インコのクー♪と懸賞大好き!

明るく元気な欲張り者きりまる参上☆
タイトルから大きく外れていますが〜
「へえ〜!」と思ったよもやま話のブログです☆

【母の日ギフト:日比谷花壇】幸せな未来を願うデザイナーズブーケの豪華なオーラ♪

2013年03月10日 18時48分52秒 | モニター・レポート
日比谷花壇・専属シニアデザイナー:筧久美子氏デザインの
微妙で繊細な色合いを生かしたデザイナーズブーケ=「レヴール」です!!



・・・幸せな未来を願って贈る、魅惑のオーラを放つ花。・・・



母の日定番のカーネーションは、世界で初めての青紫色のカーネーションである
「ムーンダスト」
の他計4種類が使われています。

皆に愛されているバラの花は、クラシカルなムードが漂う真っ赤なバラと、
ふっくらとかわいらしいピンク系とで計3種。


炎のような姿で印象的なグロリオサ・リリーとレモンリーフも加わって。。。
ゴージャスで、個性的な花束に仕上がりました


中でもひときわ存在感のある紫のカーネーション・ムーンダストは、
“月の光のようにやわらかな包容力のある花に”という思いが、
名前の由来となっているそうです。

そして、その花言葉は「永遠の幸福」〜!!
大切な女性へ、感謝の気持ちを込めて贈るには最適な花束なのです



そんなステキな花束を、リンクシェア・イベント「-花とギフトの母の日フェア 2013-」で、
日比谷花壇さんからいただきました!


なんという幸運でしょう〜
抽選会にて、見事に当選しちゃったのです!!

↓日比谷花壇さんの展示ブースで撮影させていただきました。

*2013年3月8日(金)13:00-16:00 品川シーサイド楽天タワー1号館にて開催



こんなに素晴らしい花束をいただいたのは、いつぶりでしょうか?
これほどのお花は、もしかしたら47年の人生で、初めてのことかもしれません。

嬉しいなぁ。。。。


当選直後に撮っていただいた写真は↓「やったー!!」という気持ちがアリアリな顔をしていました。

こういうのを『満面の笑み』というのでしょうか?!
・・・てか、浮かべる…っというよりは、顔全体で万歳三唱しているみたいですね・・・


あまりに嬉しかったので、帰りがけに会場の外でも撮ってもらいました。
この幸せを忘れないように・・・の記念撮影〜

「ハーイ、笑ってー!」・・・と言われなくても、ニッカニカです


正直、本来ワタシは、花より団子のタイプです。
いや、どちらかといえば、花より団子より光物・・・的タイプのオンナであると思います。


消えものよりは、残るものをありがたがるタイプ・・・と、自分で思っていましたが〜



いやいや、どうして。
大きな花束というものが、こんなに嬉しいものだとは思っていませんでした。

頂いて、全く嬉しくない・・・ということはないでしょうが、
↓こんな風に思うものだと思っていました。


  どうせ枯れちゃう。
  置くとこ(飾るとこ)ないし。




ところがどっこい、実際に頂いてみると違っていました。
イベント終了後に日比谷花壇さんのところへすっとんで行き、
「どうしたら、長く花を楽しむことができますか?!」と尋ねたワタシ。

家に帰って、教えていただいたことを早速実行!
リビングの飾り棚を掃除して、飾るところもしっかりキープ!
『お花のためなら、エーンヤコラ♪』です。



↓こんなにキレイなラッピングを、解いてしまうのはためらわれましたが、
  お花のためには、なるべく早くに花瓶に生けてあげるのがよいそうでして。



後ろ髪を引かれながらも、まずはラッピングを外しまして、
保存用のゼリーを洗い流しました。



それから、生ける花瓶の丈に合わせて、
水の中で茎を切り戻ししました。 


茎を斜めに切るのは、断面が広い方が水の吸いが良くなるからなのだそう。
また、お水に浸かる部分の葉っぱは、下に引いて全て取り除いてしまいます。



花束を花瓶に生ける際に、花束が壊れないように注意しながら、
グロリオサリリーを、少し抜かせていただきました。
(これは、なんとなく1箇所に全部飾るのは惜しい気がしてしまったからです。)

この後、輪ゴムをゆるーくかけて、花束がくずれないように固定ししてから花瓶へさして。


でもって、ラッピングペーパーも捨てるには惜しかったので、
花瓶の上から、なにげなく“元に戻して”みました。




んふふふふ〜♪・・・と、飾った花を見ながら、ご満悦なワタシ。





グロリオサリリーは、ワイン用のデキャンターに生けて、
リビングでは倒してしまいそうなので、キッチンの出窓に飾りました。


もう見慣れた光景ではありますが、洗い物をしながら墓地を眺めるのと、
グロリオサリリーを眺めるのとでは、大違いです


ちなみに、グロリオサリリーの花言葉は「栄光」ですよ!!
見ているだけで、なんだかパワーが沸いてくる様な、活力を感じる花です
嫌いな炊事も、やる気が出ます〜



品川シーサイドから電車に乗って、家に着くなりいじくりまわされて、
ちょっと元気を無さげにしていた「レヴール」のブーケですが、
翌日には、キラキラとした元気を取り戻したように見えました。


お花の色がわかるようにお庭で撮影〜

中でも外でも、やっぱりキレイ♪



実際にギフトとして贈った場合には・・・


・品質カード:お手入れのしおり(切花延命剤付き)
・コミュニケーションカード(お花のポストカード)
・品質上のトラブルの際の連絡先(お客様相談室)
・商品コンセプトカード




・・・がついてくるみたいでして、切花延命剤を使用した場合には、
お水は毎日変えずに足す程度で良いのだ・・・と日比谷花壇さんのサイトに書いてありました。

詳しくはコチラ⇒日比谷花壇さんの品質保証:お花を十分楽しむために
icon



ですが、延命剤を使用していない場合には、雑菌が増えないように
花瓶のお水は毎日変えた方が良い・・・と伺いました。

その際、毎度5ミリ程度茎を切り戻してあげると、より長く花モチするそうです。
茎をカットしてすぐの方が、水の吸い上げが良くなるからなのですって〜


お水をかえた後は、お花の向きも変えてあげると、
毎日変わった表情を楽しむことができますね!



そして、元気がなくなってきたお花が出てきたら、その都度抜いて、
1輪挿しに生けてみたり、茎をばっさり短く切ってコップのような花器に生けてみたり。
そうすることで、より長く、より多彩なお花の楽しみ方ができるそうです。



日比谷花壇さんでは、お花と一緒にお届けできる
“オプション”商品がいろいろと用意されています。


例えば、こちらの「デザイナーズブーケ・レヴール」でしたら、
紅茶や煎茶、ブローチやトートバッグをセットにして、贈ることもできますデス。



が・・・こう言っては怒られちゃうかもしれないですけど、
レヴールほど豪華な花束でしたら、花束だけでも十分喜んでいただけるのでは?
と思いました。



今年の母の日は「あ!」・・・と驚くサプライズと感動を・・・とお考えの方へ。
日比谷花壇さんのデザイナーズブーケは、オススメですーーー!!


 日比谷花壇

デザイナーズブーケ「レヴール」iconhibiyakadan.com


☆おまけ☆

-花とギフトの母の日フェア 2013-の会場で、日比谷花壇さんのお花の写真を撮っていたら、

・・・「やっぱり、日比谷花壇さんのお花は、豪華ですよねーーー!!
   すっごくステキ。1番目を惹くなぁ〜と思いました!」・・・

というような会話が聞こえてきました。


ホントにね。豪華よ!豪華!!
現在我が家は、リビングの一角だけとても「セレブ」です



レビューポータル「MONO-PORTAL」  お役立ちな商品レビューが満載 リンクシェア・チャンネル
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベルメゾンネット・スタッフさん... | トップ | ベルメゾンネットの産後用クロス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。