インコのクー♪と懸賞大好き!

明るく元気な欲張り者きりまる参上☆
タイトルから大きく外れていますが~
「へえ~!」と思ったよもやま話のブログです☆

福岡老舗蔵元・篠崎さんの「国菊・黒米あまざけ」買いました☆お米と米麹の自然の甘みにびっくりデス~

2015年01月15日 22時54分50秒 | お取り寄せ・グルメ・お酒
お正月(1/1)の「嵐にしやがれ」で紹介されたという福岡老舗蔵元「篠崎」さんの
米麹でつくられた甘酒「国菊」の黒米甘酒と発芽玄米甘酒を買ってみました~♪





甘酒って、案外安いんですね。。。


しかも、さすがのアマゾンです! 
送料無料のお届けということで、とりあえずお試しのつもりで黒米と発芽玄米の2本を購入してみました。


まず飲んでみようと思ったのは、愛之助さんがTVで「美味しい」とおっしゃったという黒米甘酒です。



原材料は、米麹(国産米)と米(国産)のみの甘酒で、
お米の分量の10%に黒米が使用されているという甘酒です。



防腐剤・糖類も入っていなくて、アルコール分もなし。
甘酒って、砂糖が入っていると思っていたら、そうでないものもあるそうなんです!




これは↓瓶の中の「黒米あまざけ」を撮った画像です。




ねえ? お米と黒米のつぶつぶした感じが美味しそうでしょう~?!




ワクワクしながら、器に黒米甘酒を注いでみました。



ひゃぁ♪
このモロモロ感・・・めっちゃ旨そう~!!




まずは、冷たいままで、ちょっと味見をしてみました。
ストレートタイプの甘酒ですので、瓶から注いで、そのまま飲むことができるタイプです。



ちょっと口にして、その甘さにびっくりしました。
これはすごい~ 糖類は使用していないだなんて、嘘みたいに甘いです! 


さらっとしていてとろみ感はないです。
モロモロ・ツブツブとした食感がイイカンジ

噛まなくても飲めますが、ちょっと噛んで楽しみたくなるような・・・


お味は、ほんのりとお赤飯や雑穀米を食べた時のような、小豆っぽい風味を少し感じました。
上品な甘さ。 やわらかい歯ごたえ。 まろやかな舌触り。
こんな甘酒は初めてです~




少し注ぎ足して、レンジでチンして温かい甘酒を飲んでみることにしました。



1分半ほどレンジにかけてみたところ。。。
あ!赤みが増した気がします~




熱い甘酒って、独特のキツイ香がするものだと思っていたのに、
嫌味なニオイは全くなくて。。。温めてもやさしく・上品な甘酒です。


両手で器を持って、くびっ。。。と一口飲んでみると。


「甘~い♪」


米と米麹だけで作られているというのに、どうしてこうも甘みが出るのか?とっても不思議。
冷たい時より、温かいほうが甘みが強い気がしました。


蔵元・篠崎さんによりますと、「国菊 黒米甘酒は、若干甘味が抑えられてます」ということですが。
ワタシには、十分甘く感じられました。


でも、甘すぎるということは全然ないです。
むしろ、甘いモノが欲しい時には、うってつけかも~
だって、成分表を拝見しても、糖分がないんですもの。ヘルシーですよねーーー!!




しかも、必須アミノ酸が↑こんなに豊富に含まれているんですよ!!
甘酒は、「飲む点滴」と言われるくらい栄養が豊富なのだそうです。



ラベルに「温めて生姜で」と書かれておりましたので、蒸し生姜パウダーを振りかけて
飲んでみました。





生の生姜の方が良いのでしょうけど、蒸し生姜の風味が気に入っているので、
パウダーでもおいしくいただきました。

なるほど確かに、甘みにピリッと感が加わって、味が少し変わりました。
生姜入り、生姜なし。ワタシはどちらも好きだなぁ~♪


「国菊 黒米甘酒」は自然の甘みの甘酒なので、後に嫌な後味が残らないのがいいです。
つぶつぶとした黒米の食感も楽しめて、マジでハマる。
くせになる美味しさですね~!
 


冷たいまま飲んだ時とアツアツに温めて飲んだ時とで、喉越し・味・甘みが違ってくるので、
飲み方によっても楽しめる点もいいですね。

リピ決定の美味しさでございました!!



国菊 発芽玄米甘酒は、まだ飲んでみておりませんので~(楽しみは、大事にとっておく♪)
飲んだら、また別途レビューさせていただきますね♪


アマゾンさんで、購入者産達のレビューが見れます。
かなり高評価の甘酒ですので、見たら飲んでみたくなること、請け合いですよーーー!!





☆篠崎さんの国菊甘酒を買ってみたいと思ったきっかけ☆


国菊甘酒を買おう!!・・・と思った直接のきっかけは、「嵐にしやがれ」で紹介されたと、
篠崎さんのHPで拝見したからなのですが。


*HP:http://www.shinozaki-shochu.co.jp/


では、なぜ篠崎さんのHPを訪ねたのか?!


それは、キューサイさんの「食べるホットスムージー“ほっとSaiby”」に、
篠崎さんの国菊甘酒が使用されていたからです。





現在、姉妹サイトに“ほっとSaiby”のレビューを書いているのですが。

キューサイさんから頂戴しました資料の中に
「“ほっとSaiby”こだわり 甘酒と塩麹のチカラでさらなるキレイを応援」・・・と、
篠崎さんの甘酒&塩麹の紹介が掲載されていたことから、公式HP拝見したくなったのでした。






キューサイさんにいただいた資料によりますと。。。
甘酒には2通りの作り方があるそうでして。



★酒粕から作る甘酒
こうじを発酵熟成させて日本酒等を精製した際に残る固形副産物=酒粕。
アルコール入りで、砂糖を入れて甘みを出して、甘酒にする。


★米麹で作る甘酒
こうじと蒸したお米のみを発酵熟成させて、こうじの消化酵素によってお米のでんぷんを
ブドウ糖に分解させる。 米麹の甘さをそのまま使用しているため、砂糖は使わない。
アルコール分もなくて、お米由来の自然な甘みがあるので、ほっとサイビーの根菜類と相性バツグン。





もちろん“ほっとSaiby”に使用されている篠崎さんの甘酒は、
米麹で作る甘酒となっております。


創業200年の歴史を持つ福岡県朝倉市の老舗の蔵元さんがつくった甘酒。
その甘酒をもっと良く知りたくなって、HPへお邪魔した次第デス♪


先日、スーパーで安く購入した「砂糖入りのインスタント甘酒」で“ほっとSaiby”を
食べてみったところ、大変美味しかったのですが。




国菊 甘酒と“ほっとSaiby”ならば、もっともっとおいしくいただけるだろうと思っています!!


こちらも食べてみたら、姉妹サイトにレビューさせていただきたいと思っていますが。
よろしかったら、ぜひ“ほっとSaiby”についてもご一読いただけましたら嬉しいです!!





『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美味しい「だし」は風味が違... | トップ | キューサイさんの食べるスム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。