gooブログはじめました!キリヤ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
コジキジゲン

矛盾・予言・序文・・・預金の相違・・・

2017-06-16 00:20:37 | 古事記字源

 ・・・「マ」・・・前回、「マ」の漢字を探索、思索、妄想したが、以前にも既にやったいたなッ。ダガ、ボク的にはすぐ忘れて「同じ」ことを何度も繰り返すのが習性=シュウセイ=「修正・修整・周正・集成」らしい・・・
ーーーーー
 「矛(ほこ)」
 「戈(ほこ)」
 「桙(ほこ)→(木+ム+牛)」
 「鉾(ほこ)→(金+ム+牛)」
 ・・・「牟(ム)=鳴(な)く
          牛(ウシ)の鳴き声
          むさぼる・奪う・かぶと(兜・冑)」
 「ほこ=戞・鋒・戟・戈・殳)」
 「矛(ほこ)→矛盾(楯)」
 「矛」→「マ→々・同・仝・・・ま→未・末・摩・麻
      +
      了(おわる・おえる・さとる・リョウ・レウ
        終わりになる・けりがつく・…してしまう
        完了・議了・校了・修了・終了・投了・読了
        満了・未了・魅了
        はっきりとさとる
        了悟・了得
        明らか
        了=おわる・おえる・完了・終了
          あきらか・はっきりしている・さとる
          承知する
          了解・了然
          類字「瞭(リョウ)」
          「諒(リョウ)」の書きかえ字
           完了・校了・修了・終了・投了・読了
        了=物事にさっぱりと結末がつく
          物事に結末をつける
          さとる・はっきりとわかる
          まったく・さっぱり
          完了の意をあらわす接尾辞
      +
      丿(右より左へ戾る首を擧げて體を伸ぶる
        右より戻るなり、左に引く形に象る、
        凡そ「丿」の屬は皆な「丿」に従ふ
        (説文解字)
        右上から左下に引く斜線(字通)
        右上から左下に引いた形を示すもの
        わける、はらうの意。(漢字源)
        丿(ひく・ヘツ・ヘチ)」

 「柔(やわらかい)→柔和・柔軟」
 「予(たまう・あたえる・あらかじめ・かねて
    われ・ゆるす・くずる・おこたる
 「予=古代中国の九州の一
    河南省全部と山東・湖北省の一部」
 「予→予言・予価・予感・予告・予算
    予選・予想・予測・予断・予知
    予定・予備・予防・予約」
 「預(あずかる)=予+頁」→「預言・預貯金」の構成部分・・・
 それに、
 「序文」・・・
 「序=广(まだれ・ゲン・ゴン)
    予=マ+了
    文=亠(音の略字・ズ)
      乂(かる・おさめる・ガイ・ゲ)」
 「序=かき・ジョ」
   垣根(家や庭の区画を限る
   囲いや仕切り)
   壁
   母屋(敷地内の中心建物)の両側の部屋
   まなびや(学校)
   順序
   ついず
   順序・階級などを定める
   順序正しく並べる
   順を追って述べる
   (初めから順番に述べる)
   糸の先端、はし(端)
   文体の名前
   前書(まえがき)
   (文に入る前に簡単に書き添える文書)
   序文
   会意兼形声文字・广+予
   屋根の象形(建物)
   機織りの横糸を
   自由に走らせる為の道具」の象形
   (伸びる意味)
   家の東西に伸びた
   垣根(かきね)
  「叙(ジョ)」に通じ同じ読みを持つ
  「叙」と同じ意味を持つようになって、
  「順序」の意味も表す
  「序=ついで・はしがき・まなびや・ジョ
  「つき・つぐ・つね・のぶ・ひさし」
 「機序(キジョ)=ものごとが動いたり
          成り立っていたりすることの
          背景にある仕組み・機構
          薬品の作用の機序
  ↓↑
 「マ」の結論は・・・
 「同=々(漢字文章で同じ漢字の繰り返しに使う記号)」・・・
 「々」は記号なのか?・・・
 「々=ノ+マ」=「漢字ではなく、反復記号の一種で
         漢字ではなく、固有の読みもない
         漢字を繰り返す場合に使う記号
         同の字点と呼ぶ事も
         印刷関係ではノマと呼ぶ」・・・
 「々」を分解するとカタカナの「ノ+マ」・・・?
 「マ」は「記号の々」の「ノ」を「除いた、省いた部分」・・・?
 ・・・ならば、「マ」は「同・仝・々」ではないが・・・「ノ」を「除いた、省いた部分」であっても「同(おなじ)繰り返しの意味」とするのか・・・「乃(すなわち)、マ」である・・・?
 「の=ノ=之・埜・孥・野・廼・抒・舒・能」を省いた「マ」?
 「々=勹(ノ)+ヽ(片仮名繰り返し記号・一つ点)」?
 「々=ク」+「ヽ(チョン・ゝ=ポチ・灯火・主)」
 「々=ノ一𠂉(髪挿し)」+「丄」?
 「々=同(I+司)=仝(𠆢エ)」
 「象・魚・角」の「ク=頭・蓋骨」?
 「象=かたどる・似せる・ショウ・シャウ・ゾウ・ザウ
    物の形・目に見えるすがた
    印象・気象・具象・形象・現象・事象
    心象・対象・万象
    物の形をかたどる
    象形・象徴・・・
         豫(あらかじめ・ヨ・預)→「象=頁」?
    ゾウ・鼻が長く巨大な哺乳動物
 ↓↑
 「踊り字、躍り字(おどりじ)は、
 日本語の表記で使用される
 「約物(特殊記号)」の一群で
 「々、ヽ、ゝ」などが
 「おどり、繰り返し符号と呼ばれる」
 「約物=やくもの・punctuation mark
     言語の記述に使用する記述記号類の総称
     専らフォントなど組版を意識して使われる用語
     句読点・疑問符・括弧・アクセント
     などのこと
     元は印刷用語で、「しめくくるもの」の意」
 「約物は役物とも書く」・・・訳物・訳者・薬物・薬者・・・
 「漢字字では無く記号」=「アルファベットのような表音文字であれ、漢字のような表意文字であれ、
 「字」であるためには、
 少なくとも
 ある一定の「音」を表している必要がある」・・・?
 記号も符号も「読み」はあるだろう・・・

 無音の漢字もある・・・「黙字」・・・「字を黙らせる」?
 ↓↑
 日本語での漢文読みで
 訓読の際に読まない字(而など)を
 「黙字」、「置き字」というが、
 これは日本語として省略するだけ
 (実際には助詞を加えている)
 であって、
 本来の中国語では読む字である・・・
 日本語の熟字訓、特に地名表記には、実際には読まない黙字を含むものもある。
 「服部(はっとり)」の「部」
 「右衛門(えもん)」の「右」
 「和泉(いずみ)」の「和」
 「伊達(だて)」の「伊」
 など・・・
 「施薬院(やくいん)と読まれ、
 「施」を読まないことが多かった・・・
 ↓↑
 「黙字(もくじ)」
 単語や文を表す綴りの中で、
 発音されない表音文字や、
 読み上げられることのない字素のこと
 あとづけ的に挿入された「黙字」・・・
 ↓↑
 「々」は「仝」
 「同」の異体字の
 「草書体」から生まれてきた・・・
 「ドウの字点」と呼ばれたり、
 漢字の「二」から生まれてきたとされるところから
 「ニの字点=揺すり点」と呼ばれたり、
 直前の文字を繰り返すことから
 「おどり字」・・・
 「々」は、
 中国で同じ文字を繰り返すという意味の
 「重文号」が、日本で変化した・・・
 「同→仝」が変化した・・・説・・・
 「重文号」は、例えば、縦書きで
 「好々爺」=「好₂ニ爺」
 の「好」の右下に小さく「二」と書いて、
 「好」をもう一字繰り返す・・・
 ↓↑
 「朱仝(シュウドウ・水滸伝)=朱同」
 「盧仝(ロドウ・唐)=盧同」
ーーーーー
 「𤔔」は「縺(もつ)れた糸」、
 「乙(乚)」は「骨篦(べら)」・・・
 「骨べら=乙・乚」で
 「縺(もつ)れた糸を解(ほぐ)す・故におさめる意(字通)」、
 「亂の
  左の部分(𤔔)は
  糸を上下から手で引っぱるさま(受・冂・ム・又)
  右の部分は乙(乚篦)で押さえるさま」・・・
 すると「乙=乚」の字形は
 「杼(ひ)や筬(おさ)」と呼ばれる道具・・・
 「予は杼の初文、
  杼は織物の横糸を通す道具・・・・杼
  これで糸を送ることを抒・・・・・抒
  その送る糸を紓という・・・・・・紓
  紐を井中に深くのばして、
  井水を挹(く)むことも抒・・・・抒
  杼(ひ)=機(はた)の横糸をのばし出す、糸巻き
       予(説文解字)
       その末端に糸のあらわれている形(字通)
       予=口印をひっぱってずらしたさま
         糸をのばして出す木製の糸巻き(漢字源) 」
 「杼(ひ)=1本の棒に緯糸(たていと)を巻いて用いていた」
ーーーーー
 ・・・中途半端だけれど・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 領=リョウ=遼=リョウ=漁... | トップ | ぞろ目・ゾロ目・・・揃目・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古事記字源」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。