鹿児島より・・・・愛を込めて・・・・元漫画家(古川一朗)

私の一人ごとです!気にせず見てください!

え?!最近の「ジャッジ、どこに目がついてるんだ?!」

2017-05-20 21:16:01 | ボクシング

●え?どこで、村田は6ポイントも取られたの?

●まったく、不可思議な判定だ!ここは日本だぞ!フランスじゃないぞ!

●手数でいったら、アッサムだが、ここはオリンピックのリングじゃない!

●プロの世界戦だぞ!

●なんという不可思議なジャッジの判定!

●村田が負けたとしても、差がつきすぎ!(実際は負けてはいない!断言!)

●せっかく、前座で二人の新チャンピオンが誕生したのに・・・・冷水をぶっかける?メインの判定!

●外国で不可解な判定で敗れる例(F・原田さんが、オーストラリアでJ・ファーメション敗れた)はあるが、ここは日本!

●おかしい!

●僕は冷静に試合を見ていた!

●確かに、手数では外国人!でも、ダメージのあるパンチは、断然に村田!

●素人でも、こんなジャッジはしない?!

●まったく!世紀の大誤審である!

 

●その前の、比嘉大吾(白井・具志堅ジム)は単発ながら、そのパンチの破壊力には驚かされた!

●会長の具志堅さんは、切れで倒すボクサーだったが、比嘉はハンマー・パンチ!

●帝拳会長、浜田剛のパンチを彷彿とさせる、迫力!

●減量に失敗した元チャンピオンを、完膚なまで叩きつぶした!

●あっぱれ!

●けんしろう!も最終ラウンドしかテレビ放送はなかったが・・・あっぱれ!

●かえすがえすも残念!せっかく盛り上がった会場を白けさせたのは、村田諒太ではなく、外国人ジャッジ3人!だった!

●ボクシング界の汚点!(実際、世界ではよくある、採点間違い?)

●ジャッジの好みで採点は、当然変わるのは仕方がないが・・・今夜の採点、各ジャッジの採点があまりにも「バラバラ」なのが、分からん!

●村田は、負けるようなパンチは1発も食らっていないのに、敗れた!(笑)

●まったく、素人ジャッジ!ジャッジ料なんて、払わんでいいぞ!(苦笑)

●ゲスト解説の「山中慎介」が「この判定、僕は納得しない!」この言葉が「正しい!」

●しっかり選べ!ジャッジを!日本ボクシングコミッショナーが選ぶのかどうか知らんが・・・・!

●せっかく、セミの勝利で、いい気分でボクシングを堪能してたのに・・・・最後の最後で・・・不愉快な判定!

●困ったもんだよ!

●村田が可哀そうだ!村田は完ぺきに自分が勝ったと思っていたはずなのに・・・・!

●最後の結果をアナが読み上げたあと「え?!なんで相手がチャンピオンや?!」みたいな村田の表情が、驚きを通りこして、「なんや!この判定!」と言っていた!

●あ~あ!あれで負けるんなら、どうやれば勝てるの、あの選手には・・・・!ダウンだって奪ってるし、ダウンに近いシーンも数多くあり、逆に村田が打たれてピンチなんて、1回もないのに・・・・なんであの判定なの?

●ボクシング知らん「おっさん」連れてきたんちゃう?!(笑)

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週は、梅雨を前にした、晴... | トップ | 村田の今後の気持ちの持って... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。