gooブログはじめました!キリヤ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
コジキジゲン

オオカミの変貌、変身・・・ジャッカル・・・アヌビス・・・

2017-07-23 22:54:26 | 古事記字源

 ・・・東北、秋田 雄物川と福部内川、猿田川が氾濫、大雨、河川氾濫、大洪水・・・みなさん、ガンバって・・・お見舞い致します・・・TVのニュースを観ながら為す術もなく、「嗚呼、またかッ!」と、溜息ばかりデス・・・「嗚(口+烏)」、「呼(口+乎)」・・・「須佐之男=スサノオ=素戔男=素戔嗚」の「尊=ミコト→見事」、太陽神、天照大神(おおかみ)の弟だが、退治したのは「ヤマタノオロチ(八岐大蛇・八俣遠呂智・八俣遠呂知)」だが、「河川の堤防の治水工事」だったと考えたいが・・・豪雨と日照り、旱魃は「両行」の表裏一体である・・・
 「烏(からす・ウ)」の漢字は「鳥」の漢字と比べ「一(壱・壹)」が無いのである・・・大陸、半島の「韓の州」には「一(壱・壹)=位置・位地・市」がない、と云うコトである?・・・「韓」には「壱の與」、「壹・臺・市」與、「十三歳の卑弥呼の宗女」の「イチ与・イチ輿」、「與=地図・地理史・御輿(神輿)」が存在しない?、であるカナ・・・「蒼きオオカミ」の・・・「情報」、「人情」、「愛情」・・・「情=忄(心)+青(主+月)」・・・「月」は「月=肉(ジク→字句)=舟=冃(頭巾・ボウ)」の代用の偏旁=ヘンボウ=変貌・・・
ーーーーー
 異国情緒・異国情調・一往深情・一切有情・有情世間・有情非情
 烏鳥私情=烏鳥私情、三枝之礼、 反哺之孝(ハンポのコウ)
      烏(からす)の子が成長してから親烏に
      食物を咥(くわ)え与えて養育の恩に報いるように
      反哺して親の恩に報いるような孝行」
      烏賊(いか)=烏(からす)を騙して巻き取る
             いか=墨魚・烏鰂・烏鯽
      烏(な)んぞ、有らんや=どうして有るだろうか
 感情移入
  ↓↑
 「情=なさけ・ジョウ
    情合・情愛・情意・情意投合
    情炎・情縁・情火・情歌
    情景・情交
    情が移(染・罹)る
  ↓↑    
    温情・苦情・強情・私情・事情・実情・純情
    情状・心情・痴情・同情・内情・人情・発情・非情
    欲情・懇情・有情・春情・詩情
  ↓↑
    人が本来もっている性質
    他人を気の毒だと思う気持ち
    思いやり
    愛情・恋情・情交・ 情を交わす
    実際の様子・事情・情を知る・情を通じる
    意地。頑固
    情緒・情調
    純情可憐
    情状酌量
ーーーーー



 オオカミの変貌、変身・・・
 「ジャッカル(ジャコール)
  キンイロジャッカル(Canis aureus)
  シュリガーラ (śṛgāla)
  胡狼・Jackal・野干・悉伽羅
  シャガール (shaghāl)
  チャカル (çakal) )」
 「アヌビス(Anubis・エジプト語ラテン文字転写=inpu(インプゥ)・古代ギリシア語(Ánūbis) )・アンプウ・ミイラ作りの神(imiut)・冥界の神・リコポリスの守護神」
ーー↓↑ーー
「烏焉魯魚(ウエンロギョ)=文字の書き誤り」
 「烏と焉」、「魯と魚」の字形が似て、間違えやすい
  ↓↑
 「烏焉成馬(ウエンセイバ)」
 「魯魚之謬(ロギョのあやまり」
 「魯魚亥豕(ロギョガイシ)」
 「魯魚陶陰(ロギョトウイン)」
 「魯魚章草(ロギョソウショウ)」
 「魯魚帝虎(ロギョテイコ)」
 「亥豕之譌(ガイシのガ)」
 「焉馬之誤(エンバのあやまり)」
 「三豕渡河(サンシトカ)」
  ↓↑
 「烏喙(ウカイ)」=カラスのようなくちばし・欲深い人相
 「烏克蘭(ウクライナ)=Wikipedia」
  ヨーロッパ東部、黒海北岸に臨む
  チェルノーゼム地帯を占める共和国
  ↓↑
 「烏合の衆=ウゴウのシュウ」=規律も統一もなく
                寄せ集められた多くの人々
                「烏集の交わり」
 「烏骨鶏(ウコッケイ)=ニワトリの一品種、東アジア原産
             観賞用、食肉用
             皮膚・肉・骨が暗紫色を帯びている
  ↓↑ 
 「烏盞(ウサン)」=黒の釉うわぐすりをかけた
           天目てんもく茶碗・献茶に用いる
           「胡盞」とも書く
  ↓↑
 「烏漆(ウシツ)」=漆黒・光沢のある黒色
 「烏鵲(ウジャク・ウシャク)」=カササギ・カササギとカラス
 「烏鵲の智(ウジャクのチ」=遠い先のことばかり心配して
               身近な危険を考えないこと
      カササギが強風を避けて
      低い枝に巣を作るのはよいが
      そのために
      ヒナや卵が危険にさらされることを忘れている
      「烏鵲=鳥鵲」とも
  ↓↑
 「烏鵲橋(ウジャクキョウ」=七夕、牽牛と織女を会わせるため
               カササギが翼を並べて
               天の川に渡す橋
               男女の仲を取り持つものの意
              「鵲の渡せる橋」
              「鵲の橋」
              「鵲橋(ジャッキョウ)」
  ↓↑
 「烏集(ウシュウ)」=囀る烏のように寄り集まること=「烏合」
 「烏集の交わり」=相手かまわず結びついた交わり
          利欲のためにすぐに争いを起こす交わり
 「烏頭(ウズ・ウヅ)」=トリカブトの根
             有毒でアコニチンを含有
             鎮痛剤・麻酔剤
             附子(ブシ)
             カラスの頭に似た形をしている
  ↓↑
 「烏鳥の私情」=子どもが親に養われた恩を忘れずに
         孝養をつくす情愛
         カラスは雛のとき養われた恩返しに
         口の中に含んだ食物を口づたえに
         親鳥に食べさせる孝行心があるという伝説
        「烏鳥私情」
        「反哺(ハンポ)之孝(コウ)」「
        「反哺之心」
「反哺之羞(シュウ)」
        「三枝之礼(サンシのレイ)」
        「慈烏反哺(ジウハンポ)」
  ↓↑
 「烏兎(ウト)」=太陽と月
          太陽にはカラス(金烏)
          月にはウサギ(玉兎)
          年月・月日・歳月
 「烏兎匆匆(ウトソウソウ)」=月日が
                慌(あわ)ただしく
                過ぎ去るようす
 「烏飛兎走(ウヒトソウ)」
  「露往霜来(ロオウソウライ)」
  「光陰如箭(コウインジョセン)」
 「烏白馬角(ウハクバカク)」=絶対に起こりえないこと
                カラスの頭が白くなり
                馬に角が生える
                「亀毛兎角」・「兎角亀毛」
 「烏飛兎走(ウヒトソウ)」=「烏兎匆匆」=「兎走烏飛」
  ↓↑
 「烏文木(ウブンボク)」=黒檀(コクタン)
              「烏木(ウボク)」とも
  ↓↑
 「烏薬(ウヤク)」=テンダイウヤク・その根を乾燥した生薬
           漢方で健胃薬・鎮痙薬
  ↓↑
 「烏有(ウユウ)」=まったくないこと・何もなくなること
           「烏いずくんぞ有らんや」
           「烏有に帰す」
           何もなくなる
           火災などですべてを失う
           「苦労して集めた書物も烏有に帰(属)す」
           「灰燼(カイジン)に帰す」
  ↓↑
 「烏魯木斉(ウルムチ)」=ウルムチ(Wulumuqi)
              中国新彊ウイグル自治区の区都
  ↓↑
 「烏鷺(ウロ)=カラスとサギ・黒と白のこと
         囲碁の別称
 「烏鷺の勝敗を決する」=「烏鷺の争い」=囲碁の勝負
  ↓↑
「烏帽子(えぼし)」=昔、元服した公家、武士などが
            かぶった帽子
            古くは紗絹(シャキヌ)
            後に
            紙を使い黒い漆でぬり固めて作った
  ↓↑
「烏滸(オコ)」=愚かなこと(人)・ばかげたこと(人)
         「烏滸の沙汰(ばかばかしいこと)」
          「尾籠・痴」とも
「烏滸(おこがましい)」=おこがましい・ばかげている
              みっともない
             「口にするのも烏滸がましい」
             「身のほどしらずでなまいきである」
             「さしでがましい」
  ↓↑
 「烏=からす・ウ」
 カラス科の鳥
 体色は黒・雑食性・鳥類の中で知能が高い
 カラス=ハシブトガラス・ハシボソガラスの二種
     翼長35?前後
     人里近くの高い木などで群れて生活
     昔から不吉な鳥・・・?
     「鴉・慈鳥」とも書く
  ↓↑
 「烏竹(くろちく)」=ハチクの栽培変種
            茎が紫褐色・細工物などに用いる
            「紫竹、黒竹」とも書く。
 「烏豆(くろまめ)」=大豆の一種・豆の外皮の黒いもの
            正月のおせち料理などで用いる
            「黒豆」とも書
 「烏樟(くろもじ)」=クスノキ科の落葉低木
            「クロモジ(烏樟)=黒文字」とも
 「烏芋(くわい)」=オモダカ科の多年草
           野菜として水田などで栽培
           青みがかった塊状の地下茎を食用にする
           球塊の上部に芽が出ていることから
           「芽が出る・めでたい」として
           正月料理などに使う
           「慈姑」とも書く
 「烏木(こくたん)
 東南アジアに分布する
 カキノキ科の常緑高木
 光沢のある黒色の材は緻密で堅く
 高級家具などの材料
 「烏木」は漢名から。「黒檀」とも書く
  ↓↑
 「烏臼(なんきんはぜ)」
 トウダイグサ科の落葉高木
 中国原産・暖地で栽培・葉は菱形で紅葉が美しい
 種子からとった脂肪は
 石鹸、蠟燭(ろうそく)の原料
 根皮は利尿剤
 「南京黄櫨」とも書く。
  ↓↑
 「烏玉・烏珠=ぬばたま」
 黒い珠、ヒオウギ(檜扇)の実のこと・・・
 和歌において
 「ぬばたまの~」は
「黒・夜・髪・夢」などにかかる枕詞
 「射干玉・野干玉」とも書く
 「うばたま・むばたま」ともいう。
  ↓↑
 「屋烏の愛(オクウのアイ)」
 人を愛すると
 その家の上にとまっている烏までも
イトおしくなるということ
 愛情が深いこと
 「愛及屋烏(アイキュウオクウ)
  愛屋及烏(アイオクキュウウ)」
  ↓↑
「金烏玉兎(キンウギャクト)」=太陽と月・月日のたとえ
 「金烏」=太陽にいるという三本足のカラスで日
     月にいるというウサギで月
 「白兎赤烏(ハクトセキウ)」
 「慈烏反哺(ジウハンポ)」
 子どもが親の恩に報いて親孝行を尽くすこと
 カラスは成長すると親に口移しで餌を与えるということから
 「慈烏」=カラスの異称
 「反哺」=口の中の餌を口移しで食べさせること
 「烏鳥の私情」
 「反哺之孝・反哺之心・反哺之羞・三枝之礼」
  ↓↑
 「白兎赤烏(ハクトセキウ)」=時間のこと
                烏兎
                「金烏玉兎」
  ↓↑
 カラスの象形
 金文の字形は、死んだカラスをつるした形
 羽をバラバラにして縄にかけわたした形は、「於」。
  ↓↑
 古代もカラスは害鳥・・・?
 カラスを
 つるして被害を避けていた・・・カラスを吊るす?
 「烏」も「於」も
 感動詞「ああ」に用いられ・・・ああ=嗚呼・噫・嗟乎・于=於
 烏追いの声を
 感動詞に用いた・・・
ーー↓↑ーー
  カラスの赤ちゃん なぜなくの
  こけこっこの おばさんに
  赤いおぼうし ほしいよ
  赤いおくつも ほしいよ 
  と カアカア なくのね
 (作詞、作曲とも海沼實)・・・海の沼の實
  ↓↑
  烏 なぜ啼くの
  烏は山に
  可愛七つの
  子があるからよ
  可愛 可愛と
  烏は啼くの
  可愛 可愛と
  啼くんだよ
  山の古巣へ
  行って見て御覧
  丸い眼をした
  いい子だよ
 (野口雨情が作詞・・・野口の雨の情
  本居長世が作曲)・・本の居の長い世・・・本居宣長の末裔
ーーーーー
 ・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アオキおおかみ・・・ | トップ | 漆黒のカラス・・・桎梏のカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古事記字源」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。