教室のパソコンが起動しない…^^; BCD編集

普段教室で生徒さん用に用意してあるPCは
生徒さんのお使いのPCに合わせて
ウィンドウズOSを選択して
以下のウィンドウズOSを
切換えて使えるように
マルチブートで設定してあります

ウィンドウズXP
ウィンドウズVista
ウィンドウ7
ウィンドウズ8.1
ウィンドウズ10

先日ウィンドウズ10の
アップデートでPCが固まり
XPとVista起動時に
エラー表示が出て
起動できなくなりました^^;

Vistaエラー画面


XPエラー画面


エラー表示を参考に
XPのntldrとVistaのwinlade.exeを
他のOSからのぞいて確認すると
ちゃんと起動ドライブに
存在していました

エラー番号は0xc000000eと
なっていますので多分
ブートローダーの記述が
おかしくなってるのではと推測し
BCDをチェックしてみました

BCDとはBootConfigurationDataと
呼ばれるものでOSを起動するための
構成情報を記述したファイルです
BCDEditコマンドを使って
確認や編集も可能ですが
面倒なのでEasyBCDという
BCDを簡単に編集できる
フリーソフトを使っています



まず現状の状態を確認するため
設定を表示させてみると案の定
以前のバージョンのWindows(XP)と
MicrosoftWindowsVistaの
ドライブレターが『unknown』です
不明という意味ですね



高度な設定の項目から
VistaとXPのドライブレターを
それぞれ設定し直します



再度設定を表示して確認すると
ドライブレターの『unknown』だった記述が
きちんと訂正され指定されています



OSを再起動させてVistaと
XPの起動を順次確認します





無事起動するようになりました
これで一安心です

でもXPやVistaはもう
必要ないかもしれませんね
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 新規申込みあ... LINEの通知音... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。