人はパンだけで生きるにあらず、神の言葉により生きる

イエス・キリストの福音をぜひ知って頂きたい

関わり。

2016年10月19日 | お気に入りの言葉

 世と交渉のある者は、 それに深入りしないようにすべきである。なぜなら、この世の有様は過ぎ去るからである 。コリント人への第一の手紙七章三一節(口語訳)
 世との交渉なしに生きることはできません。
しかし、抜き差しならないほどの深い関りをつくってはならない、と申します。
この世に自分の運命をあずけてしまうような。
 この世の有様は過ぎ去りつつあり・・・神の時はしだいに来つつある。
そういう時間をわたしたちは生きているからであります。
「後ろのものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ」(ピリピ人への手紙三章一三節{口語訳})走りぬきます。
  小島誠志著 「朝の道しるべ 聖句断想 366日」より

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 借り。 | トップ | 慎み。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。