gooブログはじめました!キリヤ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
コジキジゲン

瓢箪から駒(馬・午・宇摩・甜・旨)→白いロバ・白驢

2016-10-31 01:16:57 | 古事記字源

 ・・・NHKスペシャル(16時50分~)「ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~(2016年8月13日)」の再放送を観たが、当時の「政府」の「カンボジアUNTAC(文民警察官の派遣と事件?・1993年5月4日)」も、「イラク派兵の自衛隊(PKO)」、そして現在の「政府」の「南スーダンの自衛隊(PKO)の海外派兵」とは如何にイイ加減なものなのかが、ワカル・・・政治屋、コウノ、ミヤザワ、コイズミ、そしてアベも現場では「銃」を向けられない「安全地帯」に存在したし、存在して「他人事」のハナシをしているようだ・・・「自衛隊の国際貢献とは自国民の命」を消耗させるコトなのか・・・ダレのタメに・・・
 市民社会の「平和なスポーツイベントに歓喜」が、「戦争への下敷き」、「メクラマシ」にされてはいないか・・・「戦争と平和」は「恋愛小説」なんだか、ドウなんだか・・・「戦争=平和」ではないハズだが、この世の中、ダレかにとっては「戦争=平和」なんだろう・・・「日本一のFighters」の歓喜には文句はないけれど・・・
 プロも、アマの「アスリート」も「重労働者」・・・古代ローマなら「剣闘士(グラディエーター=Gladiator=グラディアトル、グラディアートル)」、そして「センチュリアン(ケントゥリオ=centurio・古代ローマ軍の百人隊)」、「遣唐使(遣隋使)」も命がけだが・・・
 前回、書き込んだ「黄幢」だが、「巾(きれ・はば・キン)」が「童(わらべ・ドウ)」と合体している形象とは・・・童の被る「頭巾」、あるいは「帽子」と云うことか・・・あるいは「児童の防災頭巾」の変形?・・・「童=目を辛(針・立=辛の省略形)でつき通した召使・僕)」、「童=立+里(田十一)」は里に立てる「巾=旗・幡」か・・・「童」とはナンだろう・・・「僮(僕)・罿(あみ・ショウ)・瞳(ひとみ)・眸(ひとみ・ボウ)・撞(つく・ドウ・シュ)・鐘(かね・ショウ)・憧(あこがれ・ドウ・ショウ)」・・・つり鐘を撞く木の棒を「撞木(シュモク・トウボク)」、撞着(ドウチャク・トウチャク)は矛盾・・・
 どうやら、「童」の「形象」は「禿げた丸山」の形状?
 「おろか(愚か)」
 「角のまだ生えない牛や羊」
 「はげる(禿げる)」
 「頭髪がなくなる」
 「山に草木がなくなる(禿山)・・・丸山・圓(円)山?
  はげる=接げる・矧げる・剥(剝)げる・禿げる
      ハゲル=葉解留?
 「罪によって僮(しもべ・奴隷)となった者
  男を童、女を妾(しょう)という」
 「男の辠(つみ・自+辛)有るを奴と曰ひ、
  奴を童と曰ひ、
  女を妾と曰ふ、
  䇂(ケン・刺青のハリ)に従ひ、重の省聲」
 ・・・まるで、「春琴抄(しゅんきんしょう)・谷崎潤一郎の小説・盲目の三味線奏者・春琴(薬種問屋の二番目の娘、美少女)に丁稚の佐助が献身的に仕えていくはなし」が、イメージされるが・・・「鵙屋春琴」・・・「鵙=モズ・もず=百舌」・・・「鵙=貝(目八)+鳥」・・・
 兎に角、「黄幢」は「臣従のシルシの旗」だが、「成敗、討伐の象徴の旗」・・・「黄=共+田」→「廾一田八」・・・「田」は「狩りの地」である・・・
ーーーーー
 「瓢箪から駒(馬・午・宇摩・甜・旨)→白いロバ・白驢」・・・
 「小説、東遊記
  張果、
  騎驢應召、
  常乗一白驢、
  毎倒騎之、
  日行数百里、
  休息之時、
  雖折畳之、
  其、
  厚如紙、
  蔵於
  箱巾中」
   ↓↑
  恒州中条山に隠居
  尭(ギョウ)の時世に生まれ
  白驢(白い驢馬)に乗り、
  一日に数万里を行き、
  休息する時は驢を畳んで
  腰の瓢(ひさご・瓢箪)に納め、・・・蔵於
                 箱巾中で
                 瓢ではない、匣=箱・・・
  乗る時はその水を噴くと、
  忽ち驢が現れた・・・
  玄宗(ゲンソウ)の信任を得、
  都に招かれ、死後
  棲霞観を建立し祀(まつ)られた・・・
   ↓↑
ーーーーー
 「中国では
  藎草(ジンソウ)が
  黄色を染める染料になる
  深江輔仁『本草和名』(ca.918)藎草に、
 「和名加伊奈、一名阿之為」
  源順『倭名類聚抄』(ca.934)
 黄草は「加伊奈、本朝式云う刈安草」
  藎草は「和名加木奈、一云う阿之井」
  小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)藎草に
  「カリヤス和名鈔
 カイナ同上
   コブナグサ京師 
 サゝモドキ江州
  カイナグサ播州筑前」
 枝葉から
 黄色の染料を採る
  中国では、
  この
  黄色で官服を染めに・・・・・・官服は黄色?
 人々を使ってこの草を集めさせた
  (『詩経』小雅・采緑)
  その莖・葉・花を薬用にする(『中国本草図録』?/4392)
  『爾雅』釋草に
  「菉(リョク・ロク,lu)、
   王芻(オウスウ,wangchu)」と、・・・王の芻(蒭=馬草)
                    反芻=繰り返し
  その
  郭璞の注に
  「菉、蓐(ジョク,ru)也。
   今呼、
   鴟脚莎(シキャククサ,qijiaosuo)」
  日本では
  カリヤスとともに
  黄色染料として用いられた
  八丈島では、
  ツバキ(椿)の灰を
  媒染剤として
  黄八丈(キハチジョウ)を染めるのに用い
  八丈刈安(ハチジョウ-カリヤス)
  の名がある・・・らしい・・・
   ↓↑
  日本では藎草と思い違いし
  コブナグサ(小鮒草)が
  染め草となった
   (中国では全草を
    咳止めなどに用いる
    葉の形を
    魚のフナ(鮒・舩)
    に見たてた・・・・・言葉のカタチを仮の案に見立てた?
    カリヤスとともに
    黄色の染料として、
    黄八丈を染める)
  名の誤認から物の誤認が生じ・・・
   (日本語別名=カイナグサ(腕草)
          アシイ(脚藺)
          ハチジョウカリヤス(八丈刈安)
          イモグサ(イモ草)
          漢名=藎草(ジンソウ)
             菉(ロク・lu)
             ?(リョク・ロク・lü)
ーーーーー
  ↓↑
  瓢箪から駒が出た(とは、このコトで)。
  染料植物でないものが
  染料植物に化けたのである・・・牧野富太郎」
  (牧野富太郎・・・雑草という草はない、と云った)
   ↓↑
 ・・・「雑草」は分類上の一般名詞で、特集個別ではないのは当然であるカナ・・・
   ↓↑
 「昭和天皇、
  『何を言っているんですか。
   雑草という草はないんですよ。
   どの草にも名前はあるんです。
   どの植物にも名前があって、
   それぞれ自分の好きな場所を選んで
   生を営んでいるんです。
   人間の一方的な考えで、
   これを切って掃除してはいけませんよ』
 とおっしゃった」とか・・・昭和天皇は「科学者」だったが、気が付くのが遅かった?・・・
 「雑魚も、雑民も、雑兵も」存在しない、と・・・
ーーーーー 
   ↓↑
 同類のコトワザは
 「灰吹きから蛇が出る
  灰吹きから竜が上る
  嘘から出た実(まこと)」
 「灰吹き=灰や吸い殻を入れる竹筒」
ーーーーー
 瓢箪から駒・・・「荒唐無稽」なのは・・・「中国大返し」?・・・「備中大返し」天正十年六月(1582年6月~7月)・・・
  ↓↑
 豊臣秀吉の「千成瓢箪(ヒョウタン)」
 小馬印=金の逆さ瓢箪に金の切裂
 大馬印=金の軍配に朱の吹き流し
 「千成瓢箪」は
 「馬印」ではなく、
 「船印」に使用された・・・
  ↓↑
 瓢箪は干瓢(かんぴょう)に加工
 馬印(うまじるし)は、
 戦国時代の戦場において、
 武将が己の所在を明示するため
 馬側や
 本陣で
 長柄の先に付けた印で
 馬標、馬験とも・・・
 信長は美濃の斎藤攻めで、
 稲葉山城の攻略
 木下藤吉郎(秀吉)が、
 城の背後からの奇襲
 城に火を放ち、信長本隊に
 槍(竹)の先に付けた瓢箪を合図に送った
 稲葉山城、陥落(1567年)
 信長は藤吉郎に
 瓢箪を
 馬印にすることを許した・・・
 秀吉は、
 馬飼いの足軽
 草履取り
 後、
 台所奉行
  ↓↑
 馬印
 武将が己の所在を明示するため
 馬側や本陣で長柄の先に付けた印
 馬標、馬験とも
 豊臣秀吉時代
 小馬印=金の逆さ瓢箪に金の切裂
 大馬印=金の軍配に朱の吹き流し


 ↓↑

 秀吉は
 堀尾茂助を道案内役とし
 瓢箪を棒の上に着けて
 後続の軍兵(ぐんぴょう)への目印として掲げ、
 城を攻め落とした
  ↓↑
 「瓢箪」の「瓢」は「竹で編んだ円形の器」
 「瓢」=飲み物の器
 「箪」はご飯などの食べ物を入れる容器=弁当
ーーーーー
 ・・・ハコ・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヨイヨ(壹與、意予)決戦... | トップ | 黄色い玉葱なのか、長ネギの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古事記字源」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。