gooブログはじめました!キリヤ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
コジキジゲン

簒奪・・・編纂・・・

2017-07-11 22:41:48 | 古事記字源

・・・「よしなに=葦名似」=「あしなに=葦名似」・・・「よしなに=旨い具合いになるように・よいように・お好きなように・御自由に・よろしく」、「 よしなにお伝えください」、「適切に適正・然る可く・然るべく・適切・しかるべく・適宜」、「よい関係、付き合い、間柄を相手に依頼する挨拶」、「よろしくお願いします・宜しくお願いします・よろしく・是非ともよろしくお願いします・何卒よろしくお願い致します・今後ともよろしくお願い致します・以上よろしくお願いします・引き続き宜しくお願いします・以後ともよろしくお願い致します・よしなに」・・・「和名類聚抄」・・・「波伯吉国→伯耆国(ほうきのくに)」、「吉備道中国→備中国」、「粟国→阿波国」、「木国→紀伊国」・・・「泉国→和泉国」は中国の「泉州」と区別する「和の泉国(泉州移民)」だったカモ・・・
ーー↓↑ーー
 なぜか、「むさし」が「牟差示(佐志)・六三四」でなく、「武蔵・武藏」・・・「みやもとむさし=宮本武蔵」・・・
 幼名
 辨助(弁助・弁之助)
 諱
 玄信(はるのぶ)
 別名
 藤原玄信
 新免武蔵守・新免玄信・新免武蔵
 宮本二天・宮本武蔵
 ↓↑
 兵庫県・・・武器の蔵
 律令制の国で
 摂津国
 丹波国
 の各西半分および
 但馬国
 播磨国
 淡路国
 の各全域に当たり
 美作国
 備前国
 の各一部も含み
 計7か国にまたがる
 「兵庫」の由来
 天智天皇の治世に
 兵の武器の倉庫
 「つわものぐら(兵庫)」
 があったことから・・・「武蔵」・・・「陸参肆」、「残滓・惨死・慙死」・・・
 「6+3+4=13=壱拾参→位置を拾う簒(纂)」
 「簒=サン・うばう・うばいとる・横取りする・簒奪・簒立」
 「纂=サン・あつめる・くみひも
    あつめてまとめる・纂修・編纂
    つぐ・受け継ぐ・纂承・纘(サン)
    くみひも・組紐」
 「6x3x4=72=七拾弐=漆拾貮→ウルシを拾う似(爾)」
           氵+桼→類字は「黍(きび→吉備・驥尾)」
ーー↓↑ーー
 「藏=(動詞)かくす・祕藏・くら
    藏人所・藏人頭
    内臓・地藏・贓物
    チベット=西藏
    蔵=藏=ゾウ・ザウ
    くら・かくす・おさめる
    しまっておく
    隠して表に現さない
    蔵書・蔵匿・愛蔵・家蔵・死蔵
    収蔵・所蔵・退蔵・貯蔵・内蔵
    秘蔵・腹蔵・包蔵・埋蔵・冷蔵
ーー↓↑ーー
 「无耶志=无射志=胸刺→新羅移民→武蔵→埼玉」・・・「胸(月匈・肉匈)の刺、金の刺」の「刺(さし・さす・とげ・シ)」って、「刺=耶志=射志」・・・
ーー↓↑ーー
 「よしなに」=「よし」+「な」+「に」
       =「よ」+「しな」+「に」
 「よし=良し」+「な(~のよう)」+「に」
                 「に=なり」
 「よ=良い」+「しな(経過)」+「に」
                 「に=なり」
「よい=良い」+「名」+「に=似・爾」
ーー↓↑ーー
 「胞衣=エナ・イナ」・・・・・恵那・伊那
     胎児を包んだ膜と胎盤
     後産
     胞=外皮でまるく包むの意
ーー↓↑ーー
 「よしなに」
ーー↓↑ーー
 「良字=好字=佳字」・・・
 「好字二字化令
 (和銅六年(713年)五月二日・甲子の条)
     西暦713年6月3日火曜日赤口・(グレゴリオ)
     西暦713年5月30日(ユリウス)」・・・
 713年癸丑(癸・辛・己)
  6月丁巳(戊・庚・丙)
  3日甲子(壬・癸)
ーー↓↑ーー
 「悪(あ)し名」を「良(よ)し名」に変えた・・・
 「あしな=葦名=蘆名=芦名=足名=芦品=蘆品=尼子名
  アシナ=アテナ(Athena・アテーナー(Ἀθηνᾶ, Athēnā・Ἀθήνη, Athēnē アテーネー・Ἀθάνα, Athana アタナ・Ἀθηναίη・アテナ、アテネ)?」・・・
ーー↓↑ーー
 「グナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナ
  Gnaeus    Cornelius  Scipio  Asina
 (ラテン語)
 紀元前3世紀、生没年不詳
 第一次ポエニ戦争期の共和政ローマの政治家・軍人
 「アシナ」=「ロバ(驢馬)ラテン語」
 「ローマの名門のコルネリウス氏族」
ーー↓↑ーー
 「アセナ(Asena、アシナ)=雌狼(テュルク神話)」
 および、
 「雌狼の生んだ十人の息子のうちの一人の名前
  オオカミ(テュルクの神話)
  トルコではトルコ民族を象徴する存在」
ーー↓↑ーー
 アセナという名の
 青い鬣(たてがみ・立て髪)をした
 牝(メス)の
 狼(オオカミ)が
 傷ついた少年を助け傷をいやし
 やがてオオカミと少年の間に
 十人の子供たちが生まれ
 オオカミと人間の血をひく
 アセナに率いられたこの子供たちが
 やがて
 アシナ氏族(阿史那氏)を築き
 突厥帝国(Göktürk)の中核となった・・・
 阿史那氏は興安嶺からカスピ海、カフカース
 に至る広域な版図を築き
 匈奴を凌ぐほどの大規模な遊牧国家を建国
 権力構造は各地に君主を置いての
 分権的支配構造・・・
ーー↓↑ーー
 ウイグル人の民話など、他の
 テュルク系民族の神話とも共通し
 司馬遷の「史記」にも登場・・・
ーー↓↑ーー
 テュルク人の村が
 中国の軍に襲われ全員が殺され
 司令官は唯一残った赤ん坊を憐れみ
 手足を切ってオオカミの住む草むらに投げ捨てた
 司令官は後でこの判断を悔やみ
 置いてきた赤ん坊を殺そうとしたが
 赤ん坊はすでに
 空色の立て髪の
 アセナという名の雌狼に助けられ
 アセナはこの赤ん坊の傷をいやし
 やがて大きくなった赤ん坊と
 アセナの間に
 阿史那氏
 の祖先となる子供が生まれた
ーー↓↑ーー
 アセナ(エルゲネコン伝説)
 テュルクの祖先がモンゴル人との戦いに敗れ
 生き残りが
 アルタイ山中・・・阿爾泰山脈=金の山(モンゴル語)
 ↓↑       ロシア、カザフスタン、
          モンゴルから中国にかけての山岳
          アルタイ山脈の最高峰はベルーハ山の
          氷河は
          オビ河の源流・・・帯河・・・飫肥掛話?
 ↓↑       ↓↑↓↑
          わし座(鷲座、Aquila)
          トレミーの48星座の1
          アルタイル(七夕の彦星・牽牛星)
          アルタイル(Altair)と、
          はくちょう座のα星デネブ、
          こと座のα星ベガの3つの1等星で
          夏の大三角と呼ばれる
 ↓↑       大きな二等辺三角形を形成
 の奥深くにある細道を抜け
 豊かな谷間
 エルゲネコン(Ergenekon)にたどりつき
 数世代にわたり暮らして勢力を回復
 エルゲネコンから外の世界へ出ようとした
 子孫らは出口の細道が分からずに行き先を見失うが
 そこに現れた
 メスオオカミの導きで
 エルゲネコンから出ることができ
 モンゴル人を打ち負かした・・・
ーー↓↑ーー
 テュルク諸族
 トルコ語
 アゼルバイジャンのアゼリ語
 ヴォルガ・ ブルガール語
 トルクメン語
 ウイグル語
 西は小アジアから東は
 新疆ウイグル自治区までの領域・・・
 「アナトリア」
 「アナト=女神」・・・「穴戸」=「神功皇后」
  民族的には中央アジアのテュルク系
 アナトリア半島
 ギリシア語
 Ανατολία, Anatolia=Aνατολή, Anatolē
 トルコ語
 Anadolu
 アジア大陸最西部で西アジアの一部をなす地域
 トルコ共和国のアジア部分
 ギリシア語
 「日の出」に由来
 トルコ語
 アナドル(Anadolu)・・・侮る・蔑?
 アナトリアの名称・・・・・穴+鳥+鴉=ミズナギドリ(水薙鳥)
                   と総称
 東ローマ帝国皇帝
 コンスタンティヌス7世が
 軍管区を置いた際
 アナトリコン(日出づる場所)と命名
ーー↓↑ーー
 「くたばる・くたばれ」・・・草臥(くたび)れる?・・・茨城弁・・・斃る(くたばる・敝+死)・・・「苦+多+這+留」?
 「㡀(説文解字)=㡀は布を左右に裂くこと・敝はそれに攴 動詞の記号を加えた字・(漢字源)=㡀(ヘイ)+攴(ボク)・㡀は縫い飾りのある礼装用のひざかけ、その飾りはいたみやすく、攴を加え敝敗の意を示す・・・敝=やぶれる・やぶる・おとろえる・つかれる・ヘイ・やぶる・ぼろぼろになる・敝衣・つかれる・よわる・自分のことにつける謙称・・・
ーー↓↑ーー
 ヒッタイト人の国家、ヒッタイト王国(ヒッタイト帝国・B.C.17C~B.C.1200?)の存在が確認されたのは、B.C.1680年頃
 ラバルナ1世(位B.C.17C)が建国者
 ラバルナ1世建国のヒッタイト王国は"古王国"
 始祖ラバルナの名
 ヒッタイトの
 「大王」の称号「ラバルナ(タバルナ)」としても使用
 王妃
 タワナアンナ(生没年不明)の名も
 王妃の称号を表すようになる
ーー↓↑ーー
 アテナ女神
 アテーナイのアクロポリスに
 パルテノーン(処女宮、Parthenon)の神殿を持ち
 梟を自己の聖なる動物としていた
 女神を
 グラウコーピス・アテーネー
 (glaukopis Athene)と
 ホメーロスは呼ぶが、
 定型修飾称号の
 「グラウコーピス」は
 「輝く瞳を持った者」
 「灰色・青い瞳を持った者」
 というのが本来の意味と考えられる
 梟(グラウクス)と関連付け
 「梟の貌を持った者」
 女神は
 知恵を表す蛇
 オリーブを平和の象徴
 としていた
 アテーナイ市で
 7月に行われるパンアテーナイア祭
 アテーナイの支配権をめぐって、
 海神ポセイドーン・・・・須佐之男?
 と
 アテーナー・・・・・・・天照大神?
 が争った
ーー↓↑ーー
 異伝
 アッティカから崇拝を受ける権利を
 ポセイドーン
 と
 アテーナー
 が争い
 ポセイドーンが自分の三叉の矛を用いて
 アッティカのアクロポリスの中央に泉を生じさせた
 次に
 アテーナーが
 アッティカにオリーブの木を植え
 アテーナーは
 ケクロプスに対し、
 彼女が先に木を植えたと証言するよう命じ
 2神の争いを神々が審判
 ケクロプスはアテーナーに有利な証言をし
 アッティカはアテーナーのものとなり
 「アテナイ」
 と呼ばれるようになった
ーーーーー
 ・・・当て音・宛て名・・・アテナイ・・・???・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トネリ=訳練り・・・舎人の... | トップ | はやぶさ・・・ホルス・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。