gooブログはじめました!キリヤ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
コジキジゲン

2017年に10分前・・・

2016-12-31 23:49:08 | 古事記字源

 ・・・「作意語の比」・・・拾弐解通参拾壱の土曜日・・・「觔斗雲(キントウン)=筋斗雲(キントウン)」・・・「石猿、孫悟空の飛行艇」・・・「觔(角+力)」は「筋(竹+肉+力)=竹+肋=竹+月+力」の同義異字であるらしい・・・漢字構成からの共通項は「力」であるが・・・

ーーーーー
 觔=すじ・キン・・・catty?猫のような・狡(ずるい・狡猾)
           悪意に満ちた・猫のように発言
           言動が意地悪な・・・
   数量詞・古代の計算重量单位「斤」
   筋=觔
     腱(けん)・靱帯(じんたい)・筋( すじ)
     皮下静脈血管・青筋
     肌・腱や筋に似たもの叶筋・葉脈
     筋斗=とんぼ返り・でんぐり返り
     筋斗返(とんぼかえ)り→蜻蛉(セイレイ)可重意
                 蜻蛉(かげろう)化重理
    翻筋斗(もんどり)をうって転ぶ→文度(怒・努)理
       (ホンキント)・・・本今(勤・金)斗
        転倒・転ぶこと
 ↓↑     ↓↑
 觔斗雲(キントウン)・・・孫悟空の乗る雲。
              ひと飛びで十万八千里
 解陽山(カイヨウサン)
 ↓↑
 如意真仙
 『西遊記』に登場する牛魔王の弟
 解陽山の
 破児洞に棲み、
 落胎泉の水を独占している
 武器は如意鉤
 ↓↑
 西梁の女人国で、
 三蔵法師と猪八戒が
 子母河の水を飲んで
 子を孕んでしまった時、
 孫悟空は・・・・・・・・孫が悟る空
 落胎泉
 の水をもらいに
 如意真仙を訪ねた。・・・意の如く、新撰
 紅孩児の件で・・・・・・紅の孩児(乳飲児・赤児・嬰児)
 孫悟空達に
 恨みを持っていた如意真仙は、
 落胎泉の水を分けるのを拒否し
 悟空は仕方なく強行するが、
 如意真仙は邪魔をした。
 悟空は
 自分が如意真仙と争っている隙に
 沙悟浄に、
 落胎泉の水を汲んで貰い、
 無事に
 三蔵と
 八戒に
 飲ませることに成功した。
 ↓↑
 悟空+悟浄+三蔵+八戒
 ・・・五+五+三+八=弐拾壱・・・似、拾う、位置(移置)?
10+11=21
        3×7=21
 ・・・五×五×三×八=六百・・・録比訳(秘訳・秘薬・秘鑰)
                 陸奥(むつ)の髀(腿の骨)
 ・・・600年(推古八年・庚申年)遣隋使派遣
     隋=開皇二十年
    新羅=建福十七年
 ・・・「六百番歌合」=鎌倉初期の歌合わせ
     建久三年(1192?)藤原良経邸で開催
     建久四年(1193?)藤原良経邸で開催     
     判者は藤原俊成
     作者は藤原定家・顕昭・慈円・寂蓮ら12人
     各人100題100首で、計1200首600番
 ・・・1192年8月21日(建久三年七月十二日・壬子年)
    源頼朝が征夷大将軍に就任
 ・・・1600年(慶長五年・庚子)
       2月17日
       ジョルダーノ・ブルーノ火炙り刑
       三月十六日リーフデ号
       豊後に漂着(ウイリアム・アダムス)
       九月十五日・関ヶ原の戦い
    中国 明萬歴二十八年・楊応龍の乱
       12月31日イギリス東インド会社設立
    李氏朝鮮宣祖三十三年
 ・・・紀元二千-六百年記念行事1940年(昭和15年)
    神武天皇即位紀元(皇紀)2-600年
 ↓↑
ーーーーー
 ・・・ブログ辞典を検索すると・・・
 觔=筋=すじ・キン
   細長い筋線維の束でできた肉
   筋骨・筋肉・筋力・心筋・腹筋
   細長い線状のもの
   鉄筋
   筋道・青筋・粗筋 (あらすじ) ・大筋
   川筋・首筋・毛筋・背筋・血筋・手筋
   鼻筋・腹筋・本筋・道筋
   筋斗返 (とんぼがえ) り
   翻筋斗 (もんどり)をうって転ぶ
    ↓↑
   細長くひと続きになっているもの
   肉を骨に付着させ、
   身体を作動させている組織
   縞模様
   家系、血統
   家柄、一門の流派
   素質、資質
   道理・道筋
   内容の概略
   繋がり
   細い物を数える単位
   道路、河川の繋がり
   為筋(ためすじ)・奥筋(おくすじ)・横筋
   すじ=理=理窟=理屈
      觔=筋
      脉=脈
      線=綫
      綫
      thread=スレッド
          処理過程を複数に分割した
          最小の処理単位
          関連テーマに対する一連の発言
      line=系列・系統
    ケイトウ・・・掲訳得?・・・芸当
     ↓↑
    「犬」の
   「翻筋斗=もんどり=翻觔斗」・・・掲訳得
     ↓↑
   「それは昔余所の犬のするのを見て、
    今までは永く忘れて居たことであった。
    クサカはそれをやる気になって、
    飛びあがって、
    翻筋斗(もんどり)をして、
    後脚でくるくる廻って見せた。
    それも中々手際よくは出来ない。
     レリヤはそれを見て吹き出して、
    「お母あさんも皆も御覧よ。
     クサカが芸をするよ。
     クサカもう一反やって御覧。
     それでいい、それでいい」といった。
    人々は馳せ集ってこれを見て笑った。
    クサカは相変らず翻筋斗をしたり、
    後脚を軸にしてくるくる廻ったりして居るのだ、
    しかし誰も
    この犬の目に表われて居る哀願するような
    気色を見るものはない。
    大人でも子供でも
    「クサチュカ、またやって御覧」
    という度に、
    犬は
    翻筋斗(もんどり)をしてくるくる廻って、
    しまいには皆に笑われながら仆たおれてしまう」
 ・・・「クサカ=クサチュカ」は野良犬の名前・・・
    小説「犬」
    アンドレーエフレオニード・ニコラーエヴィチ
    翻訳 森鴎外「犬」・明治四十三年一月
    青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)から
     ↓↑
http://www.aozora.gr.jp/cards/000907/files/4251_12065.html
ーーーーー
 ・・・「翻筋斗(もんどり)」・・・「翻訳の筋(すじ)を斗(はかる)」だろう。それで、「金斗運」かも?・・・「斗=柄杓(ひしゃく)の数量単位=液体の量をはかる角型、円型の桝(ます・枡・升・舛)で量った18リットル」、
 「北斗七星→妙音観音→北辰一刀流→千葉周作→坂本竜馬」、
 「大熊座=カリスト=the Plow・the Big Dipper」、
 「小北斗七星」
 「小熊座=アルカス=ポラリス (Polaris) 」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神は創造した人間に「つるは... | トップ | セイジンのシキ・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古事記字源」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。