人はパンだけで生きるにあらず、神の言葉により生きる

イエス・キリストの福音をぜひ知って頂きたい

足ることを学ぶ。

2017年01月30日 | お気に入りの言葉

   わたしは、どんな境遇にあっても、足ることを学んだ。  わたしは貧に処する道を知っており、富におる道も知っている。
わたしは、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、ありとあらゆる境遇に処する秘けつを心得ている。
わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる。ピリピ4:11-13

 自己憐憫(自分をかわいそうだと思うこと)とは、なんと魅力的な罪でしょう!。
それはなんとも論理的で、自分がひどく苦しめられているのだと自分に確信させてしまうのです。
それは暗やみと失望と、そして病さえももたらします。

 主よ、あなたに、私たちの心配事をゆだねることができるよう、助けてください。
そうすれば、私たちは豊かさも貧しさも、あなたの力のうちに受け入れることができます。

 コーリー・テン・ブーム著 「日ごと新たに」より

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宝のある所には、心もある。 | トップ | 互いに愛し合う時。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お気に入りの言葉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。