人はパンだけで生きるにあらず、神の言葉により生きる

イエス・キリストの福音をぜひ知って頂きたい

憤ったままで、日が 暮れるようであってはならない。

2016年11月02日 | お気に入りの言葉

  怒ることがあっても、罪を犯してはならない。憤ったままで、日が 暮れるようであってはならない。エペソ4.26
 腹を立てても、恨みを抱いて罪を犯してはなりません。
腹を立てたままで、日が沈むことがないようにしなさい。
怒りはなるべく早く過ぎ去らせなさい。
なぜなら、あなたがたが腹を立てることは、悪魔に強力な足場を与えることになるからです。
私たちが、その怒りを主に持っていくことができるのは、素晴らしい神の恵みです。
神は、私たちの心を、そのご愛によって満たすことのできるお方であり、喜んでそうしてくださいます。
 
 主よ、あなたの十字架上での勝利と復活とのゆえに、もはや罪が私たちに打ち勝つことはありません。
ありがとうございます。

 コーリー・テン・ブーム著 「日ごと新たに」より
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去とは手をる。 | トップ | なんで人間って、心配ばかり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お気に入りの言葉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。