかぁ、kiriyさんは藤原竜也くんのファンだったのですね~。

ということは一昨年の「新選組!」も大ファンでしたか?

彼の総司は良かった!

そして私ご贔屓のOJ君演じる斎藤一との絡みもとても良かったですね~。

なんて、ついつい昔の話をしてしまいました。

「デスノート」の月のように何食わぬ顔で恐ろしい事をするのは藤原君にとても合った役だと思うので、後編も楽しみです!
ミチ様 (kiriy)
2006-07-05 00:15:25
そうなんです。藤原竜也、かわいい 「新撰組!」みていましたよー。彼は顔だけではなくて演技力が売りの人なので、総司の最後の時は滝のような涙でした。

それに、実はミチさんご贔屓のOJ君、彼もだーい好き!心優しい人切りを演じていましたよね。いろいろな意味で大好きなドラマでした。

あれっ?私もついつい、盛り上がってしまいました。



「デスノート」、後編も楽しみです。11月、だいぶ先のようですが、きっとあっという間にその時は来ちゃうのでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「デスノート(前編)」 (KASHIWA一市民)
「デスノート」 マンガはよく出来てますよね。 会社の先輩に借りて読んでます。 だけど、新刊コミックを借りるたびに、 それまでの話を忘れてしまう。。。 字が多い漫画って読むのが苦手で、一生懸命読んでいるんだけど、 ストーリーが進むにつれて、 人間関係 ...
映画「DEATH NOTE デスノート 前編」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「DEATH NOTE デスノート 前編」 大人気コミックの実写映画化。コミック版は私も読んでいて大好き!前編は3巻半ばくらいまでの内容(11巻まで発売中)で、映画独自のキャラも登場している。 ストーリーは、書き込んだ名前の人間に死をもたらすことが ...
【邦画】DEATH NOTE デスノート 前編 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出4/脚本4/撮影2/音響3/音楽3/美術2/衣装3/配役3/魅力4/テンポ4/合計35) 『評論』 一応
DEATH NOTE デスノート 前編 (Rocking Chair Blog)
監督:金子修介            原作:大場つぐみ 製作:2006年 日本 出演:*藤原達也 *松山ケンイチ *鹿賀丈史 *瀬戸朝香 原作のコミックは見た事がない...
【DVD】DEATH NOTE デスノート 前編 (新!やさぐれ日記)
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 「L change the WorLd」の前に折角だから見ておこう ▼感想 急いで後編も見なくてはっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(藤原竜也...