gooブログはじめました!キリヤ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
コジキジゲン

認識、思考、思惟する存在・・・考えるヒト・・・

2017-07-15 14:30:28 | 古事記字源

 ・・・「30度」ですか・・・椅子から立ち上がる時や、シャガンで立ち上がる時がヤバイが、あの宙に浮く感覚は何度も確かめたくなる・・・重力からの突然の解放?・・・後は旨い具和意に「しゃがむ(踞む)・足+居」、「しゃがむ(蹲む・足+尊)=うずくまる・つくばう」コトが出来ればネッ・・・「しゃがむ=膝を折り、腰を下ろした状態・かがむ(屈む)=身体を低めた状態で、腰を下ろしていない場合も・腰を曲げた状態」、「しゃがむ(踞む)=躑む・蹲む=たちもとおる・うずくまることをも・ひざを曲げ、腰を落として姿勢を低くする」、「蹲(うずくま)る=体を丸めてしゃがみ込む・獣が足をたたんで腹ばいになる・道端に蹲る・物陰に蹲る・犬が足もとに蹲る・蹲(つくば)る・うずくまる・かがむ・しゃがむ・つくばう(蹲う)・地面を這い蹲る」、「かがむと(屈む)=腰を低くし前傾姿勢をとる・しゃがむ=膝を曲げて腰を落とす姿勢・前傾姿勢や姿勢を低くする動作」・・・
ーーーーー
 「シャガム=謝我務・写画務・斜臥務」・・・釈迦務
 「うづくまる=北海道の方言でクマル
       =糸が縺(もつ)れる、絡まる・こんがらがる」
       ・・・渦(宇津・宇受)クマル
 「かがむ=屈む」・・・加賀務・各務
         ・・・「郭務悰」?
 「つくばう=蹲う」・・・「筑波・築波」得・通句葉有
 「いすくまる=いずくまる
       =恐怖、驚きなどで身動きできず、
        その場でじっと固まってしまう・いすくむ」
        ・・・烏(いずく)丸=カラスマル=鴉満留
        ・・・焉=いずく=渠・胡・曷・伊豆苦
        ・・・「出雲=いずも→いずくも・いずくま」る
        ・・・伊豆井=いずい=威隋・委隋
 「いずい」=不快である・かゆい・納まっていない
       居心地が悪い・違和感がある
       萎蕤(イズイ)=アマドコロ(甘野老)
              =ナルコラン(鳴子蘭)
          根茎に甘味があり、
          根茎形がヤマイモ(山芋)科の
          トコロ(オニドコロ(鬼野老)に似ているから
          ドコロ(野老)はエビ(海老)の対字?
          老人のヒゲ(髭・須)に仮託された「老」
          山老=やまおい・ところ・やまがつ
             やまがつ(山賤)=樵(きこり)
             山仕事を生業とする人
             杣人 (そまびと)=きこり(木樵・樵)
             山に住む身分の低い者
             やましず
             山賤(やまがつ)
                山形→∩△・・・∩=髯の垂れ下り
                谷形→∪▽
                双曲線→⊃⊂→)(
 「居竦(いすく)まる=いずくまる・・・「伊豆・五・孰」くまる
           =恐ろしさや寒さのあまり、
            身がすくんで動けなくなる
            いすくむ・すくむ」
           ・・・竦む・諏句務
           ・・・椅子苦・慰す躯
 「くまる(分ける)=配(くば)るの古形
          =分配する
          =分を訓みてクマ・リと云ふ
          (古事記 上訓注)」
          ・・・「阿=くま=隈・熊
               =球磨・久万・嵎」留(流)
ーーーーー
 武士彠(ブシカク・ブシヤク)・・・彠=尋ねる蒦(カク)
 ↓↑         蒦=はかる・ものさし・のり・はかり
              ワク・クワク・キャク・カクヤク
              カク・ヤク
            蒦=艹+隻(隹又)
            籆=機織りで糸を巻き取る道具
              糸わく
            篗=榬なり
              絲を收むる者なり
              説文解字・玉篇
              榬=枠の元の字
              形声の声符は「蒦」
 ↓↑           音読みはワク(漢音)
 武士彠(ブシカク)
 577年~635年)
 武則天(次女・武照)の父
 字は信明
 諡は定
 周国公
 太原郡王
 武照朝政時に
 忠孝太皇と追尊
 本貫は
 并州
 文水県
 ↓↑
 武周が建国され
 東都に
 武氏七廟が建てられ
 帝に追冊された
 先天年間に
 士彠の帝号が削られ
 太原王とされ
 武氏七廟も廃止
 ↓↑
 士彠の妻
 相里氏
 子は
 武元慶
 武元爽
 後に
 楊夫人(栄国夫人)を後妻とし
 三女をもうけ
 長女は
 賀蘭越石
 の夫人となり
 韓国夫人・・・この時代の
 ↓↑     韓国とは何処か?
        韓国
        虢(カク)国
        秦国(始皇帝の本貫)
        は西周~春秋・戦国時代にあった
        諸侯の国の一つで
        洛陽の西にあり
        後の唐代では
        長安付近に存在した・・・
        唐代では単なる
        かって(過去)の
        地方の国領域の呼称のみ・・・?
 ↓↑     春秋時代
        紀元前770年~紀元前403年まで
        周の第12代王・幽王が犬戎に殺され
        洛邑(洛陽)へ遷都してから
        晋が三国(韓、魏、趙)
        に分裂までをさす
        韓=戦国七雄の一国(紀元前403年~紀元前230年)
          河南省北部の一部
          山西省南部の一部
  ↓↑      陝西省東部の一部
 に封ぜられた
 次女の
 武照(則天武后)は
 高宗の皇后となり
 帝位に上った
 ↓↑
 三女は
 郭孝慎・・・・・「郭」の「孝慎(後進・庚申)」
 の夫人となった
 兄に
 武士棱・・・武の士棱なのか、武士棱なのか?
 武士譲・・・・・・武の士譲なのか、武士の譲なのか?
 武士逸・・・・・・武の士逸なのか、武士の逸なのか?
 らがいた・・・姓が「武士」なら、名前の「棱、譲、逸」の「?」である・・・
 兄の子として
 武惟良・・・・・・武の惟良
 武懐亮・・・・・・武の懐亮
 武懐運・・・・・・武の懐運
 らがいた・・・ここでは「武=姓」、「○○=名」は確実だが・・・名前の「惟良、懐亮、懐運」の「?」である・・・
 ・・・以上の「則天武后」の「唐周時代の文字情報」はボク的な妄想では・・・
 日本の記録された歴史、
 「大化の改新」~「白江村の海戦」
 「壬申の乱」~「平安京遷都」、
 「日本書紀、古事記」編纂時代の
 「天武天皇=大海人皇子=天渟中原瀛真人」
 「持統天皇=鸕野讃良・藤原鎌足=中臣鎌子」
 「孝謙-称徳天皇(阿倍皇女)・阿倍仲麻呂(朝衡・晁衡)」
 その他、大勢の人々が重なっているように見える・・・
ーーーーー
 ・・・ニュースでは、
 今年の5月
 千葉県
 印西市・・・・・・・・・印は西(酉)の市→熊手の市?
             十一月の酉の日に開催される酉の市で
             売られる
            「金運をかき集める農具の飾りモノ」
 の老人ホームで働く
 准看護師・・・・・・・・尋漢語詞?
 波多野愛子・・・・・・・機之・秦野・葉多埜?
 容疑者(71)が
 同僚の女性らに
 睡眠・・・・・・・・・・垂(誰・鵻・隋)罠?
 導入剤
 を混ぜた
 お茶を飲ませて
 交通事故を起こさせ殺害
 7月11日に逮捕・・・・・・・・七月十一日?
 ・・・動機が同僚に対する「嫉妬」とは思えないが・・・
 ↓↑
 中国の民主化運動の象徴的存在
 服役中にノーベル平和賞を受賞した
 劉暁波(リウシアオポー)氏・・・劉(リュウ)は暁の波
                 龍は曙(あけぼの)の那の美?
                 籠(池)、業の名を見る?
 が
 7月13日木曜日
 遼寧省
 瀋陽・・・・・・・・・・・・・・審の要
 の病院で死去
 61歳
 ・・・「ノーベル平和賞」を貰って「平和」が保障されるコトは無い・・・キミは「中国共産党」からさっさと逃げ、延命をハカるべきであった・・・キミの後に続く人々はアテにはならないのだから・・・
 「敵」を作っているキミが「敵がいない」とは「能天気」である・・・「キリスト」は「人々」を救えなかった・・・「キリスト」に責任はない、責任は「パウロ=サウロ」にある・・・その後に及んで、今現在、
 2017年間と7月15日の長きに渡って
 「パウロ=サウロ」は「キリスト」を利用し
 「いたづら(徒ら)」な天獄への法螺吹き運搬人だった・・・
  ↓↑
 個々の生きてきた一人として、
 アンタ、あなた、きみ、おまえ、きさま、ユウ
 が生きている間、そして今現在、
 「世間・地球・宇宙」のスベテは
 認識主体の主役で、主人の
 アンタ、あなた、きみ、おまえ、きさま、ユウのモノである
 アンタ、あなた、きみ、おまえ、きさま、ユウが生きてきたからこそ
 「世間・地球・宇宙」が存在していた・・・
 もはや・・・「いたづら(徒ら)」になっては、
        ↓↑
       役に立たない
       無駄である
       むなしい
       死ぬ
 あだなり=無駄だ・・・仇・敵・徒・空
            婀娜・讎・阿多
            綽名・渾名・仇名
 はかなし=むなしい・・・果て無し
             墓無し
 いたづらなり=無駄だ・・悪戯・異多面
        むなしい・・・虚しい
               虚構
        死ぬ
        ↓↑
 世界も終わるのだ・・・
 認識主体の「アンタ」が存在しないなら
 「世間・地球・宇宙」のスベテも存在しないのだから・・・
 「生」に執着無くして、「社会」も「世界」も「替えるコト」は出来ない・・・「生きている今現在」の個々人としての実存者は「平等であるコト」はモチロン、「公平であるコト」では生きていけないコトを知っている「生理的、社会的なプチブル志向者」だから・・・
ーーーーー
 ・・・???・・・「存在」は「認識する存在」によって認識、思惟、思考される・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はやぶさ・・・ホルス・・・... | トップ | 郢書燕説(エイショエンセツ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。