インコのクー♪と懸賞大好き!

明るく元気な欲張り者きりまる参上☆
タイトルから大きく外れていますが〜
「へえ〜!」と思ったよもやま話のブログです☆

DHC Q10美容液 カラートリートメント きりまる的使い方のポイントとは♪

2012年06月02日 23時31分26秒 | 主婦のクチコミ☆DHC

DHCさんのQ10美容液 ヘアケアシリーズ
「DHC Q10美容液 カラートリートメント」を使ってみましたぁ〜!!


DHC Q10美容液 カラートリートメント





ふっふっふ・・・
せっかく、頭(髪の毛)がイイ感じになってきたのに、このままでは終われない〜
っと、やはりダークブラウンのDHC Q10美容液 カラートリートメントを買っちゃいましたよ!!



初めのライトブラウンは使い方に慣れていなかったので、ちょっと無駄な使い方をしてしまったと思いますが〜
半月ちょっとで使い切ってしまいましたので、今回1ヶ月はもつようにと、2本注文してみました。

もう少し上手に「伸びた部分だけ」塗れるようになったならば、月1本でイケるようになるかしらね???
毎月毎月白髪染めに5000円はちょっとキツイので、そうなったら嬉しいなーと思います。
(価格・・・このタイプにしては安い方ではないかしら?と思いますが)

注文金額が5000円を出ると、サンプル2種類いただけるのですけどねん♪



-----------------------------------------------------------------------------------


ダークブラウンを使う前に、まずは手持ちのライトブラウンの「使い切り方法」をどうぞ♪
これ、ハミガキ粉のラストと同じですよー!



まだまだチューブの中には残っているのに、押しても押しても出てこない時は、
いっそ、チューブの先(尻?)をちょん切っちゃってくださいね!

ブラシや指を突っ込んで取り出せば、結構たくさん出てきますから〜

そのまま捨ててしまうのは勿体無いので、これはぜひともお試しください♪


-----------------------------------------------------------------------------------


こちらはダークブラウンを使用した直後の写真です。


ワタシ的には、お色は「ダークブラウンの方が正解」だったと思いました


さすがに濃茶でも、毛先の黒い部分とは色の違いが出てしまいますけどね〜
毛先は徐々に切っていきたいと思いますので、
このままダークブラウンの使用を続けていくつもりです。

まだ髪の根元に、ライトブラウンの赤味が残っているように見えますが、
それもダークブラウンを重ねていくうちに、わからなくなるであろうと思いますし


気になったのは、髪を分けると、ところどころ染め足りないと思う部分があることです。。。


こういった部分がなくなるように、塗り方を工夫しないといけないですね。
お世話になっている美容師さんにも
「毛先の黒い部分には塗らないようにして、染めたい部分だけ重ねていくようにしないと、
 濃い部分もそれなりに濃くなっちゃうから、いつまで経っても、色の境がなくならないよ〜」

と言われましたし。


こちらは5/28朝に撮った写真です。
写真を撮りながら「いいなー♪」と思ったのは、髪の毛の生え際やもみ上げなど、
今まで白く残って困っていた部分が、かなり染まってきていることです。

髪の毛を上げた状態でこの感じですから、下ろしてしまえば、もっと目立たなくなるんですよ!!


ただね。。。この日もまた、染め残している部分を発見しました!


分け目を取る場所をずらすと、まだあるんですよねぇ。。。色が妙に薄いところが!
気になって、いろいろ探してみましたら・・・

頭頂部の少し後方部分〜後頭部・耳の後ろ・襟足。。。など
こういった箇所は、まだまだ染まっていない毛がいっぱい〜
もう少し後ろを意識していこうと思いました。


こちらは5/31の午後に撮った写真です。


縮毛矯正をしてから半月近く経ちましたが、髪がバサついてこないのが嬉しいです。
染め残しの白い部分もまだありますけど、ちょっと髪をかきあげたくらいでは、
わからないであろうくらいまで染まってきました。

そして本日!!

トリートメントタイプのカラーというのは、どうしても、
光に当たると、透けたような薄い色に見えてしまいますね。

これは、ヘナ染めやマニキュアタイプのカラーも同じではないかと思いますが、
髪が傷まない系の白髪染めは、この点だけはいたしかたないと思います。

ただ、繰り返し繰り返し色を乗せていくことで、ある程度は濃くしていけると思いますので。。。
今後に期待!!

現時点でも、格好が悪いほどの色の違いは無くなってきていると思いますので〜
髪の質感やツヤ感を考えましたら、充分に及第点をクリアしていると思っております。


ちょっと使用前・使用後を並べてみますね!

*細かく言えば25日後*

5/8から使用を開始して、5/19に縮毛矯正をしているとはいえ、
別途カラーや艶出しはしていませんので、DHC Q10美容液 カラートリートメントはエライと思います!

実は、縮毛矯正をする前の「イマイチ色が赤すぎだよなぁ〜」と思っていた頃に、
義理の妹が家に訪ねてきたのですけれど。
その際彼女が、ワタシを見るなり驚いて言ったんですよね。

「どうしたの〜?その頭! なんか、くっきり色が違っていて・・・
     悪いけど『場末の酒場の女主人』って雰囲気になってるよぉ〜!」


さすがに、この一言には凹みました。
「えーーー?!そんな風に見えちゃうの?! いやだなぁ。。。どうしよう?

でも、ここで使用を止めないでいてよかったです。
使っているうちに、だんだんと上手に染めるコツもつかめてきたし、
色を濃いブラウンに変えたことで、赤すぎた白髪部分も濃い色に染まってきましたし。

なによりも、髪のツヤ感や手触りがすごく良くなってきています。
これならまた、夜会巻きができるくらいに髪を伸ばしていけるかも


染めても染めても減らない白髪とバサバサの髪に手を焼いて、髪を短くしたのですけれど、
やっぱり「夜会巻き」がしたいんですよねー!本当は長い髪が好きなワタシ。

髪が伸びたら、DHC Q10美容液 カラートリートメントでも、やっぱり
染めにくくなっちゃうかしらねーーー???

とりあえず、当面髪を伸ばす方向で、手入れをしてみたいと思います。
明るい茶髪でツヤツヤのまま、伸ばしていけたら嬉しいナーーー!!


最後に、DHC Q10美容液 カラートリートメントの「きりまる的使い方のポイント」をご紹介したいと思います。

髪の質・量・白髪の具合・・・などなど、個人個人の差は大きいと思いますので、
皆様にも同じことが言えるかどうか?は、わかりませんが。

もしもDHC Q10美容液 カラートリートメントをお使いになってみて、
「チョット染まり方がイマイチかも・・・」と感じたならば、
お試しになってみていただいてみても。。。と思いマス
 

入浴時の洗髪後に使用するのが、ちょっと大変と思ったならば、
  入浴前の乾いた髪に使ってみてください。その際気をつけていただきたいのは。。。

  髪には、何もつけない状態でお使いください。特に油分は避けてください。
  時間は10分以上おいてもOKみたいです。 長めにおいた方が良く染まる気がします。
     ただし流した後に、シャンプーを使うのはお止めになってくださいね。
     コンディショナーやヘアオイルもいりません。DHC Q10美容液 カラートリートメントだけでツヤは出てきます。
  染める際は、白髪染め用のハケやコームがあると、手を汚さずにキレイに塗れます。
   その際、分け目を作って留めて塗り、分け目を作って留めて塗り・・・と丁寧に繰り返して塗ってください。
  後頭部や耳の後ろも、しっかりと。毎回塗り始める部位を変えていくと良いと思います。
   始めに塗る部位の方が、どうしても丁寧になりますから〜
  
入浴時に使用する場合のポイント
  シャンプーを流した後は、しっかりと髪の水分を拭ってからご使用になってください。
     髪に水気が少ない方が、よく染まるように思います。
  浴室の壁&床・風呂の蓋・洗面器などに付かないように、ご注意ください。   
     ついてしまった場合は、放置せずにすぐに水(またはお湯)で流してください。
     落ち難いと思った場合は、シャンプーや石けんで洗ってください。
  入浴時に使う場合は、鏡を見ながらチマチマと塗るよりも、
    手の平に豪快にとって満遍なく・・・というイメージで塗った方が使いやすいです。
    髪の根元に塗ることは意識せずに、全体的に馴染ませた方が良いように思います。
  手の平でたっぷり塗ると、どうしても爪や指先が茶色くなりますので。
     10分間おく間に、クレンジング+洗顔料で顔を洗い、ボディソープでカラダも洗ってみてください。
     髪をすすぎ終わる頃には、手の色も落ちていることが多かったです。
  
乾いた髪・濡れた髪、共通のポイント
  髪を濯いだ後は、よ〜く乾かしておいてください。その方が色モチがよい気がします。
  白髪の多い方は(特に根元に)、はじめのうち、色が明るくて気になるかもしれませんが、
      すでに染まっている箇所にはなるべくつけないように意識して、
      染めたい部分に集中して塗ってください。だんだん染まってくると思います。
  無理をすると苦になります。できる範囲で、継続使用できるようにがんばってみてください。
    「今日は早く風呂に入って寝たい」という日は、無理に使わなくても良いと思います。
     10分おくのがネックになる日は、結構ありますから〜!
     乾いた髪に丁寧に使う日と、入浴中に済ませる日と使い分けるなど、
        なるべく楽に使うのが良いと思います。私は基本2日に1度の使用です。

お勧めはしませんが、きりまる的裏技。
  1部だけ退色してしまった・染め残してしまった部分に。
    水を含ませたハケで塗って、そのまま乾かす。 染めるというよりは、白髪隠し的な使用。
  ライトブラウン+ダークブラウンなど、色を混ぜて使うことも。


以上、きりまる的DHC Q10美容液 カラートリートメントの使い方でした。

*あくまでワタシにはOKの使い方であり、
 「正しい使い方」ではありませんので、その点はご了承くださいませ



最後にもう1つ。
色を混ぜて使えた・・・とご紹介しましたが、次から次と使用する色を変えることはお勧めしません!!

なぜならば。
ずいぶん前のお話ですが、ブラック・ブラウン・グリーン・オレンジ・イエロー・・・と、
いろいろなカラーのある「トリートメントタイプの白髪染め」を使っていた経験があるワタシ。

購入する度に「前回はオレンジだったから、今度はグリーン♪」と毎回色を変えていましたら、
ある日実家の母に言われたのです。

「アンタの頭、光が当たると、いろんな色に光って見えるよ!
     なんで、頭が七色なの???」
・・・と。

2012.06現在、DHCさんのDHC Q10美容液 カラートリートメントには、
ブラック・ダークブラウン・ライトブラウンの3色しかありませんけど〜
あまりコロコロ色を変えるのは、どうなのかなぁ?と思っています。

ちょっと黒+濃茶のミックスを試してみたい気もしますけど〜
当分ワタシは、ダークブラウンで続けてみたいと思いマース


このところ、お出かけ時はずっと「カツラ」使用のワタシでしたが・・・
だんだんムレる季節にもなってきましたしねー!
  
ようやく、カツラなしでもお出かけできるような頭になって良かったデス☆
(*向かって左の写真はウイッグ)

白髪染めによる髪の傷みにお悩みの方は、ぜひ!
DHCさんのDHC Q10美容液 カラートリートメントを、使ってみてくださいねーーー!!



DHC Q10美容液 カラートリートメント


DHCオンラインショップ


レビューポータル「MONO-PORTAL」

お役立ちな商品レビューが満載 リンクシェア・チャンネル
『美容』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DHC Q10美容液 カラートリートメ... | トップ | 薬用PCリペアゲルエンリッチ☆い... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白髪染め (・・*senses*・・)
2012-06-03 22:35:06
面倒ですが白髪って気になると憂鬱ですね。
トリートメントタイプの毛染めですか?
キレイになりそうですね^^頭皮にやさしいのが良いですね。
良かったよー! (きりまる)
2012-06-05 10:02:51
せんちゃんへ

このところ、ホント白髪には閉口させられていましたので、良い商品に出会うことができてよかったです。

色も入るし、ツヤもでるし♪
ただ、頻繁に使い続けないとダメなので、もう少し安いと助かるんですけどねー!

もっと、大容量でないかなー!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。