人はパンだけで生きるにあらず、神の言葉により生きる

イエス・キリストの福音をぜひ知って頂きたい

借り。

2016年10月18日 | お気に入りの言葉

   互いに愛し合うことのほかは、だれに対しても借りがあってはなりません。ローマ信徒への手紙一三章八節
 借りを作るな、というのです。負うべきものを負い、果たすべきことを果たしなさい、と。
 ただし、「愛し合うこと」に関してはだれに対しても借りがあるのです。
救い主イエス・キリストから受けている愛の借りを隣人に返してゆかなければなりません。
 隣人から愛を受けていなくても、です。
  小島誠志著 「朝の道しるべ 聖句断想 366日」より

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逃げない。 | トップ | 関わり。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。