鹿児島より・・・・愛を込めて・・・・元漫画家(古川一朗)

私の一人ごとです!気にせず見てください!

稀勢の里!羽をもがれた鳥になった・・・・・?!

2017-07-12 04:18:26 | 大相撲

●二場所前に、奇跡の逆転優勝を飾って、一躍時の人?になった稀勢の里!

●しかし、優勝決定に払った代償は、かなりな、痛手?!だった!

●稀勢の里を横綱に押し上げた[左からの攻め」があれ以来全く使えない状態なのだ!

●稀勢の里から[左」を取ったら「普通の幕内力士?」

●完全に治癒するのかが、今後の稀勢の里の相撲を左右する!

●果たして、完全に治り、昔の左からの攻めは復活するのだろうか?

●もう一場所、休んで治療に専念した方がよさそうなのだが・・・・・!

●解説の春日野親方は「筋肉が切れてる」と断言した、そして「切れてるとね~!」と不安そうな発言が気になった。

●果たして人気横綱の将来は・・・・・!

●負けてばっかの?横綱3人に比べ、白鵬は好調みたいです!

●ただ、いつも私が言ってる「汚い相撲?!」は相変わらずです!

●昨日も「正代」を立ち合いの「張り手」で「脳しんとう勝ち?」

●横綱は、あくまで「どんと来い!」の相撲を取らないと!

●いくら、先場所苦杯をなめた相手とはいえ、相手は自分より下のモノ!

●喧嘩腰の相撲は、いくら「力が衰え?簡単に勝てないからって・・・」横綱としては「みっともない!」

●私はそう思います!

●白鵬、以前の「負けない相撲!」刺し身の良い、反射神経の良い、モンゴルの草原の野性の力?を今イチ相撲に・・・・・!

●張り手で勝っても、私は[気持ち良くない!」

●半世紀以上、相撲を見てる「相撲フアンの目」からしたら、あの相撲は「横綱相撲とは言い難い」

●相変わらず、横綱の懸賞の数が、稀勢の里に集中してるが・・・

●それは、タニマチの「感情」であった、しょうがない!

●白鵬の顔には「なんで稀勢の里の方が、懸賞が多いんだ!」と書いてある・・・・・?!(笑)

●それは、日本の大相撲だし、待望の日本人横綱誕生だから、しばらくは「しょうがない?!」(笑)

●白鵬が、懸賞金の数を増やしたいのなら「きれいな?横綱相撲」をいまいち目指すべきだとおもう!

●それにしても、横綱、大関が「コロコロ負ける名古屋!」

●やはり、実力が接近してきた「戦国場所」の様相を呈してきた感がある・・・・・・!

●それはそれで面白いのだが・・・・・・!

●果たして、今場所の優勝争いはどうなるの?白鵬独走!なら、つまらないぞ!(苦笑)

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんで?小池百合子人気なの... | トップ | 錦江湾を震源とする、地震が... »

コメントを投稿

大相撲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。