インコのクー♪と懸賞大好き!

明るく元気な欲張り者きりまる参上☆
タイトルから大きく外れていますが~
「へえ~!」と思ったよもやま話のブログです☆

【ドスパラさん、ありがとう♪】古いパソコンを処分する前に! HDDのデータを取り出してみました♪

2016年01月09日 11時12分46秒 | きりまるのちょっとお話

お宅では、WindowsXP以前の98・95・・・というような、古いパソコンが邪魔になっていたりはしませんか?!
使っていないパソコンの中に、大事なデータや画像が、そのままになっていたりはしませんか?!




我が家には、電源を落として仕舞いこんでから、もう10年近くも経っているデスクトップパソコンがございまして。
屋根裏部屋でデーンと場所を取って、邪魔なことこの上なくて・・・


この度「PCリサイクルマーク」のついていないパソコン本体2台と、ブラウン管テレビのようなCRTディスプレーを2台、『パソコン回収.com』さんに引き取っていただくことにしました。




■「PCリサイクルマーク」のついていないパソコンの処分については姉妹サイトでどうぞ

 ⇒【PC回収】古いパソコンを処分してみる♪
 





古いパソコンを処分するにあたって、気がかりだったのは「HDD(ハードディスク)に大事なデータや画像が残ったままになっていないか?」ということです。 


個人情報やデータ消去が云々・・・というよりは、子どもたちが幼かった頃の大事な画像データがあったのではなかろうか?という心配があったんですよね~



壊れて使用を止めたパソコンではありませんので、本体+ディスプレイ+コンセント+接続コード・・・とフルセットで繋ぎ直して電源を入れたとしたら、中も見れるだろうとは思うんですけど。

そもそもSDカードやUSBメディアなんて使えたかしら???


1台(98)はUSBが使えるみたいだけど、繋ぎ直すのが面倒くさい~
起動させてみるのも、めっちゃ不安~



そこで、パソコン専門店「ドスパラ」さんにご相談させていただきまして。
HDDを取り出した上で、専用ケーブルで変換接続・・・という方法を教えていただきました!!




これ、めっちゃ「目からウロコ」でした。
内蔵HDDって、案外カンタンに外すことができるんですね~
しかも、普通にUSBメディアみたいに、使用のPCと連携させることができたんですねーーー!!


すごく助かりましたので、共有させていただきます♪


ドスパラさんの便利なサービス


お世話になったのは、ドスパラ町田店さんです!
(ドスパラ町田店のtwitter⇒https://twitter.com/dospara_machida)

ご存知でした?ドスパラさんには「ワンコイン診断」という簡易診断を受けられるサービスがあるんですよ!
つまりは、そのパーツ(システム)がまだ使えるものなのか?みたいなことを、チャチャ・・・と調べてくれるサービスですね。

他にも、トラブル原因特定診断・ウイルス駆除サービス・Windows Updateの実施など。
パソコンの不調を診断したり、セキュリティ関係のインストールや駆除をやっていただいたり、アップデートの実施などを代行していただけるサービスがあるんです~♪





ドスパラ町田店さんにお電話で問い合わせをしたところ「HDD(ハードディスク)を外して持ってきていただければ、ワンコイン診断をして、使えるようであれば、現状使用のPCに繋いでデータを確認する方法をお伝えしますよ」・・・と言っていただいたのですが。


すみません。ワタシ、デスクトップPCの中のHDDって、どれのことだかわからないですぅ!
わかったところで、外し方もわかりませんし~



・・・ということで。
車の荷台にパソコン本体2台と台車を積んで、本体ごと持ち込みさせていただきました。



ドスパラさんでHDD取り外しの様子


ドスパラ・スタッフさんにお願いをして、作業を見学&撮影させていただきました♪

まずは、SOTEC のWindows98ですよ。





なんでも、HDDや光学ドライブには、IDEとシリアルATA(SATA)というのがあるのだそうで。
昔はIDE規格が主流であったのが、今はシリアルATAになっているそうなんです。
この規格がどっちなのか?によって、接続ケーブルも変わってくるらしいです。




こちらは、IBMのWindows95です。



なんかね。こっちは2個HDDドライブがあったみたいで。。。



合計3つのHDDが出てきました。

(IBMの1つは繋げませんでしたけど)


ドスパラさんで購入したHDD簡単接続セット


HDDの中のデータや画像にアクセスするために購入させていただいた「HDD簡単接続セット」がこちらです。



IDEとシリアルATA。どっちでも使えるタイプですね?!

デスクトップ用PCハードディスク(3.5インチ)や、ノートPC用ハードディスク(2.5インチ)、DVD-RW等の光学ドライブ等につないで、認識させることのできる「変換アダプタケーブル Groovy UD-500SA 」です。




箱の中は↓こんな感じ。



ハイ↓ドスパラスタッフさんが接続ケーブルを繋いでくださっているところデス。



ケーブルの反対側は、普通に「USB2.0」となっているので、お店のPCに繋いでHDDの中を見てみてもらったところ・・・

うーん、画像データは1つもないですねーーー!!。。。だって。。。(大涙)


結局のところ、全てロクなモノは入っていなかったので、なんだか「骨折り損のくたびれもうけ」みたいになっちゃいましたが。


ドスパラ町田店さん、どうもありがとうございました!!
おかげさまで、これでなんの気がかりも無く、古いPCを処分することができるようになりました!!



ちなみに今回かかった費用は、簡易診断+PCパーツ取外し+変換ケーブル代金+消費税=合計5880円です♪


や・・・安い!!
こんなにあれこれ、手をかけてくださったのに、たったの5880円で済んじゃいました!!
しかも、ケーブルはこの先も手元で使えるわけですし~


そうそう。そういえば・・・なんですけどね。
取り出したHDDは、普通にメディアとしても使えるそうです。

ただし、ソーテックのWin98でさえ 容量はたったの10GBということで。。。
元はHDDと言えでも、SDカード並の小ささですね~

IBMの方はといえば、それよりもさらに小さいということです。


なので、この際、PCと一緒に処分してもらっちゃおうかなーと思っています。
持っていても仕方ないしね。
その際、データの消去を業者さんにおまかせするのは、どうしても不安・・・という方は、自分で破壊するという手もあるそうですよ。


ただし「一般社団法人パソコン3R推進協会」のサイトには、『ハンマーなどで叩き潰すのは、怪我をする危険性がありますのでおやめ下さい』と書かれておりますので、念のため。



HDDは生きているのに、PCが起動しないという方にオススメです


HDDの取り出しは、デスクトップPCでないとできないみたいですけどね。

今回ワタシが「HDD 画像取り出し」「PC データ抜き出し」などと調べてみたところ、あちこちの掲示板で「HDDのデータを取り出したい」というお悩みを見かけました。


あくまでPCが動かない・電源を入れられない・・・という状態でも、HDDは生きている・・・というのが前提ではありますけれど。
この方法は、とてもカンタンでスムーズな手段であると思いましたデス。


ワタシのように自分でやるのはムリすぎる・・・とおっしゃる方は、ぜひ最寄りのドスパラさんにご相談になってみてくださいねーーー!!
ケーブルさえあれば、自分でできる!とおっしゃる方は、ドスパラ通販さんでお取り扱いがございますので、ぜひどうぞ♪




【ドスパラ】パーツ・周辺機器は5,000円(税込)以上で送料無料!



ワタシは今↓これがとても気になっています。







『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安いけど美味しい♪ お米30kg... | トップ | 【ティーインフューザー】ティー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。