バラの住人

花弁の中の小人を探す そんな小さな日記です
もしもあなたが見つけても どうぞ秘密にして下さい(笑)

月曜便り17 「いとしのジュリア」

2012年01月30日 | 記事日記


 今やアカデミー賞女優、いえベテラン女優と言ってもいいジュリア・ロバーツです。
映画「プリティ・ウーマン」の可愛らしさは、未来のこの地位を感じさせる輝きでした。

亡きオードリー・ヘップバーンが、「私の後をつぐのはこの子だ」と言ったスター性は群を抜くものでした。

告白します(笑)
大ファンなのです。プリティ・ウーマンがらずっと。

美しくなる方法のひとつとして、「こんな人になりたい」というイメージを持ちなさい。
周りに心惹かれる女性はいませんか?

無ければ好きな女優さんの写真を目に触れるところに置きなさい。
そして強くイメージしなさい。「このような人になりたい」と。

これはとある美のセミナーで、講師に言われた言葉です。

何故そんな講習を受けたのか奇奇怪怪ですが、当時はまだ果敢に挑む精神力があったのでしょう(笑)

迷わずにジュリアの写真を選びました。


何でもやってみるものですね。
衰えていくのは「念力」もだと知ることになりました(笑)
講師が嘘をついたとは決して思えないのですが?

とにかくジュリアは可愛い。
ファンとはそいうものだと確信しています(笑)


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛歌

2012年01月27日 | 記事日記
 料理下手な上、連れ持った男が大食漢で、知らずと大盛り、デカ盛り、パッとしない料理が習性の、いいとこ無しの女になってしまいました。

Jさん。ここに毒が入っていても構わないの?

君の作った物は毒でも喰らうよ。

まぁ二人がよければそれでいいかと、相変わらずの甘い食生活を送っています(笑)


大女優さんから電波に乗せて発信頂いた「健康ネギ料理」を大切なお友達にお伝えしましたところ、これまた良き友人の皆様が取り上げて下さり、名女優の威力はすごいもの!と昨夜もJとネギをかじりました。

嬉しい事にK先輩までが、いつもの美しい料理の中でお試し下さっています。同じネギなのにどこが違うのでしょう美しい(笑)

今夜あたり愛してやまないM先輩が、大トリでご登場頂くような気がして・・・

大向こうから声が飛びます。ヨッ。マッテマシタ(エヘ)


簡単で風邪予防の一翼をになうのであれば、この時季、妹達も嫁のYちゃんも、どこにいるとも分からない娘(笑)にも試して欲しい一品です。


さて後に残ったこの上半身。

 

アラの煮つけか、鍋の具か。

腕の上がらない料理のオンパレードで、Jに悪いけれど、一曲歌って子守唄。
今夜も早めに寝かせます。


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年01月26日 | 記事日記
 ♪あきらめましょうと ♪別れてみたが

   ♪何で忘りょう ♪忘らりょうか

突然何の気なしに口を突いて出て来る歌に「なんで?」と自身が驚く事があります。

こんな昔の歌、誰の歌だったのだろうとJと二人で苦悩(笑)していましたが、「分からないことはパソコンに聞こう!」早速検索してみますと、佐川満男さんの「無情の夢」であることが分かりました。
これも実(じつ)はカバー曲で、もっと古い歌手が歌っておられるようです。

歌は脳の奥深くにインプットされ、突然なんの前触れもなく押し出されて来ます。
歌というのはすごいものだと感心します。

先日京都に出向いた車中で、小林旭さんの「昔の名前で出ています」が突然現れて、二人でそれとなく合唱していました。
これは「京都」が引き金になった事は容易に理解出来ましたが、シノブもナギサも間違う事はありませんでした。
そして彼女の昔の名前がヒロミであることまで知っていました(笑)

歌が大好きです。

段々下手になって鼻歌程度になってしまいましたが、死ぬ時は耳元でじゃんじゃん歌をかけて欲しいと思います。

午後、久し振りに音楽の流れる所に出掛けます。

お友達が歌の発表会に出場されます。

どんな歌を歌われるのでしょう。

股旅?まさか。

 

もしそうならマイクを奪いそうでこわい(笑)


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風の声して

2012年01月25日 | 記事日記
 ブログを大切にするということは「日常」を大切にするということ

日常の中で「夢」を育てていくことが私の人生であるならば、それは小さな「思い」の集まり

「100の夢ノート」は私の日常から生み出た小さな言葉の集合体

誰も知らない自身のための教科書

 


であるならば ブログを閉じてさあ日常へ
風は見透かして旗をふる


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月曜便り16 「清盛異聞」

2012年01月23日 | 記事日記


  山陽自動車道・中国道・名神高速・東名高速とつないだ、Jの厳しい仕事人生を思い起す幹線道を、野暮用で珍しく京都に向かっていました。

宝塚当たりで事故渋滞にまき込まれ、悲惨な車両も目撃して、車で仕事をして来た夫の、今までの無事や苦労をドンと分かりました。

「分かってくれたの?」

外に出るとしおらしくなる私に、Jは嬉しそうでした。

「時々あなたのお陰で・・」と頭を下げるのも、リタイア後の生活のビタミン剤にはなるようです(笑)

寝ぼけ眼(まなこ)の娘の顔を見て、とんぼ返りで、来た道を折り返しました。

西宮名塩(なじお)サービスエリアで、丁度お昼時となり、何と加古川名物の「カツメシ」に遭遇しました。
安くて迷わずこれにしました。
五百円です。(OK)

 

西宮のお隣神戸市では今、NHK大河「平清盛」で、観光の画期的躍進を考えているようです。
名塩の売店にも、神戸の特産品と並んで、「清盛特集」が組まれています。
顔をちょっと変えて、中はどこにでも見られる同じような品物です。
昨年と今年を組み合わせたようなネーミングも、神戸を愛する者としては、少なからずヤボに見えなくもないのですが?(笑)

 

ヤボと言えば、我が県のお殿様が失言に近い事をおっしゃって、わたくしがお傍におればお止めしましたものを、言った者負けになりました(笑)

「画面が汚い」発言でNHKが動じるわけがありません。
視聴率UPと鷹揚に構えている事と推察致します。

立ち上がる砂ぼこり、平民の暮らし、八百年前の市井の暮らしの表現ともなれば、美しい画面で描けるはずも無いことです。
今の演出、デカダン様式美?では当然の美意識と感じます。

人物の掘り込みが薄ければ、どんな画面であれ、コケますね。

色んな逸話を組み合わせながら、ドラマはー年を通して、怪人「清盛」を描きだして行くのでしょうね。

その一部分で、神戸が背景になるのですから、知事は先を急がれた感が致します(笑)
首長さんとして、かくだんの思い入れがおありだったのでしょうね。
知事はわたくしをご存知ありませんが、県民として、わたくしはこの件は、もう気にしていませんから(笑)

 

たくさんの顕彰塚が残る神戸ですが、痛烈な「松王丸」伝説が、どのようにこのドラマに参画してくるのか、個人としては一番関心を高くしています。

綺麗なハンカチを用意して、まだ半年は先であろう出番に備えています。
もしこの逸話が省かれていたなら、かなしさに夜を徹して泣くつもりです(笑)


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミステリー

2012年01月20日 | 記事日記
 健康という宝物がいつ消えるとも知れない不安の中を、(老いに向かって)歩き出したわたくし達ですが、何が良いのかもよく分からないまま前に向かっているのも確かです。

はっきりしない中を、今健康かも知れないという「健康感」を大切にする事も、明るく生きる秘訣かも知れませんね。


TVは殆ど見ない。超早寝。決められた薬はきっちりと飲む。ストレッチ、ウォーキングを欠かさない。
健康オタクの夫の言い分は、君に迷惑を掛けたくないから。

酒の後の血圧降下剤、速攻の風呂。暖房無しの着替え。恐ろしい事をいっぱいして、Jは嘘ぶいています。

実は健康に関してはお手上げです。


「○ちゃん。僕が早く死ぬからね」 Jの論理は飛躍して、よく理解出来ません。
明るさで、ここまで来た感がありますので、本人の持つ健康感にゆだねるしかありません。

「○さん。気を付けなさい。ご主人のような大男を介護するのは大変よ」

先輩に耳打ちされていますが、こうなれば何とか、Jより先に逝くことで難を逃れるしかないようです(笑)


○ちゃん。僕に元気の元をくれる?

 

スーパーフレッシュジューズを作らせて、Jの花金は嬉しそうです。

妻の心配をよそに、週末の一打ヒットを狙っているのだろうと思います。


「お母さん。甘いんだから。もう私!知らないからね」

娘に見放されて「そのときはそのとき」と嘘ぶいたのは、実はわたくしのほうでした(笑)


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睦月異変

2012年01月18日 | 我が家の伝言板
 



 この写真は昨年の一月十五日に撮影した、裏庭でブロッコリーの葉をボロボロにするヒヨドリの姿です。

丸々とよく太っていますね。

今年はヒヨドリが来ないと言う記事を新聞の投稿欄で目にしました。

千両も万両も南天の実も赤々としていると書かれてありました。

そうなんです。

我が家もいつもはすでに無いはずの千両が、たわわに実を付けたままです。

 

畑にも今日、結構立派なブロッコリーの収穫を見ました。
ヒヨドリが大好きな葉も健在です。

 

「Jさん。これはどう言うことでしょう」

「昨秋は暖かかったので、まだ山に食べ物があるのでしょう」

いつもはキャッキャキャッキャとやかましい裏庭がとても静かです。


まだ一度も雪こそ見ない当地域も、寒い日が続いています。
寒い一月をやり過ごせば、一歩春に近づきますね。

ここが正念場。
そう思って、自分を鼓舞しています。

あなた達も元気ですか?

ヒヨドリ戦争も無く、お父様は少し背を丸めて、拍子抜けのお酒を飲んでいます。


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

400号

2012年01月17日 | 料理日記


わたくしは歌が歌える(笑)以外に少しましな事と言えば、整理整頓が「好き」なくらいで、夫にとってはかなりの悪妻と自負しています。

二年と少し前にパソコン教室で、「ブログ」というものに触れ、遠く離れた子供達に向けて、父母の近況を伝える為に良い方法と思い、この無料ブログを利用させて頂きました(笑)

素晴しいブログや、友に恵まれたのは論外の喜びですが、意外にもきっちりと目を通しているのが、「娘」であることには驚きました。

まず連絡をして来ませんが、「嗚呼。また安物の旅行をしている」と呆れながら、父母の元気を確かめているのだと思います(笑)


今朝も早朝ウォーキングの帰り道。自宅近くの坂道で、冒頭の写真を撮りました。

わたくしの投稿400号記念写真になりました。

カラスが二羽止まっていると良かったのですが、うまく行きませんでした(笑)

何故400号と分かるのかと言えば、整理魔が功を奏して、過去記事にルビを打って来たのがヒットしました。

 

100号は神戸長田の「鉄人28号」
200号は「クリスマスローズ」
300号は「月」

400号は何か華やかな物を思いましたが、墨絵になりました(笑)

でも今日はわたくしの秘蔵の物を、ある方にプレゼントをしたいと思います。

 
 

この何でもない写真は、名バイプレーヤーのベテラン女優さんが、TVでご紹介になったものを真似たものです。
お忙しい女優業の傍(かたわ)ら、彼女が遭遇された「超超」簡単健康レシピです。
「岩津ネギ」のように太いネギの白い部分を適当にカットして、水で15分ほど煮ただけのものです。

わたくしは出来上がり寸前に軽く塩・コショウをしました。
色を美しくするためにはホワイトペッパーが良いと思います。
こうすることで、甘みの滲み出た汁も少し味わう事が出来ます。

ホワイトアスパラに似た味、と彼女は言っておられましたが、言い得て妙です。

もう何度も何度も作りました。
とろけるようなネギの自然の甘みは、鍋とは違う豊饒な魅力です。

Jの感想は「体が綺麗になる」
風邪予防のほかにそんな効果も確かにあります。

ご縁を頂いた「村」で、わたくしのブログに初めてコメントを下さったのはしょこらろーずさんです。
彼女はどこまでも素直な女性で、お料理もすぐお試しになります。

お仕事をお持ちなので、「簡単」な事をとても喜んで下さいます。

「500号」は無いかもしれない、わたくしのせめてものお礼に(笑)、この「料理とも言えなくて栄養価の高い」取って置きの頂き物レシピを、優しいろーずさんにお伝えします。

ネギがお嫌いでなかったらお試し下さい


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月曜便り15 「急ぐ友へ」

2012年01月16日 | 記事日記
今日は自分で決めた「月曜便り」の日ですが、内容は自粛します。

ブログ友の「しかちゃん」にとって、今日は悲しい日ですから。

彼女はわたくしよりひとつ年下ですが、仕事を持って今も頑張っています。

但馬の女性で、芯が強く、わたくしなどは恥ずかしくなるくらい親思いの優しい女性です。

雪道を急いで帰っているのかと思うと、健気さに涙がにじみます。

しかちゃん。気を付けて。


あざみさん。今朝の写真を掲載します。
こんな感じです。

 

ちりめんの感触に触れていますと、皆さんが大切にしておられる心の「優しさ」が、肌の隙間からしみこんで参ります。
布はあたたかいものですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハンカチ

2012年01月14日 | イベント紀行
昨晩からお目当ての場所に丸印を付けて、野球の練習に出たJの帰りを待ちました。

二人でどこか遠い所へ旅に出ようという計画です。

二人は二千五百円づつ出し合いました。

まず飛んだのが新潟。
ここは何の地縁もありません。

 

Jにどうしてここを?と尋ねましたが、「汁が美味しいと書いてあったから」
しかし噂は本当で、旅の始まりはいたって上等でした。

「今から僕の知っている所へいこう。ついて来るかい?」古いセリフに素直に頷いて、北海道に飛びました。

 

これは夜用にしましょう。

「○ちゃん。九州に飛んじゃおう」 

 

大阪寿司でも、元は長崎・松浦漁港直送の鯖寿司をゲット。

 

どないかせんといかん、宮崎の肉巻きも一個買い。

「Jさん。もうお腹いっぱい」
「○ちゃん。広島に戻ろう。マジョリンさんに見て貰わなきゃぁ。」
「うん。そうだった」

 

「ありゃぁ!」
「残念だったね・・・お隣の岡山には寄って帰ろうね」

 

「○ちゃん。兵庫県に着いたよ。買い忘れない?」  
「ある。一番食べたかったもの」

 


軍資金からお互いに五百円のペイバックがあって、市内で開かれた、東日本大震災復興祈念イベントへの小さな協力参加が終わりました。

疲れ果てたようで、Jはもう休みました。
今ジャスト18時です。

わたくしはまだまだ。
21時からまた広島に戻って「とんび」を見なくてはなりません。

マジョリンさん。八天堂のクリームパンには振られましたが、広島のヤスさんと泣くために、今ハンカチを用意しているところです。


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイム

2012年01月12日 | 記事日記


 お湯が沸いています。

ここらで一服しませんか?

 

今日は焼き芋をご用意しました。

 

コーヒーも入りました。

どうぞごゆっくり。

 


隠れ家で、今日はある方々とミィーティング。
どうしたことでしょう。
わたくしの大好物の焼き芋に、誰も手を出されません。


そうなんです。
これは土で出来た焼き芋。
すなわち、わたくしのお友達が作られた陶芸品の箸置きです。

巻頭の茶瓶も、砂糖やフレッシュの乗った器も“先生”の作品です。

 
 

彼女の作った器や小物でお食事が出来るお店で、今日は集いがありました。
皆さん、わたくしのブログに登場して頂いた、いにしえの方々です。

悪口は言えないものですね(笑)
これは彼女の作品。これはそうじゃないと言って、かしましくしていますと何と“先生”の登場です。
奇遇にも“先生”は今日、お客様としてこの店にお見えになったのです。
彼女の人徳で場が一気に華やかになり、新作「焼き芋」を差し入れに頂いたと言う訳です。

“先生”は隣の席でグループ会。

二組のグループで、隠れ家は笑い声に包まれた空間になりました。

 

色々提供されましたが、天ぷらの中にブロッコリーが入っていたのは新鮮な驚きでした。
これは家庭でも即実践です。

ここまで生きて来ると、<笑ってしゃべって食べる>「時」や、「会」が素朴に楽しく思います。
誘って頂ける時は出来るだけ参加して、心身の代謝を良くして行かなくてはと思います。

日常を生きる私にとっては、また頑張ろうの大切なひと時です。


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元気の二乗

2012年01月11日 | 料理日記
 今朝ブログ友のあざみさんをお訪ねすれば、何とも美味しそうな山芋ハンバーグをお作りになっています。

あざみさんはお料理上手で、「今日試せるもの」をご紹介して下さいます。

お母様から伝承された「イカの鉄砲焼き」は、いつか我が家の娘にも教えたい名品になっています。

とてもユニークな甘酒ジュースもご紹介下さっています。

次週の「月曜便り」に取っていた写真と、なにやら合致するところがあり、急いでキーボードを打っています(笑)

献立とは違い、突然食べたいものがありますね。

食べ物となると、Jはとても協力的になるのを利用して、頼みますと脱兎の如く飛び出して行きました。

そして見事ゲットして来ました。旬の味覚、牡蠣です。

 

兵庫県相生・岡山県日生(ひなせ)地方では、特産品を使った「カキオコ」として、B級グルメで人気のある商品です。

裏の畑のネギをいっぱい入れて、焼いてみました。

旬はやはり。


 

朝のジュースです。
果物は半分の量にして、出来上がりにバージンオイルをひと匙たらします。

「Jさん。味わって」と言っても一気飲みは止(や)まりません。

「ウルトラセブン」と名付けた真冬のジュースはいつも・・・「甘くて寒い」(笑)


あざみさんのブログから元気を頂いて、今から山ある仕事を頑張ります。


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

椿

2012年01月10日 | 記事日記


 「○ちゃん。椿が咲いているの知ってる?」

夫がこう言いながら入って来たのは二~三日前の事でした。


今朝は「本えびす」の朝です。
ウォーキングコースのひとつに、ゆかしき戎神社があります。
静まりかえった拝殿に、頭(こうべ)を垂れるひとりの男性。

レポーターは駆け寄り、何を祈ったのか尋ねてみました。

 

「それはね。幸せ」

「だんなさんの言われる幸せは?」

「・・・」

レポーターはインタビューに失敗しましたが、男性の心を知ってしまいました。



庭に咲いた乙女椿は、娘を思って植えた、Jの心の一本椿です。



ランキングに参加しています
およろしければクリックを
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月曜便り14 「木の葉」

2012年01月09日 | 記事日記
  小鳥のポスト

  
 ・Kちゃん お年玉をありがとう   ・Y子さん 貴女のお陰で花いらずの新年でした


 ・Bunさん 今年一年大切にします          ・チームの皆さん 今年もJをよろしくお願い致します 


 心のご挨拶をしている間に、今日はもう宵えびすという日になりました。
この分だと来年ももうすぐですね(笑)

色んな事が動き始め、Jに引きずられてのウォーキングも始まっています。
六時出発は暗闇の中ですが、いつもの橋のたもとでは朝日が上がります。
午前七時二十分の田舎の風景です。



一昨日、少し夜更かしをしてNHK土曜ドラマ「とんび」を見ました。
時代は私達も充分理解できる昭和40年から50年代のお話です。
妻を事故で亡くした男が、一人息子を男手ひとつで育て上げるシングルファザー物語。
幾多の父親を小説に登場させた原作者の重松清が、「一番好き」と言う、父親「ヤスさん」が描かれています。
いまや不動の俳優、堤真一が演じ、あまりの男らしさにひとり咽(むせ)び泣きました(笑)

ヤスさんの馴染みの居酒屋に、婚家に置いて来たママの娘が訪ねて来ます。
娘は結婚を控えて、生みの母に一目会いたかったのです。
名乗りをせずにこう言って別れます。
偉い人にならなくていい。金持ちにならなくていい。明日(あした)が来るのが楽しみという人生を送るように。と。

堪(こら)える母親の心情に、またひとり咽び泣きました。

Jは今頃どうしているのでしょう。


翌朝、余り寝ていないのに五時半にきっちり起されました。

起き出したJがどこかヤスさんに似て、まだ私が居るだけましだろうかと思って、一回りした後、暖かい豚汁を差し出ました。



ゆっくりと確実に時間が過ぎて行きます。

出来る事は少ないですが、居るぬくもりはそれなりに役立つのではないかと、自身の存在を暖めているところです(笑)


ランキングに参加しています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通りを抜けて

2012年01月05日 | 記事日記


 ここを通って、皆が帰って来たお正月が終わりました。
家族の足音を一番知っている通り道です。
家の要のような気がします。

四日は風の冷たい日でしたが、たくさんの洗濯をしました。
数えたら五十四枚ありました。
私を一番理解している調理の後のタオルです。

 

孫の絵本。
娘のネイル。
可愛いせんべい。

何か新しいことに挑戦したい。
心の中をふと風が吹きました。

 

早々とアネモネが風に吹かれて「おや?」と笑ったような・・・

 

動き出した朝の始まりです。


ランキングに参加いています
およろしければクリックを♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加